So-net無料ブログ作成
検索選択

『おとなの事情 』──イタリア的なあまりにイタリア的な(★★★★★) [映画レビュー]

『おとなの事情』(パオロ・ジェノヴェーゼ監督、2016年、原題『PERFETTI SCONOSCIUTI/PERFECT STRANGERS』)


 


 月食の夜、夫婦単位の会食パーティー。獣医の女性とタクシー運転手(ヨーロッパ先進国は、車の「持ち込み」が多く、誇りを持った職業)の男性は、25ユーロの有機ワインを持って行く。「会場」は、整形外科医の夫と、心理カウンセラーの妻のカップルのアパートメント。ほかのメンバーは、弁護士の夫と、なんの職業か忘れたが(笑)、それなりに活発で知的な妻。彼らの「おみやげ」は、手製のティラミス。でっかいスクェアな容器に入っている。まずは三組のカップルが集まって、食べながら、いろいろ近況などを話し合う。最初の方で、医者のカップルの反抗期の17歳の娘がデートにでかけていく場面がある。娘と母の関係はよくない。母は娘とボーイフレンドの関係を心配している。


 あとひとり、彼女ができたばかりの男を待つが、彼女は風邪引きで来られないといって男だけ来る。みんなはどんな彼女か期待していたのだが。


 やがて彼らは、互いの「お悩み」なんぞを話し合い、ときどき隠れゆく月をバルコニーから眺め……お料理をつまんで……まあ、豪勢なマンションである。キッチン、リビング、食堂が、ちょっとしたしきりに隔てられながら、解放的でもなく閉塞的もなく、空間の感じが心地よい。


 カウンセラーの妻(エヴァ)が、ちょっとしたゲームを提案する。その前に、最近ハイテク事情について、ちょいと世間バナシをする。WindowsとMacの、どっちが「男」で、どっちが「女」か、なんて考えたこともなかったが、さすがイタリア人である。そしてこのゲームも、やっぱりイタリア人しか考えつかないかもしれない。自分たちのスマホをテーブルに出して、かかって来た電話に出て、スピーカーにして話そうということ。べつにやましいことがないなら、できるでしょ? てなもんである。みんな、いいよ、いいよ、と気安く言ってみせるが、しだいに……。


 かかってくる電話は、ひとつひとつ、複雑な「秘密」を明るみに出す。おもろうて、やがておそろしきスマホかな。である。夫婦はしだいにバラバラになっていく。彼女が来られなかった男の、彼女とは「彼」だった、とか(笑)。


 泣き、わめき、パーティーは修羅場と化す。いっしょに来たカップルたちはバラバラで帰る……と、思いきや、結局はもと来た相手と帰宅する面々だったが、スマホには愛人からのメールが入り、ちゃっかり答えている面々だった……って、なんなのこれ? 日本では絶対にあり得ない、映画でした。住宅も含めて。まず、日本の住宅では、同じようなスジが展開しても、どこかおしゃれな、乾いた感じにはならないだろう。べつの陰気な物語になっていってしまう(爆)。



 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る