So-net無料ブログ作成
検索選択

【詩】「空蝉」 [詩]

「空蝉」

 

はにおくつゆのこがくれて、

歌ひとつつくれぬ女ゆゑ

せめて伊勢よりひきて残す。

式部はなにを思つたか、

若き後妻のされかうべの

空蝉よりかろきに、

つれなきひとに見せかけて

おん手習取出たり。

ものはづかしきここちして、

この巻の発端は別に端を

起こさずして前章よりひきつぐは、

これまたひとつの技法なり。

十七の夏を映す鏡の、

なを人がらのなつかしきかな。




nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 1

井上勇

返歌 空蝉…に因んで短歌一首です、

空蝉の身は潰れなむ足裏 (あなうら) をやはら上ぐれば木の葉なりけり

by 井上勇 (2017-08-02 00:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る