So-net無料ブログ作成
検索選択

原作『決定版 日本のいちばん長い日』──右傾化を助長する危険な本(★★) [Book]

(映画ではなく、原作の方であります)


 


『決定版 日本のいちばん長い日』(半藤一利著、文春文庫、2006年刊)


 


 本書は、昭和40年(1965年)に刊行されたが、当時は、大宅壮一「編」となっていた。「編」であるかぎりは、フィクションではなく、氏が書いたのではなく、さまざまな「原稿」を「編集」したということだ。そのさまざまな原稿とは、ほんとうの「著者」の半藤一利(とその協力者)が、多くの関係者(それらは本書にあげられている)に取材し、書き上げたものであると概ね見てよい。これらの関係者から語られた「事実」は、語られたかぎりにおいて、一応の事実であると見てよい。それらの一人一人の「事実」を、ある歴史観に沿って構成したのが本書である。それは、半藤一利の1965年における歴史観である。


 第二次世界大戦に参戦した日本が、はじめからおわりまで、いかなる考えのもとに行動したかという、世界史レベルの動きのなかに本書が「語っている」事実を埋め込むなら、それは、かなり小さな「内輪揉め」、一部の将校たちによるクーデター計画の顛末と見てよい。まさに、2.26事件のようなものである。それを「劇的に構成した」のが本書である。ここに登場した人物たちとその動きによって、日本は本土決戦を避けられたとは考えない方がいいように思う。どう考えてみても、本土決戦は不利で、そんなもので勝てるなどと考えるのはまったくの幻想である。そこまで一部の将校たちは、まともに考える能力を失っていたのである。それが「戦争」というものである。そこまで踏み込んで考えないと、本書はかなり危険な書となってしまう。


 



 

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

  • 作者: 半藤 一利
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 文庫



『日本のいちばん長い日』──曖昧な日本の、作者、監督、俳優たち(★★) [映画レビュー]

『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督、2015年)


 


 第2次世界大戦とは、帝国主義国と帝国主義国が世界中の弱小国家を呑み込みながら、裏切りを繰り返した「仁義なき戦い」である。ポツダム宣言とは、「反ファシズム国家」の、米、英、中国の首脳が、日本に対して降伏を勧告し、さもなければ、連合国は日本を壊滅させるとし、日本から軍国主義の勢力を永久に除去しようとした宣言である。


 本作のもととなっている半藤一利の『日本のいちばん長い日』(文春文庫)は、発表当初(昭和40年(1965年))は、大宅壮一の名前の「ドキュメンタリー」であった。しかし、その30年後の1995年、ほんとうの作者の名前で再発行された。問題は、この「作品」じたいが、ドキュメンタリーなのか(確かに多くの人々に取材はしている)、フィクションなのか、曖昧であり、しかも、著者の歴史観のもとに構成されていることである。


 「物語」は、全面降伏か、本土決戦かをめぐって、政府側と一部の将校たちが対立して、降伏前の「長い一日」を描いている。しかしながら、こんな対立などどうでもいいほど、世界における日本は孤立、劣勢に立たされておりは、この「物語」は、「茶碗の中の嵐」と言っていい。


 それを、1967年に、岡本喜八は、当時の歴史観で一種の政治裏面史として、ものものしく描き出したのであろう(たしかモノクロであったような……)。私は学校から授業の一環として見に連れて行かれたように思う。その後ももう一度リバイバルで見たかもしれない。しかし、記憶に残るのは、(阿南であったが、当時は人物の区別もつかない)「切腹」のさいの、自ら切った頸動脈の血が噴き出し障子に飛び散る場面、将校が上官(?)暗殺の際に飛び散る鮮血のしぶき、またクーデターの中心が失敗を自覚し、ピストルを頭に突きつけ発射するシーンだけである。本作にもそのシーンはそれぞれ出てくるが、それぞれは、肝心なところ(血が噴き出すところ)などをカットしている。これは、残虐さを押さえ、ひろく子供たちにも見てもらおうという意図であろうか? しかし、この筋書きでは、歴史的背景を知っていないと理解は難しいだろう。


 天皇の扱いも、ソクーロフの『太陽』で、イッセー尾形が演じた昭和天皇が、かなりリアリティがあり、本木の天皇は、セリフも姿も美化しすぎているようである。


 まあ、監督も、キャストもスタッフも、歴史をよく知らない、「だいたい」の感じで描いているように思った。つまり、おおもとのところが、原作も含めて曖昧だから、すべてが曖昧にならざるをえないような映画である。


 



『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』──毎度のアップデートに感心(★★★★★) [映画レビュー]

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』( クリストファー・マッカリー監督、2015年、原題『MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION』)


 


 私も、トム・クルーズと同じように、テレビの『スパイ大作戦』のファンで、ついここまで来てしまった(笑)。なんといっても、あの導火線に火のつく間の、サスペンスの高まり具合をあらわす音楽と、目覚まし時計のようなベル、そしてそれに続く見事な巻き返しに毎回胸のすく思いだし、なにより、本シリーズは、時代状況に合わせて、音楽(の編曲)も、しかけも、テクノロジーも、アップデートされていることがすばらしい。


 


 ストーリー的には、「毎度おなじみ」でも、「黄門様が印籠を取り出す瞬間」を観客は待っている(笑)。それが、日本の黄門さまは、あまり代わり映えしない江戸時代を生きているが、イーサン・ハントは、毎回、「前回を上回るスケール」で、観客の「想像」を裏切ってみせる。そこには、アメリカの「最先端」が凝縮されていて、これを見逃したら、もう時代には追いつけないこと確実だ(笑)。


 


 これが007なら、ボンドガールは、それなりに現代的に強くなっても、どこか色気で勝負している。しかし、本作の「ヒロイン」、エルサ役のレベッカ・ファーガソンは、端整な美貌ながら、バイク(スタントがいるかもしれないが)も、銃使いも、なんとワルの男との一騎打ちのナイフ技術も、一分の隙もなく、動きはアスリートのように美しく、色を売るシーンはまったくない。


 トム・クルーズも、もういいかげんトシだから、見るも無惨かな、と思いきや、涼しい笑顔で体を張ってみせ、彼自身がアップデートしているので感心しきり。やはり、スターのなかのスター……に、して、アウトサイダー。


 


 サイモン・ペグ、ジェレミー・レナーの仲間もひょうきんな感じが、ハイテクのなかで温かさを感じさせ、CIA長官役のアレック・ボールドウィンは、貫禄の美形で、歴代のほんものより品がある(笑)。オペラ『トーランドット』も本格的に引用され、音楽と銃撃の音の重なりは、当然ヒッチコックである。そして同時進行のストーリー展開は、スピード感を表現し、なにより新しい。


 


【詩】「危険でなけりゃ、ラブじゃない」 [詩]

【詩】「危険でなけりゃ、ラブじゃない」

アメリカ人のすきなフェラチオも
イタリア人のすきなフレンチも
フランス人のすきな実存も
いらない
トルコ人のすきなチェーホフも
ジンバブエ人のすきなライオンも
カナダ人のすきなSFも
アルゼンチン人のすきなうんこも
岡井隆のすきな情念も
塚本邦雄のすきなオトコも
田村隆一のすきな鉛筆も
インド人のすきなダンスも
いらない
ただ ただ 危険がほしい
オー!
は、水。
オー!
は、オーケイ。
オー!
は、やっぱり最高の声。
危険でなけりゃ、ラブじゃない
だからあたしは今日も
危険を求めて
あなたの瞳を見つめたりする
オー!


(サザンのクワタさんに曲をつけてもらいたいですけど……たわごとですね(笑))


『このミステリーがひどい! 』──ある種の作品に関しては同感 [Book]

『このミステリーがひどい!』(小谷野敦著、飛鳥新社、2015年7月30日刊) 


 


 まあ、次から次へと御著書をお出しの小谷野氏であるが、世界史を書こうが日本史を書こうが、「春樹」を書こうが「ミステリー」を書こうが、みんないっしょ。どこを切っても「私小説」(笑)。自分は自分は自分は──。あんたが高校生の時なにを読もうがどーだっていいっての! 私も、「このミステリーがひどい」と思ってたものだから、つい、立ち読みもせずにAmazonで予約してしまって、もういらないと思ったけど、到着してしまった。線もひかずどこも汚さず、すぐBook off行きの箱に入れよう。


 だいたい、本書に取り上げてある「ミステリー」なるものの「おおかた」が、「日本の大衆小説」(って本人も言っているが(笑)、だったら、書名は、「この大衆小説がひどい」にすべきだ)で、外国の「ミステリー」作家は、「誰もが知っている」(「ミステリー」ファンでなくても)作家および作品ばかり、「誰もが知っている」クリスティも幅広い作家で、長い歴史のうちには、さまざまなスタイルの作品があるというのに。しかも、この本には、アントニー・バークリーの名前さえない(笑)。スタンスも取り上げる作家も偏っていて古い。せめて、「世界的大ヒット」の、『その女アレックス』のひどさを指摘してほしかったわあ(笑)。


 ──と、思ったんですが、『その女アレックス』に関しては、248ページにありました。この作品の評価、ならびに、原田マハ『楽園のカンヴァス』の「展開にリアリティがない」は、共感いたします。


 


 ……しかし、いずれもが「感想」の域をでておらず、「ひどさ」の分析などはされていないので、なにを書いてもすべてこの調子だろうと、もうこの著者にはなにも期待しない。どうか勝手に次々と御著書をお出しください。確実なのは、エントロピーだけは増大するでせう(合掌)。

 

 

このミステリーがひどい!

このミステリーがひどい!

  • 作者: 小谷野敦
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2015/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 


メッセージを送る