So-net無料ブログ作成

『文学賞メッタ斬り!』──「メッタ斬り」という幻想(★) [文学]

『文学賞メッタ斬り!』(大森 望 、 豊崎 由美 著、PARCO出版 、2004年3月刊)


もともとは13年前に出た本で、当時はそれなりに話題になった。著者はいまだに、「「メッタ斬りの」豊崎」を看板に、仮想「アマチュア」相手に、エラソーにしているが、どーでしょう? 看板だけ、「メッタ斬り」で、全然「メッタ斬り」になってないのでは? というのも、この方々の本によって、「メッタ斬り」された作家や出版社、賞などが、少しでも影響を受け、反省した、筆を折ったなどの「効果」はほとんど報告されてないからである。


なんでも、Twitterに陣取って、ご自分に関するツイートには即刻反応、まるで釣り堀のサカナのように(笑)食いついている豊崎さんによれば、いままでずっと、芥川賞を「メッタ斬り」し続けている(確かに、「メッタ斬り」シリーズも、「ファイナル」など、続いているようですが、ほんとうに「ファイナル」にされることを祈ります(笑))ということです。ああ、そうですか(爆)。


本というか、商品そのものが売れない時代に、出版社とて、なんとか売ろうとしているご時世に、本気で「メッタ斬り」されて、喜んで掲載する文芸誌もあるまいに、と思うのに、この著者(とくに、豊崎氏ですが)、本気で「メッタ斬り」していると思い込まれているようです。なにかといえば、自分はプロだと言い張り続けるプロなんて、この人ぐらいです。で、書評家という「立ち位置」ですが、評論家とも違うし、作家が書評しているわけもなく、書評家=ライターと思うのですが、どーも、エラそうさに関しては、文豪気取りですナ(笑)。


この人(豊崎氏ですが)、なにか非常に先入観が強すぎて、相手は「素人」、「本も読まずに批判」と、アタマから思い込んでいるフシがあり、まず、基本のスタンスがそれで、これでは何を言ってもまともな論争にはなりません。


いまどき、どこの作家がこの人の「メッタ斬り」を恐れてますか(爆)?

 

****

 

(「ちょっと斬らせて」いただきましたー(笑))。

 

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る