So-net無料ブログ作成

【詩】「失われた時を求めて」 [詩]

「失われた時を求めて」


(A la recherche du temps perdu)


 ベケットは二回、ナボコフは、おそらくそれより多く、通読したと思われる、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』は、やはり読み通した人は少なく、よって、いいかげんなことを言っても、誰も「それはちがう」とは言えない。


ナボコフによれば、英訳で四千ページ、約百五十万語、登場人物は二百人以上。扱われている時代は、一八四〇年から一九一五年。執筆にかけられた時間は、一九〇六年年から一九一二年。その後、一九二二年に死ぬまで改筆と訂正をくりかえした。


時間の長さは、「遅筆」をイメージさせるが、私の計算によると、ものすごい速さと分量で、日々の執筆をこなし、それを死ぬまで続けた。


失われたのは、「話者」の時間ではなく、書き手自身の時間である。


ナボコフ曰く、


 「全巻これ宝探しであって、宝物は時間であり、隠し場所は過去である」(『ヨーロッパ文学講義』)


私はこの作品を、犬の散歩時に、フランスの俳優、アンドレ・ドュサルディエの朗読のCDを、iPodに入れて聴いている。


いまだ「スワン家」のあたりをさまよっている。


ドュサルディエの朗読は淀みなく、(おそらくは編集の働きであろうが)一語としてひっかからない。


私の野心は、通読どころか、この作品すべてを暗記することである。


稗田阿礼が、帝紀と旧辞を暗記したように。あるいは、


ボルヘスの、「記憶の人・フネス」のように。あるいは、


ホメロスのように。

 

たいていの文章は、散歩道の闇のなかに消え去ってしまうのだが、なかに、ひっかかってくる箇所がある。いつも「はじめ」から聞き直すのだが、ひっかかる場所はいつもいっしょだ。それは、


ドュサルディエの静かな声が半ば興奮したように高まり、「話者」の祖父を演じる場面だ、


「マチルド! おまえの夫がウィスキーを待ってるんだぞ! なにしてるんだ!」


 そして祖母は悲しそうに……


 と、「話者」は語る。


 優雅な貴族社会のマッチョ性の露出。


「話者」は祖母の味方だ。


そして、作者は、そのような女性の地位を受け入れることはせず、


解放した。


愛とは、主従である、


ということを、よく知っていた。


だから、女は愛さなかった。


わたくしは、プルーストの「阿礼」となって、この物語を全文暗記し、二十一世紀に再構成したいと思う。

 

 


 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る