So-net無料ブログ作成
検索選択

「正鵠を射る」の「正鵠」とは、弓矢の的の中心のこと [なんとなくエッセイ]

【Facebookでのできごと】


 世間では、誤用が通用している表現など山ほどある。「正鵠を得る」もその一つだ。ネットで検索すれば、その意味しか書いてない。


 ナイトなんとかという横文字名(本人「俳号」と主張している(笑))の人が、「あなたのwikiペディア」みたいな「テスト」で、「自信家」とかなんとか、誰にもあてはまり、言われて悪くないような内容に、「的を得ている」などと書いて喜んでいたので、私は、「『的』は『射て』ください」と、「あえて」コメントした。普通は、言葉の間違いなど山ほどあるので、そんなことにいちいち目くじらなどたてていられないが、この人に関しては、書き込みの「有頂天度」(とでもいうのか(笑))がもともと気にいらなかったし、「俳句をやってます」のわりに、言葉遣いに、「ひどく」無頓着で、目に余るものがあったし、数年前に奥さまがお亡くなりになったと書かれていたが、そのわりに、「配偶者の死」の前と後で、そのバブリーな書き込み(あの店にいった、これをごちそうになった、「会合の前にビールをいただいていった」(一杯ひっかけていってもOKな会合って、どんな会合だ?笑)、あれをもらった……てな書き込みばかり。ちょいと、ナイトさんの記事は「食った、飲んだ、もらったばかりですね〜」と「あえて」イヤミをいうと、「自分はすごく辛い人生を送ってきたので、ネットでは楽しいことだけを書きたいんです」てなお答えだった。


「辛い人生」と、あえて自分で言うか(笑)?


 それでは、シリア難民や、ユダヤ人絶滅収容所の生き残りは、どうなるのか? そういう辛い経験が、人をまっとうにするのではないのか?


 ……とまあ、だいたい、その「人格」には前々から疑問を抱いていた。しかも、「偽名」で、「顔写真」もないのに、平然としている(「本人」が証明されていなければ、SNSの信用度は下がるのに)。だから、私は、「あえて」、ここが違ってると指摘したのだが、その答えは、


 「自分は『正鵠を得る』という意味で書いたんです」。それは、わかってるよ(笑)。その「正鵠を得る」が誤用なんだよ。調べもしないで、世間でみんな使ってるから正しいとの思い込み。しかも、「助っ人」まで現れて、「『正鵠を得る』って言いますよ」「そうですよね。ありがとう!」だと。ばあああか。


 なぜ、「正鵠」は、「射る」ものなのか? それは、「鵠」とはどういう意味か?を漢和辞典でもなんでも引いてみればわかる。「鵠」とは、弓矢の、「まと」のことである。そして、「正鵠」とは、その「まと」の「中心」のことである。出典は、「礼記」とか、あるらしいが。


 だから、誤用を誤用として使うのは、ジャーナリストみたいな人、本の著作家でもいる。しかし、私としては、そのあたりの認識を、その人の「教養の信用度」の境目とも見ている。


 「俳句をやられている」という自信家のナイト氏だったので、「あえて」指摘したら、「想定外」(これほどバカとは思わなかったんです(笑))の答えが返って来て、「助っ人」に、「そうですよねー、ありがとう」だったので、「切り時」(笑)と思ったしだいです。


 だいたいこの人の発想、あまりにイージーすぎる。「今年はニューヨークへ行きたいなー」と書き込んだところ、「せっかくニューヨークに行くのだったら、ボストンにも行ってください。晴代さんにお似合いの街ですよ」って、ヲイ!(笑)、どうせそこへ出ていくなら、あっちもこっちもっていう、田舎モノ丸出しに発想(笑)、調べたら、ニューヨークーボストンは、電車で4時間、飛行機で1時間ほどで、そう離れてはいなんですが、ニューヨークには目的があって行くんです。物見遊山じゃないんです。この人にとっては、旅行=物見遊山なんです。


 「もう、こういう人の世界のルールに触れたくないなー」と思って、ただでさえ少ない「友だち」を切ったわけです。だいたい、それが私の「友だち」を切る理由です。考え方の違いなどは問題にはしません。


 だいたい、俳句をやってるからって理由で、一面識もない(とくに女性)相手を、いきなり、ファーストネームで呼ぶ、その「作法」にも不快を感じていましたがね。


 ……てなわけです(笑)。


 おまけ:これまで多くの「友だち」を切って(また自分も「切られて」)きましたが、だいたい、運気はあがってます(笑)。頭も気分もすっきりです。


 それに「切る」とはいえ、私のページは「すべての人に公開」なので、あまり影響ないんです。ただ、「その人の(アホな)世界観およびルールに汚染されたくない」、それだけですから。


 

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

スライム国

突然ですが、rukiboさんにとても共感しました。
ぼくも人の間違った言葉はツッコミいれないのですが、相手の人間性を疑った場合のみ指摘します。

「正鵠を得る/的を得る」の件ですが、なぜ誤りかと言うと「外国語の誤訳」だからです。
その理由はめっちゃ長文になるので、よければ↓のぼくのブログの記事を読んでみてください!
スライム国のおへや 的を得る正当論を滅ぼすためのテンプレ
http://surakokuheya.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
by スライム国 (2017-03-19 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る