So-net無料ブログ作成

フーコーの出発点 [哲学]

 「フーコーの出発点」


 


 スイスの精神医学者、ルードヴィッヒ・ビンスワンガー(1881〜1966)の著作『夢と実存』に書いた序文が、ミシェル・フーコー(1926〜1984)の「処女作」である。フーコーは、当時、27歳ぐらい。この序文は、本文の倍以上ある、かなり目立つ序文である。ここでフーコーは、フロイトの精神分析の、いってみれば、粗雑さを指摘している。


 


L'analyse anthropologique d'un rêve découvre plus de couches significatives que ne l'implique la méthode freudienne. La psychanalyse n'explore qu'une dimension de l'univers onirique, celle du vocabulaire symbolique, tout au long de laquelle se fait la transmutation d'un passé déterminant à un présent qui le symbolise ; 


 


夢の人類学的分析は、フロイトの方法がもたらす以上の重要な層を露わにする。精神分析は、夢のひとつの次元、シンボルという用語の次元しか探査しない、その次元では、過去を象徴している現在を決定する過去に変換されるだけである。


 


(Foucault "Dits et écrits Ⅰ, 1954〜1975"←フーコーの「著書」以外の、論文、対談、エッセイのすべてを収録している)


 


*****


 


 すなわち、夢は、なにか象徴に変換されるものではなく、自立した文法を持つなにかであることを、フーコーは、ビンスワンガーの著作から、おそらく著者以上に、つかみとっている。このanthropologique、名詞にすれば、anthropologieという言葉は、「人類学」と訳されるが、カントの著書においては、「人間学」と訳されていて、同じ内容を現す。


 


 カントの「人間学」を翻訳することが、フーコーの副論文であった。キャリアの最初は、カント資料館の館長だった。


 


 このように、精神分析においては、現象学的、認識論的成果も取り入れられるようになっていったが、だからといって、フロイトの発見が否定されるものではない。フロイトの思想は、やはりアインシュタインの相対性理論、ダーウィンの『種の起源』、マルクスの『資本論』と並ぶ、二十世紀の画期的なものである。


 


それを、最近目にした読解で、すぐ何かに効くハウトゥー本のように読んでしまうのは、どうかと思って、私自身、「復讐」してみた。


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『職業としての小説家 』──真に自立している作家(★★★★★) [Book]

『職業としての小説家』(村上春樹著、2015年9月、スィッチパブリッシング刊)


 


 私は村上春樹の作品というのは、読めば突っ込みを入れたくなる。それは、たぶん、求めているものとは違うからだ。イギリスの本格小説愛好家がアメリカのハードボイルドを読めば、その「薄っぺらさ」に違和を感じる。たまたま、ロス・マクドナルドの小説を開いた時、村上春樹の小説はコレだと思った。それを、日本に移しているから、なにかとってつけたような、嫌らしい感じ、金井美恵子センセイからは、「幼稚なポルノ」みたいなことを言われる。しかも、村上作品には、かなり多くの性描写、美女が簡単にフェラチオしてくれるとか、そういうのが多いので、小谷野敦のような「作家」からは、「やっかまれる」もととなる(笑)。批判者は、「オナニー」とも言う。しかし、オナニーではないと思う。現に、第一の読者は、村上春樹夫人であるからだ。まあ、アメリカ映画を観ていればわかるけれど、アメリカの進歩的な人って、性的には、こんなんですね。クリントン元大統領も、ハマってしまったし(笑)。もともとアメリカにはピューリタニズムがあって、それへの反抗からこんなふうになったのではないかと思う。


 そんな私ですが、本書を読んで感心しました。完全にプロが良心的に、「手の内を明かして」ますね。これは、イチローが自己を語るのと似ています。35年間、小説を書くことだけで、大学教授にもならず、文学賞の選考委員にもならず(だいたい、日本の「有名作家」はこれらで食っているといっても言い過ぎではない)、生活してきたのですから。


 芥川賞ってのは、文藝春秋の「権威授与祭り」ですね。そういうのをもらって、涙ながらに「これでまともな作家だ!」と喜ぶのも自由ですが。『公募ガイド』に、元「小説新潮」の編集長氏が出て言ってました。「作家の寿命は10年」だと。それは、春樹氏も書いています。そういう日本の出版界で、35年、一流作家であり続けるのは、大したもので、そういう人のノウハウは、そりゃ、学んだ方がいいです。まあ、日本で真に、筆だけで自立している作家は、村上春樹と大江健三郎だけでしょう。


 ただ、長編小説が、35年で、13作程度というのは、決して多い数字ではない。世界的に見たら。ジョン・クリーシーという作家は、30年で440冊以上出し、文章もすぐれていたと、植草甚一が『雨降りだからミステリーでも勉強しよう』で紹介しています。


 好みはいろいろだろうけれど、まず、「世界レベル」に達した作家と言っておきましょう。ちょっと推敲のしすぎで、そのわりには「結果」がよくわからないムキはありますが(笑)。


 あ、おまけですが、本書の題名、マックス・ウェーバーの、『職業としての政治』『職業としての学問』(ともに岩波文庫)にあやかったものと思われますが、「政治」「学問」が、分野の名前なのに、「小説家」というのは、すでに「職業名の一種」で、そのへんの違いはどうなのかな? とちょっと突っ込んでおきます。前者は、「政治は暴力」であるを基本認識とし、後者は、「学問を職業にするとは、大学での不本意な専門的細分化をも受け入れ」ていかねばならないとしていて、本書ととも、読むに値する本です。かなり薄いですし。この三冊、どこか「共鳴」しているような気もしますと、最大級のホメことばを書いておきます(笑)。

 



 

職業としての小説家 (Switch library)

職業としての小説家 (Switch library)

  • 作者: 村上春樹
  • 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング
  • 発売日: 2015/09/10
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『クーデター』──だめな映画の見本(★) [映画レビュー]

『クーデター』(ジョン・エリック・ドゥードル監督、 2015年、原題『NO ESCAPE』)


 


 最近、アフリカ最貧国のひとつ、ブルキナ・ファソで、ほんもののクーデターが起きた。ニュースの端々をみれば、現実におけるクーデターがどのようなものか、垣間見ることができるだろう。


 それに比べて本作がいかにでたらめか。主人公のオーエン・ウィルソンは、「再起」のため、「東南アジアの某国」にある企業に、水道技師として、妻と幼い娘二人を連れて赴任する。その企業の人間はひとりも(!)出てこず、ホテルの垂れ幕に「歓迎」と示されているだけ。ついた翌日、クーデターが起こる。というよりも、まず最初のシーンが、「某国」の首脳がいる官邸で、首相(?)が殺され大混乱が起き、それが、クーデターであることがわかる。ホテルのフロントも機能しなくなり、企業も応答なしで、なんとなくへんに思う(鈍すぎる(笑))ウィルソンは、翌日散歩に出て、群衆が外国人を処刑しているのを目撃。新聞スタンドで、英語系の新聞をやっと求めるが、数日前のものである。とにかく、ただ買っただけ(笑)。中身は見ない。このように、細部がいかなる伏線ともなりえない、ただの細部。旅行者のハモンドこと、ピアース・ブロスナン(かなり老けた、どん臭いオヤジになり果てていた(笑))と知り合い、いくらなんでも、飛行機の中では早すぎるが(笑)、彼は後ろの席にいて、ウィルソンの娘のいたずらをわらって見ていたのであった。その彼が、のっけから、空港からホテルへの移動に手を貸してくれ、途中、危機に巻き込まれた時は、現れて助けてくれる。


 クーデターと言えば、群衆劇で、政治的状況も描かれねばならないが、それは、ゼロ(笑)。アメリカ的当たり障りを避けるのもいいかげんにしろ!である。結局、国内ゾンビ状態で、主人公一家が全国民(のはずはないが(笑))に襲われるも、川伝いにベトナム側へ逃れて保護され、ハッピー・エンドとなるが、ベトナムのとなりって……? タイ、ミャンマー、カンボジアあたりが、この「某国」のモデルだろうが、話されていた現地語は、いったい何語だったのか、当方疎くてよくわからぬ。ひょっとして上記のミックス? 仕事でいくのに、完全なる「情報丸腰」(私の造語です(笑))で行くか?


 それにしても、ピアース・ブロスナン、実は、CIA関係者のおじさんでした〜は、いいけど、あまりに落ち目すぎ。かつては、007をやったこともあるのに、プライドはないのか、よほど金に困っているのか(笑)?


 オーエン・ウィルソンも、かつてはウディ・アレンの映画にも出たのに、よーこんな三流映画に出るよ。なんせ、やっと辿り着いたアメリカ大使館がすでに全滅していたんです(爆)。もー、役者が全然いらんじゃん(笑)。「いやー、まいったわ〜」と言いながら、激しい後悔と自己嫌悪に苛まれながら、映画館をあとにした私でした。Chan、chan〜♪(せめて、アル・パチーノとか、完全なるスターが出る映画を選べば、最低限このようなひどさは避けられただろう)。


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『キングスマン 』──軽やかで大胆な新しいスパイもの(★★★★★) [映画レビュー]

『キングスマン』(マシュー・ヴォーン監督、2014年、原題『KINGSMAN: THE SECRET SERVICE』)


 


 本作の前に、ダニエル・クレイグの『スペクター』の予告編をやっていたが、うーーーん……どーなんでしょー? もうジーサンたちには去ってほしいかも(笑)。だいたい、本作のコリン・ファースが、新人をスカウトして、小僧を教育して……となったら、もうお役目ごめん。で、殺されるしかないのは、ある程度予想できる。最後まで彼で引っ張って行くスパイ映画なら、これは、かなり痛いナと思って観たが、名前だけはさすがにアカデミー賞俳優、コリン・ファースを全面に立てていたが、これは、若いスパイの話でしょう。その「拾われた小僧」は、もとは、父が「キングスマン」の新人で、先輩コリンの失態のために死んでいたのだから、構造は、同じ原作者の『ウォンテッド』とそっくりである。『ウォンテッド』では、うだつのあがらないサラリーマンの青年が、(悪を成敗する?)秘密の組織に無理矢理引き込まれるが、ハードな訓練中に、やはり父の遺伝子か、射撃やアクションで凄腕の才能を発揮していき、最後はかっこいいエージェントに成長する話だった。私はこのテーマ曲がすきで今でもiPodで聴いている。


 本作の「真の主人公」のエグジーも、父譲りの才能を発揮していく。まったくの無印新人、タロン・エガートンの、小柄だが引き締まった体、きびきびした動き、かわいい顔、清潔な雰囲気を見ていたら、もうダニエル・クレイグもどーでもいいかな〜(笑)と思えてきたし、ちょっと前に見たトム・クルーズも、絶賛したけど、時が過ぎ去ってみれば、やはり弛みがかかった顔には引きつりも見えて、確かにがんばっていたけど、その「がんばり」が見えてしまってはな〜などと、観客はまこと勝手なものである。観客にとっては、「今」だけが大事なのである。そして、「今」は、すべてを軽やかに、かつ大胆に、の時代だ。つまり、訓練の過程も、大量殺人も、美女とのセックス(「シーン」はなし(笑)。こういうところが「軽い」のである。)も、である。助けたスウェーデンの女王に、キスをねだると、「キスどころか、後ろの穴に入れてもOKよ」などと言われ、教官役のマーク・ストロングのコンピューターに、女王のお尻が映し出される(笑)。さすが、英国紳士、ストロングは、「見ちゃいかんな」とコンピューターの扉を閉める──。てな具合なんだが、タロン・エガートンの若さ=清潔さのせいで、すべてが(悪にICチップを埋められた人々の頭部がばんばんぶっ飛んでいくシーンも、あえて「美しく」撮ってある)さわやかなしあがりになっている。それに、スパイ教育の過程で、子犬と行動をともにする訓練があるが、仕上げの段階で、その犬を撃てと言われる。エグジーは銃口を向けるも、撃てない。そのときの、エグジーを見つめるパグのまん丸な目がなんとも言えない。茶色い丸い目に涙がいっぱい溜まっているように見える。愛犬家の私は、パグだけは、かわいいと思わなかったが、はじめてかわいいと思った(笑)。このわんこには、わんわんオスカーをあげたい(笑)。


 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

例の難民を蹴った女性カメラマン [世界]


件の女性カメラマンは、言い訳+謝罪をしているが、この映像をみるかぎり、言い訳にある「恐怖にかられパニック陥ってしまった」風には見えず、完全に、わざと蹴ったり、脚で引っかけてますね(笑)。慣れた感じもしますが。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000032-jij-eurp





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊藤浩子詩作品「過失」について [文学]

 伊藤浩子さんの詩が、『現代詩手帖』9月号の詩誌評に取り上げられているとFacebookに書かれていて、なんとなく見てみると、部分的に引用されていたが、全体がどんな詩なのか、興味を持った。その旨コメントすると、ご奇特にも、その詩誌を送ってくださった。それは『喜和堂』という同人誌で、なんで「喜和堂」というのかなと思ったら、野村喜和夫さんという方が主催されているのだった。
  この詩誌は、A4版で、一般的な雑誌、同人誌に比べて大型なので、目立つといえば目立つ。しかし、その判型そのもののように大味な感じの詩誌である。私も二十歳前後頃は、『現代詩手帖』に投稿していて、投稿欄の常連となって、その頃は、いろいろな同人誌に誘われ、詩人とも交流があった。しかし、今でも疑問に思うのは、なぜ詩人たちは群れるのか? ということである。そういうのがイヤで、「詩活動」はやめてしまった。それから久しいが、また、Facebookの芋づるつながりで、詩人と称される方々、「詩活動」をしている方々と、お知り合いになるようになってしまった。
 伊藤さんの、この詩誌に載った詩は、「企画 ルネ・マグリット展を書く」という「企画」のもとに集められた詩のひとつだった。あまり食指をそそるような企画ではないが、これは、架空の展覧会として書かれているのか、実際の展覧会を見ての詩作なのか知らないが、集められた十人の詩人の詩の中では、頭抜けて求心力のあるものに思った。『過失』という題のその詩は、「Y氏とマグリット展へ行く」ありさまを詩にしているのだが、ところどころの表現は、シュールレアリズムの、あの、間延びした不条理を感じさせる。ところで、最近ときどき、シュールレアリズムなる言葉を聞くが、なにか過ぎ去ってしまってものを蒸し返しているような感じが私はしている。そして、なぜマグリットなのか? マグリットとして、私が思い浮かべるのは、山高帽を被った顔のない、あるいは、顔に中央にりんごか何かが描かれている人物で、それは、正確かどうかわからない。また、ポール・デルボーの絵にもつながっていく。「詩人」たちは、そういう光景に惹かれるのか?
 しかし、伊藤さんの詩の言葉は、Y氏と展覧会へ行くために選ぶワンピースに関しても、「永遠も半ばかと思えるほどの長い袖に腕を通し、片方ずつデザインの違う靴を履く。潮騒がY氏の背中から届く」と、夢の中の文法を損なうことなく描写されていて美しい。正直な人間性が、正直な言葉で選ばれていて気持ちがいい。
 だから、私はやはり、伊藤さんに僭越ながら忠告したいのは、群れないで、Kincos版でもなんでも、個人誌なり個人の詩集にして、作品を世に問うてほしいということだ。
 この詩誌は、編集がぎこちなく、笑ってしまうのは、散文のページで、一人一人の長さはある程度自由でも、詩誌上のページ数はひとりあたり1ページにしているのか、活字の号数がいろいろ違えてあるところである。なんか見苦しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『わたしに会うまでの1600キロ 』──細部がテキトー(★★★) [映画レビュー]

『わたしに会うまでの1600キロ』(ジャン=マルク・ヴァレ監督、2014年、原題『WILD』)


 


 原題は『(The なしの)WILD』。ショーン・ペンが監督した、『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007年)を思い出す。あれも、大自然の中へ「入っていく」映画だった。そこへ行けば、なにか解決できるかのように。人は自然の偉大さ、厳しさに接し、なにかカタルシスのようなものを感じるのだろうか? イヤな自分や過去が「浄化」され、新たな自分に生まれ変わる──と、信じられるのだろうか?


 そんな動機付けなど関係なしに、自然に触れることはおもしろい。ほんとうはそれでいいのではないか? 長いトレイルを制覇した達成感は、興味本位で参加したとしても得られるだろう。


 野生に接した人間を描くのなら、とことん具体的に描いたものが見たい。だが本作は、どこかお手軽感に溢れているし、靴にしろ、荷物にしろリアリティに欠ける。そういうところは、大きな物語を語るためにテキトーにされている。つまり、人間ドラマなのか、自然なのか。べつの映画のネタバレにもなってしまうが、『イントゥ・ザ・ワイルド』の主人公は、結局野垂れ死ぬ。確か、最後は白骨化した死体が発見される。野生のなかに入っていった人間は負ける。


 本作では、いくら「トレイル」として指定されているコースとはいえ、野生のなかでサバイバルしたヒロインは、「ほんとうの自分を見出す」=野生に勝つ。果たして、野生とは、そんな簡単なものか? もちろん映画のなかで、ヒロインは大変な試練に遭っていたとは思うが。


 リーサ・ウィザースプーン(当時38歳くらいだが(笑))の肉体の感じも、彼女の母親役のローラ・ダーン(当時47歳くらいで、娘役のリーサと10歳も違わないのだが)のきめ細かい演技も、賞賛に値するものだとは思うが、映画作品全体としては、なにが言いたいのかわからないものになっている。それになりより、主人公の得た「さとり」(?)のようなものが、言葉で説明されてしまって、映画的にはよく見えなかったことが残念である。


 


****


 


余談:Yahoo!レビューのなかに、「年取ったリース・ウィザースプーンは、ウィレム・デフォーに似てきた」と書かれていたものがあり、思わず吹いた。

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ブエノスアイレス』(DVD)──トニー・レオン、アジアの男の美しさ(★★★★★) [映画レビュー]

『ブエノスアイレス 』(ウォン・カーウァイ監督、1997年、原題『春光乍洩/HAPPY TOGETHER』



 南米の南端を舞台にした、ヴィゴ・モーテンセンの『約束の地』に不満を感じて、以前観た、同じような地方を舞台にした、ウォン・カーワァイの『ブエノスアイレス』のDVDをAmazonで買って(980円くらいだった)を観なおしてみた。前にいったい何を見ていたのかと思うほど、「はじめて知った」(笑)物語だった。うーーーん……こういうハナシだったのか……。


 ほぼ二人、いや三人しか出てこない。後半三人目の男が関わってくるが、ほぼ男と男の「激しい恋愛」である。これを見て思うのは、もう恋愛などというものは、男と男の間でしか成立しないのかもしれない(笑)。 


 レスリー・チャンの名前が最初にあるが、トニー・レオンがとにかくいい。恋に揺れる男の感情を繊細に表現している。匂い立つようないい男である。アジアの誇りだ。


 画面は、モノクロが冒頭を支配するが、たがて南米最南端特有の、青みがかったグリーンの光が基調となっている。ピアソラのタンゴ曲、「スール」が心にしみいる。カーワァイは決して説明せずに、次々べつのシーンに移っていく。


 「奔放で身勝手だがどこか魅力的な」レスリー・チャンに振り回されたトニー・レオンであるが、最後はべつの愛を見つけたように思う。その「新しい愛」に出会うまでと、見ることもできる。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る