So-net無料ブログ作成
検索選択

美術出版社の件 [世の中]

3月4日に、『美術手帖』でおなじみの、美術出版社が民事再生法の適用を申請したニュースが流れたが、民事再生法は、倒産した会社の再生を目的としている。


1978年に、筑摩書房が、会社更生法の適用を申請したが、経営を見直し、1991年には債務返済完了し、いまの筑摩書房がある。この経営見直しは、決して、「売れる本」を出そうとした結果ではなく、社内の組織やり方等の見直しで、かえって、本は、「よい本だけを出そうとした」。


民事再生法と会社更生法は、倒産した会社に適用されるが、違いは、後者は株式会社にだけ適用され、前者は、経営陣の刷新は必須とされない。


このところ、『美術手帖』の増刊号には見るべきものがあり、そのひとつを買っていた。それが「国宝のすべて」であるが、これは保存版である。


筑摩書房のように、バージョンアップして蘇ることを期待する。


 Bijutsu-shuppan company applied "The Civil Rehabilitation Low".


The purpose of "The Civil Rehabilitation Low" that applies Bijutsu shuppan is the reestablishment.


The company published some special issue of "Bijutsu-techo" that is worthy of  preserve like "All about japanese national treasure".

 

bijutsuJPG.jpg

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る