So-net無料ブログ作成
検索選択

俳句の仏訳に思う [俳句]

  Gallimardから出ている『HAIKU』は、芭蕉から金子兜太あたりまでを、四季ごとに訳した、アンソロジーであるが、訳があまりよいとは言えない。訳者が、句を深く理解しているとは言えない。おそらくいちばん多く取り上げられている、芭蕉の句だけを見ていっているだけだが、疑問に思う訳が多い。たとえば、


 


 


私のすきな、


 


 旅人と我名よばれん初しぐれ


 


 であるが、本書では、


 


 Première bruine____


       j'aurai pour nom


         《le voyageur》


 


と、訳されている。直訳すると、


 


 最初の霧雨___


  私は「旅人」という名を持つだろう


 


 なんのこっちゃである(笑)。


 「しぐれ」は、brève averse d'automne でなければならない。従って、拙訳を試みると、


 


  Le voyageur


        On appelle mon nom comme ça


          Première brève averse de cet automne


 


ってな感じになる。さて、ドナルド。キーン先生の英訳を見てみよう。


 


  "Traveller"____is that


        The name I am to be called?


        The first winter rain.


 


 


 私見であるが、俳句は、というか、俳句だけでなく、あらゆる文芸は、ことばの順序は重要である。翻訳だと、意味を通りやすくするため、まま変えられることがある。しかし、詩などの場合は、できるだけ変えたくない。それで、拙訳や、キーン先生の訳が出てくる。芭蕉の原句における「詩情」とは、「旅人と、よばれん」に表出している。だから、キーン先生も、わざわざ、___is that と、一見よけないような語を用いている。拙仏訳の場合は、comme ça である。


 


 また、「よばれん」の「ん(む)」という助動詞の解釈も、仏語版の訳者は、単純に未来形、あるいは、推定ととっているようであるが、キーン氏が、「I am to be called?」と、疑問、自問しているように、作者の心情であり、「呼ぶなら呼べ」みたいな、旅人の矜持=冷たい冬の雨のなかをいく、りりしい姿の表出なのである。


 


 詩(俳句も短歌も)は、意味を書いてはだめなのである。Gallimardの仏訳は、ただの意味に還元されていて、それが、どーしよーもないのである。また、古語もちゃんと読みきっていないという点もある。しかし、まあ、こういうものでも、考える材料にはなって、勉強になる。


 


 


(ドナルド・キーン氏の英訳は、『日本文学史 近世篇一』中公文庫より引用)


 


 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

rukibo

>makimakiさま

いつもありがとうございます。


by rukibo (2014-11-06 16:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る