So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

『三度目の殺人』──まず脚本がでたらめ(★★) [映画レビュー]

『三度目の殺人』(是枝裕和監督、2017年)


 


 アメリカ映画ではよくあるんですね、こういうの。父親が殺されて、犯人は前科ありの従業員で、その従業員と、被害者の高校生の娘はつながっていた。妻とも意味深なメールを交換していた。これはもう、その父親が、娘をレイプしていて、その犯人に相談していた。母親は見て見ぬふりをしていた。こういうスジを、是枝監督は自分で考えたんです(笑)。それを、何か思わせぶりの音楽(は、いつも美しいのが特徴であるが)に合わせ、映像もスタイリッシュにしています。とくに、犯人役所と、弁護士福山雅治が、拘置所の面会室の仕切りを隔てて何度も「対決」するんですが、カメラアングルがすばらしいです。ここまで、この仕切りの両者をすばらしく描いた映画は見たことがないと思いました。


 


 しっかし、役所の草履の裏のような汚い顔に、あごだけ白人のように「お直し」したのかしないのか知らないが、不自然にくっついていて、どうもそこに眼がいってしまう。福山の方は、まあ、天然なのではないかと思いますが。さすがに福山、「パパラッチ」役もサマになっていましたが、今回の弁護士役もハマってる。この人は、絵になりますねー。演技もうまいし。やはり福山あっての是枝だと思いますね。しかし、この脚本、まんま黒沢清が撮れば、当然、役所の役は、香川照之でしょう(爆)。あの爽やか、斉藤由貴が、いやらしい中年女の母親を演じていて、その変貌ぶりにびっくりです(が、タダそれだけ(笑))。


 


 私はまずリアリティを考えますが、父親にレイプされていた少女が、突然前科者の気味の悪い男に悩みを打ち明けるでしょうか? 飼っていたカナリア5匹のうち、1匹は逃がしたというが、4匹は殺して埋めたのでしょうか? 小鳥の墓の、小石で作った十字形、少女の父を殺して焼いた跡の十字形、そして、人は「器」というどこかで聞いたふうな、おそらく聖書からの引用でしょうが、それが、残念ながら物語の核にはなり得ないんです。というのも、すべて言葉で説明されているにすぎなくて、カット割りは凡庸なミステリーじたてです。こういう失敗した脚本に、哲学を見るなどというアタマはどーゆーアタマだ? と私は問いたい!(って、そういう映画)。


 


 映像はそれなり魅せる部分もあるので、星は三つとしたいところだが、それはある意味評価になってしまうので、今回、二つとさせていただきました。もー、広瀬すずは出てきただけで、どーゆー存在か、答えが顔に書いてあるようで、困ったナー(笑)。


 あ、役所の役が完璧でできる役者は、ケヴィン・スペイシー以外にないと思います。あと、エドワード・ノートンとか。表情がキモなので、扁平顔だけでなく、集中力の度合いが違う、日本人役者は無理。ましてや、整形などしていると、表情筋はさらに微妙さが出しづらくなる。眼がちっこくたって、渥美清はいい味出してた。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「読みやすい日本語で、世界の名著を読破しよう!」 [文学]

読みやすい日本語で世界の名著を読破しよう!

角田光代訳『創世記』


角田光代訳『コーラン』

角田光代訳『資本論』

角田光代訳『夢判断』

角田光代訳『カラマーゾフの兄弟』

角田光代訳『ボヴァリー夫人』

角田光代訳『相対性理論』






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

角田光代訳『源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04) 』──ギョーテン!(★) [Book]

角田光代訳『源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04) 』(2017年9月8日、河出書房新社刊)


 


 好意的なレビューが多い。その好意的なレビューの何人かの方のレビューに、「Amazon VIneメンバーによるレビュー」というマークがついている。私もVineメンバーなので、それが何を意味するかわかる。それは、「試供品として、レビューを書くことを約束に、ただでもらった」ことを意味する。河出書房新社は、文学全集の一部を、「試供品」として、「ただで配っていたのである」(笑)! だいたい、本の「試供品」はあっても、ビジネス本などの、あまり売れなさそうな本が多かった。え? そんなものもあったの? と思うような、電化製品とか、そういうものもある。しかし、それは、「あっというまになくなっている」。私などが「その試供品のページ」を覗く頃には、ろくなものはないので、最近は、とんと見なくなった。「ただより高いものはないし」。


 たまたま本書について何か書こうとかと、レビューを見ていたら、上記のような状況を知ったしだいである。「プルースト」訳といい、編集者には受けがいいという角田光代という「大衆作家」を、それほど、谷崎潤一郎並の、「大作家」に祭り上げたいのか?


 瀬戸内寂聴訳でさえ、この「底本」はなにかしら?と訝った私であるが、ただ意味がわかればいいというわけではないだろう。「訳」であるからには、オリジナルな「雰囲気」も伝えなくては。オリジナルは、むしろ、バージニア・ウルフのような近代的自我を抱えたようなアンニュイな文体の作者である。


 大野晋は、『古典基礎語の世界』で次のように書いている──。


 


「『源氏物語』は同じ古文といっても『徒然草』の何倍もむつかしい。『枕草子』よりずっとむつかしい。/注釈書でも今もって的確に意味の書いてない言葉がある。そればかりか、分かったつもりでも読んでいた言葉が実はよくわかっていなかったと気づくことがある。紫式部がその言葉に込めていた重要な意味を、少し極端にいえば、現代の源氏学界の常識がきちっと捉えずに見過ごしてきたと思われる場合もある。この本で扱うモノという言葉もその一つである。」


 


 このようにむつかしい『源氏物語』は、書かれてすぐに、ずっと庶民に愛読されてきたわけではない。本居宣長が「発見」し、かつ「注釈」を加え、評価しなかったら、これほどの「ポピュラリティー」を獲得していたかはわからない。


 


 ただ「スジ」を追うというだけなら、こういう訳にも多少意味があるのかもしれないが。いやしくも、「日本文学全集」と銘打った「全集」の一巻なのである。文学的な匂いはまったくしない文体である。だいたい、この、池澤夏樹個人編集という、河出書房新社の『日本文学全集 全30巻』も、おかしな全集である。文学ではない「古事記」からはじまって、詩や短歌などは、池澤や穂村弘という、その世界の誰もが認める大御所とはいえないような人々が選をしている。「ノーベル賞」の候補にあがったようだとのウワサのあった、海外でも人気のある日本を代表する作家、安部公房も入ってないようだし。「基準」がまったくわからない、「個人編集」の「全集」である。


 


 しかし、Vineで、「試供品」として配るなんて、確かに好意的なレビューを、ある個数集めることはできるだろうが、「文学」の会社がそれをやってしまうなんて、営業だかなんだかは、よいアイディアと思ったかもしれないが、印象は、世も末だな、という感じである。


 


 ちなみに、どうしても「現代語訳」で読み通したいなら、Kindleストアにある、与謝野晶子版をお勧めし、かつ、森林太郎(鴎外)の、「序文」(なぜ「現代語訳が必要か、書かれている)もお勧めします。与謝野晶子は、角田光代よりは、だいぶ昔の人間ではあるが、その程度の「現代語」でも十分、「今」な感じは伝わってくる。第一、与謝野訳には、文学が伝えうる、微妙なニュアンスを省略せずに訳し込んでいる。


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

河出書房新社版『日本文学全集 全30巻』 [Book]

しっかし、池澤夏樹個人編集の「日本文学全集」って、ものすごい文学全集だな。古事記(文学かよ?)から穂村弘まで。安部公房はないみたいで。源氏物語は、角田光代訳で(笑)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『絶景ノート』──最果タヒと根っこは同じ思想(★★★) [Book]

『絶景ノート』(岡本啓著、2017年8月3日、思潮社刊)

 

 著者の手になる装丁も、旅のノートのように、「走り書き」がデザインされ、内容も、旅のなかで出会った「絶景」からインスパイアされた言葉たちと見た。いいなー、青春って。なにより言葉が新鮮である。「おとなたち」は、それに痺れて、(萩原朔太郎)賞をあげたのだと思う。しかし、果たして「おとな」は、感心はできても満足はできるのか? 国内を青春18切符でまわった著者が、格安航空を使って東南アジアの国々に、三週間(?)ほど旅した。そのとき、できた詩群である。貧しい風景にも感動し、「ぼくたち」の未来や過去に思いをはせる。ここには、「ぼくたち」しかいず、語りかけるのは、同世代か、あるいはそれより年下の世代である。

 多くの年寄りは、もうわしらには書けんのーと諦めるのか? ある意味、汚らしい老人など切り捨てられているというか、捨象されている。「意匠」は異なるが、読み進んでいくと、今売れっ子の、最果タヒとまったく同じ思想であることに思い至らされる。

 私はむしろ、あらゆるものに、老残を見る、ベケットの詩群が恋しくなる。

zekkei.JPG




nice!(2)  コメント(0) 

『印税で1億円稼ぐ』──この人の著書は、字数から言ったら冊子レベル(★★) [Book]

『印税で1億稼ぐ』(千田琢哉著、 2013年11月8日、あさ出版刊)

 

本書はつい最近、福岡ジュンク堂で購入したのであるが、2013年刊の、一刷(初版)だった。本書に関しては、皮肉にも、増刷はかからなかったようである(笑)。そして著者の、書籍リストの出版社であるが、岩波書店とか講談社とかいう、「誰もが認める」大手にして、内容もあるレベルを維持している出版社はひとつもなし。それもそのはず、リストは見ればわかるとおり、水増しである。確かに、茂木健一郎氏や齋藤孝氏など、「ほんとうに売れていてかつ有名」な著者も、いろいろなところに義理があるので、いろいろな出版社から似たような本を出してはいる。しかし、一ページの字数がここまで少ない本はないと思う。本書で78冊目とあるから、とおに100冊は超えてらっしゃるかもしれませんが、字数からいったら、まっとうな本の三分の一ほど。四百字詰め原稿用紙にしたら、百枚あるかないか(笑)。だって、右ページは「章題だけに使われている」(笑)。

 しかし、業界の情報は参考になることも載っている。この著者の名を、誰もが知っているとは言い難い(笑)。文化人にも入らないだろう。こんなのを「作家」とか呼ばれてもね〜。幻冬舎の社長の見城徹氏が豪語されているように、「白紙の本だって売ってみせる!」。ま、このテイより、多少ましな。著書と呼ばずに、冊子と呼ぼう(笑)。





nice!(3)  コメント(0) 

『ダンケルク』──スピルバーグは軽く超えている(★★★★★) [映画レビュー]

『ダンケルク』(クリストファー・ノーラン監督、 2017年、原題『DUNKIRK』)

 

作品というものは、今を生きる時代と切り結んだものでなければならない。ゆえに、第二次世界大戦の「フランスの浜辺の戦闘」を描くにしても、もはや、スピルバーグの、やたらと銃器音だけがリアルな、しかも、マット・デイモン主役の『プラベート・ライアン』は、もはや古いと言わざるを得ない。

 クリストファー・ノーランは、もっと「個」に焦点をあて、その状況を再現しようとしている。「物語」ではない。しかし、最低限の「物語」は存在するというか、「物語」なしにはなにも進まないだろう。

 

 本作の主役の青年は、無名の俳優で、中心になる若い兵士は、フランス兵さえも、どこか顔が似ていて見分けがつかない。しかし、主人公のあごには、天然かどうかわからないが、ホクロがあり、それが見分けのポイントになっていた。

 主人公が歩くフランスの街が、冒頭に少しだけ出てくるが、これが街路にバリケードが作られ、これだけでいかにもフランスだとわかる。これは、ベンヤミンも指摘している通り、フランス革命からの伝統なのだ。観客はしだいに、海辺に導かれ、主人公の若い兵士は、砂浜で排便し、便を埋めようと砂を掘ると、人間の手足が出ているのに気づき、少し先に、人を埋めている兵士がいる。近づくと、その兵士は、自分の水筒を渡して水を飲ませてくれた──。

 やがて二人は、敵の空襲に巻き込まれていく──。

 

 本作が何を描きたかったかといえば、人々の助け合いである。民間船の活躍、けが人のタンカを必死で運ぶ、主人公と彼の仲間、パイロットの仲間を気づかう姿──。それを、大画面(IMAXで鑑賞)のなかに、観客を戦場へ誘い込むように描き出す。われわれは、パイロットと同じように空を飛び、海に投げ出された兵士たちと同じように水のなかでもがく。敵兵はほとんど描かれず、飛行機の形だけである。海岸線の広さと、兵士たちの列、確かに40万人はいないかもしれない。しかしこれは、ごく一部のできごとなのだ。それをCGを使わずに組み立てるのは、やはりすごいとしか言いようがない。そして、感傷は極力抑えられている。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【詩】「新新ドイツ零年」 [詩]

「新新ドイツ零年」

 

今更。青春18切符を使って旅するわけにはいかない(そういうオッサンもいるにはいるが)。

不快な風景や湿気に妙なロマンを見るわけにはいかない。

大都市でもなく農村でもない街を人間に見たて、長編詩を書いて見せるわけにはいかない。ましてや

学歴をロンダリングするわけにもいかず、垂れ下がったお肌のために三万円のクリームを買う金はなく、

御年六十四歳のイザベル・ユペールが体を張った強姦され役をするのに、『風姿花伝』の、「引け際が肝心」を教えたいが、本人その気なら打つ手はないだろう。

はるか先だと思っていた老年が目の前にやってきていて、レミー・コーションは、目の前の錆びた有刺鉄線を見つめるばかりだ。

だいたいにおいて、おフランスの女に「お役ご免」はない。大奥にも「定年」はあったと思うが。フランス人は、「退け時」を知らない。それはフランスの文化ではなく、フランス女は、死ぬまでじたばたあえぐだろう、女であろうとして。疲れるナ〜。

若さが書かせる詩。それで評価されてしまって、間違ってしまう生。その汗の匂いのする詩集を、遠い眼で眺めるばかりだ。宇宙とか未来とか、そんなものが金ぴかに輝いている。だけど、もはや詩のなかに書き込むわけにはいかない。

『ドイツ零年』は終わり、『新ドイツ零年』も過ぎ去った。今はドイツが力を持つ。帰れなくなったスパイではなく、帰り道を忘れたスパイ。スパイだったことも忘れ、わこうどが旅した詩集を読むともなく読んでいる。そして確かにわかっているのは、今更、格安航空の不快もなにかの特権のように思うわけにはいかないということだ。ある優越感で、低開発国(というのか、いまも)の風景を眺め、それをポエジーに変換するわけにはいかないオバサンなのよ。とゆーか、婆さんといってもいいけど。先に婆さんと認識してまった方が勝ちなのだ。いつまでもぐじぐじと女であろうとして、プチ整形したり、句会に出たり、ランチや飲み会に金使って、なにかやってるみたいにもがいて、完全なる老いがやってくるのを待っているよりは。早々とベケットのように、なにもかも放り出して、無、と戯れた方が勝ち。

 

端正な老成がほしい。若者に迎合しない老人たちには「過激な文献学」がひらかれている。

 

「ロシアなんて、たった一億四千万人しかいないのに、いったいなにができるというんですか?」と、おフランスの統計学者エマニュエル・トッド。

 

「いや、プーチンはヨーロッパでの覇権を狙っている」と、『ガーディアン』紙の記者。

 

いずれにしても、人間の「青春」は、確実にトドメを刺しておかねばならない。

 

永遠の青春が許されるのは、ギリシアの神だけだ。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『パターソン』──ポエトリーマン・ザン・ストレンジャー(★★★★★) [映画レビュー]

 『パターソン』(ジム・ジャームッシュ監督、2016年、原題『PATERSON』


 


 すきな作品だが、何度か寝落ちしてしまった(笑)。それというのも、睡眠時間が圧倒的に足りないのでしかたない。でも、大丈夫、いつ目覚めても、なんとなく物語は繋がっている(笑)。ジャームッシュは詩人がすきだ。ジョニー・デップが開拓時代の会計士を演じた役名は、偉大な難解詩人のウィリアム・ブレイクだったし、ディッキンソンも出てきた。


 


 本作は、バーの場面は、『ブルー・イン・ザ・フェイス』、白黒のマフィンやカーテン、妻の衣装などは、『Black&White』などを思わせる。主人公、パターソンの書く詩は、画面に筆記体の筆跡で、同期して現れる。この字体がいいし、またパターソンの書く詩がすばらしくいい。なにげない日常をしっかりと見つめ、生きている。パターソンを演じる、アダム・ドライバーの淡々ぶりもいい。最後の方に出てきて、書きためた詩のノートを愛犬にびりびりにされて落ち込むパターソンをさりげなく慰める、神さまのお使いのような「日本の詩人」、永瀬正敏の、色のなさがいい。ジャームッシュは還暦すぎて、力みも消えて、いい意味で老成してきた。


 


 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る