So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

『ローガン・ラッキー』──ダニエル・クレイグがオモロすぎる(笑)(★★★★★) [映画レビュー]

 

『ローガン・ラッキー』( スティーヴン・ソダーバーグ監督、2017年、原題『LOGAN LUCKY』

 

ほんと、ダニエル・クレイグは「こっちの方が」あってかるかも。007で、かっこつけた紳士を演じるより。

 ローガン兄(チャニング・テイタム)、弟(アダム・ドライバー、なるほど、この二人はよく似ている)が、カーレース場の売上金強奪を計画し、獄中の爆破犯ジョーの助けを借りに行く。その場面がすでにして見ものである。銀髪を短く刈り上げたオッサンは、どこか『時計仕掛けのオレンジ』のアレックス坊やの、ジジイになった姿を彷彿とさせる。面会のテーブルを挟んで兄弟と対面する。兄弟は、「伝説(一応、地方の、ですが(笑))の爆破犯」を前に、神妙な顔つきをしている。とくに、アダム・ドライバーーが、『パターソン』からのキャラをどこか引きずって、物静かで冷静沈着に見える。そんな二人を前に、悪びれたクレイグ曰く、

「こんなシマシマのベビー服着せられて……」その服役服が、高級スーツよりよく似合う(笑)。

 爆弾(と、呼ぶことをジョーは好まない)の作り方も、独特である。ジェリービーンズと、あと2品の生活の品で、爆発物を作ってしまう。そのとき、「そんな材料で?」と疑問視する兄弟に、化学式を書いて、爆薬の構造を説明する。

 レース場の売上金は、安全を考慮し、秘密のカプセルで集金場まで透明パイプで送られる。地下工事をしていたローガン兄のジミーが発見したのだ。そしてそれを地下から襲おうという計画を立てる。はたして、『オーシャンズ・セブン-イレブン』とギャグがとばされ、メンバーが集められ、「11」のパロディのようになっていく。ま、ほとんど自己パロディだ。しかし、ジミーは、虐げられた人々にお金を届ける──。

 美少女コンテストに出るのが目標の、ジミーの幼い娘がブスい(笑)。かなり後から出演する、FBI捜査官の、ヒラリー・スワンクも、けっこう重要な役で出ている。というのも、その捜査によって、保険会社とレース会社のダークな関係が暴かれる。レース会社は強奪にあっても、金は保険会社によって補填された。よって、盗っても咎められない金が出るということだ。そのへん、がちゃがちゃと複雑で、「オハナシ」が見えない感もある。しかし最後は、移動診療所の女医だか看護師役のあのヒト。あのショートヘアと丸顔の愛嬌ある顔はどこかで見たと思ったら、『エイリアン、コヴェナント』のヒロインである。その彼女は、高校時代にバスケットの花形だったジミーのあこがれていた。ジミーは覚えていなかったが、その二人が弟クライドのバーでデートし、ジョーはローガン兄弟の末っ子の妹と、そして、ヒラリー・スワンクは……「うっふん」、お仕事のひっつめ髪をバラしてカウンターに座っていて、アダム・ドライバーに、「ひとりのお酒は演技が悪いので、いっしょに乾杯して」と、バーテンのドライバーに色目を使い、彼もまんざらでもなさそうに受ける。おわり(爆)。ローカルなローカルなカントリー曲流れる、なんのことはない、ラブ・ストーリーでした〜。あ、みんなすんごい訛りでね。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「出版革命」? [文学]

「出版革命」?

 

ある男が、「いつかまとまった金を作って、オンデマンドでない詩集を出したい」と言って、ISBNも取得していた。これは取得に4万円ぐらいかかる。本を識別する数字だが、はっきり言って、自費出版には意味がない。書店に置いてもらっても、その場所が問題である。たいていは、奥の隅っこである。あるいは、「自費出版コーナー」(爆)。店のいちばんよい場所は、「売れ筋」著者の場所である。最近は、大手出版社だけともかぎらないが。オンデマンドでない本を夢見る人は、勝手に、本屋のよい場所に自分の本があるのを思い浮かべる。しかし、それは妄想である。

実は、私は、製直.comのオンデマンドは、この男がやっていたので気づいたのである。

 

私は、この方式がかなり気に入っている。校正はできないので、まず1冊注文して、できを見る。何度も「やり直す」のはよくない。ここの場合、そのぶん、「違う商品」になってIDも別のものになるので、それだけ、どれが一番いいものか、わからなくなってしまうのだ。よって、ある程度読めるものなら、一発勝負で、それを「決定版」とするしかない。しかし、在庫を抱えるわけではないので、ロングセラーを狙える。というか、いつでも、「思いたった時」に、売ることができるので、「期間」を気にする必要はない。

 

最近の詩集を研究するに、注目されている詩人は簡素な作りで、ド素人が、どんどんりっぱな装丁の詩集を作る傾向にある。中身は、ぺらんぺらん、である(笑)。そういう商売が横行している。

 

はっきりいって、大作家の文学全集ではないので、「初出一覧」もいらん(どうせ、どこかの同人誌か、数作は、「現代詩手帖」とか、あのあたりである)。

 

表紙などのデザインに関しては、色校正とかいうが、本の色の調子の違いなど、読者はいちいち見ていない。それだけ時間が取られる。あれも、古き慣習、しかも、既存の出版社で行われていたのを、なぞって、それらしく見せて、満足を味わっているにすぎない。スティーヴ・ジョブズも、パソコンを売る際、誰もがやっていて、その実、意味はなかった商習慣を、廃止した。そういう、よく調べてみると意味のない習慣や行程が、出版界といわず、商業界全般には、けっこう多いと思う。

 

自費出版作者は以上のようなことにも留意すべきである。

あ、でも、この製直.comで、自分ひとりで、ちゃんとした本を作る場合は、Word、PaintShop、Pdfなどのソフトには、ある程度通じていないとハナシにならない。もっと簡単な「お手軽コース」も用意されているにはいるが。

 

 


nice!(3)  コメント(0) 

本店、リニューアルのご案内 [HP更新のお知らせ]


 本店、リニューアルのご案内。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第三詩集『Pale Fire(青白い炎)』のご案内 [Book]

そうこうしているうちに、第三詩集『Pale Fire(青白い炎)』が出ました。よろしく〜。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ノクターナル・アニマルズ』──映画の「現代美術」(★★★★★) [映画レビュー]

『ノクターナル・アニマルズ』(トム・フォード監督、 2016年、原題『NOCTURNAL ANIMALS』)

 

普通の映画の見方で本作に立ち向かうと、なにがなんだかわからないことになってしまう。まず、トム・フォードは、普通の映画の作り方とはまったく違う方法を取っている。配役からして、「どこかおかしい」と思わなくてはいけない。若き日を演じていようが、今を演じていようが、俳優の実年齢を記入すると、ヒロインのスーザンを演じる、エイミー・アダムス43歳、元夫役、ジェイク・ギレンホールは、37歳。この二人の間には、「子どもがあったが堕胎した」とスーザンは、今の夫と知り合った頃告白しているが、現に、男といっしょに寝ている娘がいるが、この娘は、いったい誰との子どもなのだろう? そして、ハンサムな今の夫、アーミー・ハマーは、31歳なのである。実にうらやましいスーザンである。つまり、「夫たちが若い」。エイミーのブルジョワの母親役は、気の毒にも、53歳のローラ・リニー。ここで、なにかヘンと思わなくてはいけない。

 これは、もしかしたら、すべてスーザンの幻想かもしれない。しかし、まあ、前夫が小説のナマ原稿を送ってきたのは現実だとしよう。前夫は、弱さが欠点で、大した作品も書けてなかった。一方、スーザンは、現代美術のギャラリー・オーナー=キュレーターとして成功している。ここがポイントである。現代美術の世界である。だから、オープニングのフルチン・デブ・オバチャンの狂い踊りは、インスタレーションなのである。現代美術はこんなところまで行ってしまっている。

 つまり、これは、ある意味、最先端の映画。スーザンと前夫の才能合戦で、完敗した前夫の、まあ、リベンジ(だから、二重の意味)なのである。小説にのめり込み、圧倒され、前夫を自分から誘い、日本じゃとても着られない超セクシーなドレスを着て、高級レストランで待つスーザン。スコッチだかなんだか、食前酒が何杯も重なり、ほかの客たちは帰り始めても、前夫のエドワードは現れない。エドワードが勝ったのである。いい男を両天秤にかけるととんだしっぺ返しを食うという、トム・フォードの「復讐」だろうか? それにしても、男のシュミがまったく私と同じなのには、マイッタわ(爆)。だって私も、アーミー・ハマーとジェイク・ギレンホールを思い浮かべながら小説を書いていたのだ(笑)。

 観客の先入観を完全に裏切る配役のもう一人に、『フロスト×ニクソン』で、辣腕ジャーナリストのフロストや、『クイーン』では、ブレア首相を演じた、さわやか知性役の多いマイケル・シーンが、小説に書かれた人物とはいえ、とんでもないゲス野郎を演じていて、フォードのセンスはまったく現代美術である。

 クレジットでは、ゲンズブールの「ボードレール」が眼に留まったし(笑)。

 そして、前夫のエドワードは、「現在」の姿は、一度も晒さない。


nice!(2)  コメント(0) 

【詩】「Pale Fire(青白い炎)」 [詩]

「Pale Fire(青白い炎)」

 

2時間43分の『ブレード・ランナー2049』をもう一度観た。

前回は前半始まってからの鑑賞で、

しかも途中こっくりとやってしまって、

ちゃんと観たとは言えなかった。

それですますこともできたが、

最後のクレジットに出てきた本のタイトルが気になった。

恥ずかしながら、一回目の鑑賞では、その本について、

どこに出てきたかわからなかった。

それは、主人公のK(以下、スラッシュと数字とドットが続くが、ただKとだけ呼ばれることもある。ただのKは、当然、カフカの登場人物とカフカそのひとを思い起こさせる)が、

「読んでいた」本で、Kの部屋のテーブルに置いてあるのが

さりげなく映し出された。それから、

早く過ぎ去ってしまって確認できないが、

LAPD(2049年にも存在した(笑))のKが、オフィスに帰還したとき、「認証」を要求され、そのとき、文章を言わされるのだが、

もしかしたらそれは、その本の中の引用だったかもしれない。

 

アンドロイドは、人間と逆で、未来は変えられないが、過去は変えられる。

 

埋め込まれた記憶。小さな木馬に彫られた日付、21.6.10。ほんものの木でできている。

 

二度、Kの手のひらのうえで雪が溶けていく場面がある。

 

Kがしきりに気にしていたのは、「魂」の問題である。アンドロイドに魂はあるか? 製造されたのではなく、「生まれた」ものには、魂がある? Kはそこに拘っていた。

 

前作で、人間のLAPD、デッカードは、叛乱容疑で追っていたレプリカントの女と恋に落ち、どこかへ「駆け落ち」した。

 

その続編の『ブレードランナー2049』では、その女が出産していて、その子供を探し出すというのが、Kの任務だった。

Kの記憶のなかの、木馬にまつわるできごとと、その木馬に付された日付。

もしかしたら、その子供とは、自分ではないかと、

甘い夢を見るK。

 

映画は、レプリカントと人間の「境目」をしきりに問題にしてくる。

レプリカントとは、プログラミングされたAIに、おそらく、バイオテクノロジーで開発された、人間の細胞と酷似した細胞を持つ、

人造人間。

 

これはなにかのアレゴリーか?

いや、アレゴリーではないと、柳田国男なら答えるだろう。

そして「魂」は、「物」にも存在すると。

「魂」と人間の「肉体」は、必ずしも平行関係にない。

「魂」は魂として存在する。

 

免疫不全という理由でガラスの檻に隔離されて育った博士がいて、

彼女は、記憶のエキスパートで、記憶を分析かつ、創造することができた。

 

Kが彼女を訪ね、自分の記憶が自分本来のものか、人工的に埋め込まれたものか調べてもらう。

「そこに座って。その記憶を思うだけでいいわ」

彼女はそう言って、ガラス越しの顕微鏡のようなもの(解析用PC?)を覗く。

そして、涙を流す。

Kは察知して、絶望の叫びをあげる。

その「記憶」は、彼女のものだった──。

おそらく、Kは、彼女の「記憶」のコピーを収める「器」として選ばれたのだ。

 

この映画は、監督ヴィルヌーブが描いた、一篇の詩だった。

 

読書するレプリカント。その本が彼を進化させていた?

それは、小説だが、一風変わった小説で、四つの詩篇からなる詩と、その序文と解説より成り立っていた。

 

なぜ、「寝落ち」していた私が、延々と続く赤い小さなクレジットの文字の中からその題名に目がいったのか?

 

それは、まさに私が読んでいた本だった。

 

その本の名は、ウラジミール・ナボコフ作『Pale Fire(青白い炎)』。

 

もしかしたら、私も、レプリカントかもしれない。

そして、その本の作者も。

 

そんな詩が書かれている。

 

pale1711.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「猿蓑2017」 [詩]

「猿蓑2017」

 

冬でなければならない

 

時雨でなければならない

 

旅人でなければならない

 

そして

 

猿でなければならない

 

露伴を通さねばならない

 

とりわけ思い出されるのは、母方の故郷の三河一宮の砥鹿神社のお祭りの、境内に出ている見世物小屋。今でこそ人権問題に抵触するので、そういったものは消滅したと思われるが、当時は、見世物が祭りに華を添えていた。蛇女だの、牛男だの。ものものしい看板には、赤ん坊を取り上げる白衣の医師の姿が描かれている。そして、体が鳥の人間。下半身が蛇の、着物を着た女。猿は、生身の猿で、小屋の外の台の上に繋がれていた。首に繋がれた鎖は、長さが、猿の手が台の上に着くほどにはなかった。だから猿は、中腰のまま中途半端な姿勢で群衆の前に晒されていた。あの猿の気持ちに、五十年以上も経った今もなってみるのだ。そうすると、時間の中に時雨が降り、そう、その名のとおり、時の、雨であることがわかる。

 

  初しぐれ猿も小簑をほしげ也  芭蕉

 

 

「幻術の第一として、その句に魂の入らざれば、ゆめにゆめみるに似たるべし」(其角序より)

 

その猿の魂を鎮めようと、長い間願っていた。

 

「小みの」は西行の歌語なり。

 

「集の第一に多の句を出したる、おもしろし。代二の和歌撰集には、春をこそ巻首に出したれ。それを古例にかゝはらずして、此頃の此句のふりを中心にして成りたる集のはじめに、初時雨をさつと降らせたる、いかにも俳諧の新味なり。

 ○ほしげ也。舊説に、定家卿の、篠ためて雀弓張るをのわらはひたひ鳥帽子のほしげなりけり、といふ歌に本づけりとなせり。されど此句は所謂『古歌取り』の句にはあらず。古歌取りの句といふは、後の人の句にて、秋来ぬと目にさや豆のふとりかな、といふやうなるを云ふなり。ほしげなりといふ語は、いかにも古歌に見えたるべきも、そは胸中に萬巻有れば、語を下すおのづから来歴無きは無きものなり。あなぐり論ずるはおもしろからず。引きたる歌も定家卿のにはあらず、夫木和歌抄巻三十二に見えたる西行小人の歌なり」(幸田露伴『評釈猿蓑』より)

 

そして、芭蕉は西行に導かれ、地獄めぐりをするのだった。

 

かなたには、ベアトリーチェの星。ホログラムの。

 

深い深い時間の谷。

 

ゆきかうは、宇宙艇。

 

  だまされし星の光や小夜時雨  羽紅

 

羽紅。集中最多の躍進、凡兆の妻。のち、剃髪。凡兆も入獄、没落。

 

 

 広沢やひとり時雨るゝ沼太郎  史邦

 

沼太郎はヒシクイの一種。暗い雨の沼でひとり立っている。いよいよ時間は深く、空間も深い。

ヒシクイは雁の夢をみるか。

 

最終巻の巻之六は、芭蕉が住んだ「幻住庵」のエッセイと、そこを訪れた人々の句に記録である、「几右(きいう)日記」とで成っている。

 

「几右日記の句、佳章いくばくも無し、多く是れ當日即席率爾の作なれば責むべからず。此集第六巻は幻住祈りのみの事にかゝる。猿蓑に取りては附録やうに見て可なり」(露伴『評釈』より)

 

雨が降っても簑を着る人はおらず、

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「城」 [詩]

「城」

 

カフカの「城」を読んだ時、すぐに遠州だと思った。遠州は平地の村落ではない。明石山脈の一部の山間の集落だ。豊橋から軽自動車で朝発っても、山また山を越えるうち、父の実家である、「かどじま」と呼ばれる集落に着くのは夜になる。集落の背後には、闇の中に高い山が聳えている。そしてその頂上には、永久に辿り着けないような気がする。あるいは、トーマス・マンの『魔の山』。ハンス・カストルプは健康体で、山の療養所を訪ねながら、病んでそこを降りることになる。行けども行けども、曲がりくねった山道ばかりで、向こう側は見えない。ゆえに車は警笛を鳴らし合う。警笛で反対側から車がやって来ることを知る。そして、一方の側は山肌、反対側は深い谷川の道で対向する車同士がすれ違う時は、どちらかがいったん、二台の車が並ぶスペースまで下がる。見知らぬ同士でも、ある種の親しみが、それぞれの車に乗っている人々に湧く。それは疲れた旅人の心を癒す湧き水のようである。山が示す空間の深さ。それはそのまま、未来都市のようでもある。そして闇は霧で、ひとはそこで不条理というものを受け入れる。それは夢の構造によく似ていて、半覚醒とまどろみが支配している。起こった事件を知りたいのに、探偵は渦中にあることに気づけない。決して読み終えられない小説10冊をあげよ。山は言う。

1『ユリシーズ』(ジョイス)、

2『Les Bienveillantes』( Littell)、

3『失われた時を求めて』(プルースト)、

4『指輪物語』(トールキン)、

5『Belle du Seigneur』( Cohen)、

6『特性のない男』(ムジール)、

7『赤と黒』(スタンダール)、

8『ボヴァリー夫人』(フローベール)

9『百年の孤独』(マルケス)、

10『夜の果てへの旅』(セリーヌ)

*

夢は夢じたいを読み解く鍵として、上記のような回答を、いつかどこかに示してくれる。それは半世紀後のある雑誌に書かれている。だがそのリストには『城』もカフカもない。なぜならそれは、ついに到達できなかったもうひとつの実存であるから。

 

******

 

*印のリストは、

France Culture

 

2017/10/6の記事より

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「かじさん」 [詩]

「かじさん」

 

かじさんは、「税務署のおばさん」のパートナーで、遠州の家に親戚一同が集合する時にはよくおばさん(私にとっては大叔母さんなのだが)といっしょにやってきていて、みんな「かじさん、かじさん」といって大事なひとみたいに扱っていた。かじって、変な名前だなと私は思ったが、漢字さえならっていなかったので、どんな漢字だろうという発想はなく、生涯に出会う人物のひとりとして記憶に刻んだ。いや、そんな意志など存在するはずもない。闇の万華鏡の図柄のように存在していたといった方が正しいだろう。いったいひとは生涯に、なんにんの人々と出会うのだろう。袖擦り合うとかそういうレベルのひとはカウントしないで。せめて口を聞いたり、名前を認識する人々。かじさんには男の子がいて、おばさんたちは「ボク」と呼んでいた。ボクは、「かじしげる」という名前を持っていた。私も「ボクちゃん、ボクちゃん」と呼んでつきまとっていた。ボクちゃんの包帯の手をしっかりにぎった写真があるから、初代ボーイフレンドだろう。私より三歳ぐらい年上だったか。ボクちゃんは、おばさんの子どもなのだろうと思っていたが、そうではなかった。おばさんは、河合しげという名前だった。のちに「かじか寿司」を開くひろゆきは、おばさんの子どもだった。もうひとり、品子という女の子がいた。おばさんは戦争未亡人だった。誰もがかじさんは、おばさんの愛人なのだろうと思っていたが、実はそうではなく、ただ子持ちのヤモメ男、今の言葉で言えば「シングルファーザー」を気の毒に思って、ボクをあずかっていたのだった。実は愛人だった、というのは世の中によくある話だが、実は愛人ではなかったというところに、遠州の美しい逸話がある。そのように、遠州はどこまでも透明な記憶を、晩秋の夜空に鏤められた星々のように私に与えた。いまもはっきりと思い出すかじさんの顔。大きな赤ら顔で、鬼瓦のような顔だったが、いつも照れたように笑っていた。そうか、親戚ではなかったか。知らない、よそのおじさんだったのだ。遠州の人々はそんなことなどまったく構わずに受け入れた。それは、「私」の家の食卓にやってくる、ムッシュ・スワンを思わせなくもなかった。おばさんはトイレで倒れて死んで、警察だかがかけつけたとき、身につけていた時計や指輪はすでになかったという。おばさんは何度も引っ越し、最後は豊橋の外れあたり住んでいたと思う。おばさんは口が悪かったから、近隣の者に憎まれていたかもしれない。

 

かじか。かじ。かじしげる。

 

火事。

 

「精神分析は、ついに心像をして語らせるにはいたらなかったのである」*

 

夢は意味を裏切り、打ち砕く。

 

遠州の川原に、鷹の死骸。

 

 

*****

 

註:*印の括弧内は、ミシェル・フーコーの「処女作」、ルートヴィヒ・ビンスワンガー『夢と実存』に付された序文より引用




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『女神の見えざる手』──セリフまわしという演技力(★★★★★) [映画レビュー]

『女神の見えざる手』(ジョン・マッデン監督、 2016年、原題『MISS SLOANE』) 


 


演技力というのは、べつに情緒だけを表出するのではなく、セリフの繰り出し方もその一つである。ジェシカ・チャスチンには、なにかそういう基礎力があるようで、ナヨッとした線の細い「印象」ながら、よく見れば手脚も頑丈そうで、強い女の役柄がよくまわってくるようだ。大柄の肉体を振り回す、「無言の」(笑)、シャーリーズ・セロンの強さとまた違った強さである。


 


 アメリカの政治は議員中心で行われ、議員が力を持っているので、ロビイストという、利益団体に代わって議員に働きかける仕事も成立する。本作は、そういう、これまで描かれてこなかった世界を描いている点で新しいし、むちゃくちゃな仕事人間を、女性が演じている点でも新しい。


 


 専門用語の乱射のような脚本であるが、伏線がよく効いていて小気味よい。とくに、本作のオチである、「肉を切らせて骨を切る」といったヒロインの作戦は、仕事人間の安らぐ場所が、塀の中という点でも、眼からウロコものである。


 


 性のはけぐちというより、恋愛している時間がないので、異性と疑似恋愛風に触れあうために、男を買う、それもなんだか、さわやかなのである(笑)。


 


 男性陣は、銃規制派のロビイスト事務所を持ち、チャスチンをスカウトするマーク・ストロングといい、チャスチンを裁く裁判で裁判長をやる国会議員のジョン・リスゴーといい、風貌はハデだが、意外と演技は地味な役者を配して、チャスチンの知性を際立たせると同時に、精一杯の華を持たせている。エスコート業の男も、少しの色気を添えて、なかなかよかった(笑)。



 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る