So-net無料ブログ作成
検索選択

【詩】「反源氏物語」 [詩]

「反源氏物語」

 

 西暦にして1000年頃、ある物語が書かれたらしいが、それは残っていない。ではなぜそれがわかったかというと、ある天才理論物理学者がブラックホールの研究中、仮説として出した。周知の通り、量子力学では、すべての粒子は反粒子とペアになっている。理論上、宇宙空間は第11次元まで存在し、その物語は、「正」の世界の、余剰次元と呼ばれる次元、すなわち、第5次元以上に存在する。

 

 書かれた物質、紙だったら灰のようなもの

 筆記具、墨ならば、炭素

 作者、人間の痕跡

 そして何よりも、「光」は「見る」ことと同義である。光が存在しなければ、人の視覚はものを見ることはできない。

 

 しかしそれは、可能性でしかない。アインシュタインは完全に間違っていた。

 星は自らの重力で崩壊し、ブラックホールを形成し、その内部では、情報は失われる──。

 

 太陽の熱に灼かれる反歴史

 ブラックホールに消えたまま剥奪された、

 欲望

 は、物質ではないから「反」は存在せず、

 真言密教に彩られたテクストは

 全長27キロメートルの大型ハドロン衝突型加速器のなかで、

一瞬だけ浮かび上がる

 すなわち、ひとの脂がわずかに付着した反桜の花びら

 

 

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る