So-net無料ブログ作成
検索選択

八潮れん詩集『ル・鳩 良い子ぶる』──一滴の毒を! [詩]

『ル・鳩 良い子ぶる』(思潮社、2015年3月20日刊)


 

 秋の日のランボオのオカマ掘るヴェルレエヌ


新妻は舌ブルにうら悲し。


「こんなの詩ぢゃないわ! わたくし、担当やめさせていただきます!」


「だって、こんなもんだっただろー」


「なにが?」


「草間彌生の若い時」


「知らないわ、そんな水玉bassinのことなんか」


金出せば誰だって詩人ずら


色香得て涙ぐむ過ぎし碑の朔太郎


「ピカソだって、ああなる前はちゃんとした絵を描いてました」


「だけど、どこにも意味は滲み出てない、大したものぢやないか」


「これを許したらみんなやりますわよ」


「意味の大掃除でいいぢやないか」


「崩壊ですわね」


「ホーカイ」


昔フクチホースケって漫画家がいたな


ホースケ。


だけどこいつはお仏蘭西語がこんな風に聞こえるとしたら


一向に上達しないと思うね


どこまでやるつもりなのか?


一生とか


ひとつどこまでできるかは見物だな


その前にわしらの命は尽きるな


エロスはないだろー


メロスは走るだろー


コロスは歌うだろー


クロスは交わるだろー


(ってこれはあたりまえ(笑))


姿隠して尻も隠して


「福島系お涙チョーダイ詩人」が怒るだろー


「お貧乏系賞チョーダイ詩人」も怒るだろー


「谷川系詩人」も怒ると思うし、げんに


谷川俊太郎は怒りもしないだろー


「Facebook系詩人」はこいつは狂ってると思うかもしれない


現に狂ってない証拠はない(笑)。


『薔薇の名前』に出てきたあの夥しい言語で人格が崩壊したデブのように


残念ながらお仏蘭西は毒の足りない国


ゆえにこの詩ではまだ人を殺すことはできない


毒がほしけりゃあそこへ行くしかない


当然ながら伊太利亜


だってもうミーハー詩人たちは「アガンベン」とか


いって騒いどるずら


それだってもとはお仏蘭西の「現代思想」とやらから


出てきてそのお仏蘭西の「現代思想」はなにを隠そう


もとは独逸なんです


だからヘーゲルの門をくぐらないとなにもできないんです


「この門を潜るものはあらかじめ希望を捨てよ」


げにかれはうらぶれて


こゝかしこさだめなく


書き散らす詩人かな。


 

IMG_2887.JPG

 

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

つねさん

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。

by つねさん (2015-04-03 16:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る