So-net無料ブログ作成
検索選択

【詩】「夕顔」 [詩]

「夕顔」

 

夏の風がきみをその女のもとへ運んだ。

むしろ匂つてゐたのは忍冬で、

十七歳のきみは身体を狂はされ、

その不調が生霊の正体だつた。

だが、恋人は植物のやうにはかなくなつた。

それこそ夕顔の精だつた。

二人して小さな価値をつくつてみないか? ほら

ここに、そろひのタトウなど彫つて

でもきみはあへてぼくに問ふ

ぼくたちの美はどこにあるのか。

それはきみの瞳のなかに

これまで喰らつてきた恥と汚辱が光に変わるとき、

   おぼえこそ重かるべき御身のほどなれど、

   ソラリスにては時はあらず。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る