So-net無料ブログ作成
検索選択

【詩】「記憶で語れ、ソクラテス」 [詩]

「記憶で語れ、ソクラテス」

 

プラトンもろくに読んだことはない私だが、ソクラテスの最後は刑死で、毒ニンジンジュースを飲んで死んだということは知っている。そのジュースは誰が絞ったのかなとか、そういうどうでもいいようなイメージが、カゴメのニンジンジュースを飲んでいるとき浮かんでしまって、それは人間のやさしさなのかもしれなくて、最果タヒは、宇宙の開闢について漠然と書いている。

 

そう漠然と。それは彼女(彼?)のスタイルで、すべての知的なものを、太古の砂浜に埋めるように隠している。それは真言密教の言葉にも通じる言葉で、シニフィアンとシニフィエが絡み合っているソシュール言語学の向こう側に森があって、その木の葉っぱには無数の大小の穴が開いていて、その穴の一つ一つから何か響くものが流れているという一種の世界観を表現しているように見えるのだが、そのおぞましい世界を、地球の日本の21世紀のやさしい言葉に隠している。

 

それは空海がジュリア・クリステヴァに化けているにも似ていて、死もそこでは細い絹糸のように、あなたの愛を閉じている。

 

詩というのは、普通日本では、誰でも書いていて、詩集や同人誌に詩を発表して、取り上げてくれそうな、またまた詩人たちに配布しているが、たいていはどこか「くすぶっていて」、まさに自分の詩集が何万部も売れたり、映画化されたり、商業誌から依頼がきて、決して安くはない原稿料をもらったりすることなど、ほとんどあり得ないなーと、ぼんやりと寝床で朝の始まりとともにちらりと、そんな、欲望と羨望と諦めの入り混じった感情が夢のように存在したかもわからないまま、ちくりと感知された記憶だけ残していくのを他人ごとのように思ったりするのだが、実際、最果タヒという詩人は、すでにそういうゾーンに入り込んでいて、そこでは、大御所詩人もひれ伏すような跋文を贈っている。この「女神」のご神体は、女神なのか男神なのか、ギリシアなのか日本土着なのか、ボルヘスでさえもわからないことになっているのを、ポカリスエットに含まれる塩分より確かな感触を、ギリシアの浜辺に埋める夢を見始める。

 

この「女神」は、『ビニール傘の詩』という、ほんとうに見過ごしてしまいそうなタイトルの詩のなかに、人類の歴史を書き込んでいる。

 

そう、歴史。それはほとんど固有名詞によって成り立っている。それを過少使用するということは、歴史を毒のように隠しているということだ。その言葉を読むことは、毒ニンジンジュースを飲むことに似ていないことだけは、カゴメのためにも言っておかなければならないだろうと、ベンヤミンの「ボードレールにおける第二帝政期のパリ」を読みながら、ああ、フランス革命におけるバリケードはわれらのスタバなんだと思いながら、断言しておこうと決心することは、その神殿を踏み越えていくことなんだろうか。

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る