So-net無料ブログ作成

『007 スペクター 』──どこにも新味のない陰気臭いスパイもの(★★) [映画レビュー]

『007 スペクター』(サム・メンデス監督、2015年、原題『SPECTRE』)


 


 もう主役のダニエル・クレイグからして、「嫌がってる」(笑)のが、なんとなく伝わってくる。クレイグ自体は、いかにも英国の匂いのする役者だけれど、このシリーズ、だんだん陰気臭くなっている。ボンドの過去が明かされた時からそれは始まって、スパイにトラウマのような過去をくっつけてしまったのが、そもそものマチガイだった。さらなるマチガイは、ジュディ・デンチのMを殺してしまったこと。あのあたり、オバサンでないと出ない「明るさ」というものもあった。原作では、もともとMは男性だけど、あれを、人生酸いも甘いもかみ分けている女性にしたことに意味があった。ジェームズがムチャしをして、「だめね、ボーヤ」的な苦笑いとともに、結局は保護をする──。


 新Mのレイフ・ファインズがまた陰気臭い。かてて加えて、冒頭に書いたように、クレイグが全然楽しそうでない。


 


 ボンドガールの、モニカ・ベルッチ、明らかに体型がオバハンで、厚化粧。イタリア人だから「お直し」もしていないらしいのは結構ですけど、もう、あの萬田久子と同じで「痛い」(笑)。主なヒロイン、フランス女優のレア・セドゥ。「今度の役は、ボンドと対等、頭のよい役だから引き受けた」……っていう発想がバカ(笑)。『ブルーは熱い色』の雄々しさは陰をひそめ、演技もイマイチ。フツーのボンドガールじゃん(笑)! ボンドもそうだけど、なにも荷物を持ってないのに衣装は次々変えて(笑)。タンジールだったかの古いホテルで同室でなければならないシチュエーションに、「触ったら殺すわよ!」は笑わせる。しかし、あっけなく「恋人」同士になってしまって、見てる方も呆気にとられた。いまどき、こんなに紋切り型でいいの? 


 


 ……てな具合に、物語は、どこも新しいところがなく進んでいく。まあ、長い伝統のシリーズであり、誰もが知ってる「ヒーロー」(?)なので、NHK「紅白」見るみたいに見てしまうのだが(笑)、「紅白」同様、表面楽しみながらも、内心「いったいいつまで続くんだ? もういいかげんにやめろ!」と思っている人も多いに違いない。『男はつらいよ』は主演の渥美清の死とともに終わってしまって、「リターン」することもなかったし、あれは渥美清=トラさんだったけど、このボンドは、次々役者を変えて続いていく。さあて、お次は? あ、ジェイク・ギレンホールだったら見ます(爆)!

 

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『Re:LIFE〜リライフ〜 』──エレガントなダメ男ヒューの魅力満載(★★★★★) [映画レビュー]

『Re:LIFE〜リライフ〜 』(マーク・ローレンス監督、2014年、原題『THE REWRITE』


 


 監督のマーク・ローレンスのノリと嗜好が好みである。さすが、ニューヨークはブルックリン出身。軽いけど、ただの軽さではなく、ひねりも皮肉も、毒舌も、知的ウィットも、混ぜ込んである。一見笑ってオシマイのロマンチックコメディながら、キャラクターの細部もきちんと作り込んである。


 そんな作品には、ぴったりなのは、そう、「あのヒト」しかいない。毎度ノーテンキでドライなダメ男役が板についた、(一応)「イギリス紳士」、ヒュー・グラントである。英国なまりも、ニューヨーク州の片田舎では、おバカに聞こえるらしく、そんなシーンもちらりとある。


 「前作」、『ラブソング』ができるまでと、だいたい同じパターンながら、バージョン・アップしている(笑)。その前には、サンドラ・ブロック相手のラブコメ、『トゥーウィークス・ノティス』という作品もあった。どれも、ダメな男が、真実の愛(のようなもの)に目覚めるハナシである。


 が、今回がいちばんいい! すでに(撮影当時)55歳のヒュー、もう「昔はアイドル」じゃ、魅力がない。もっと「おとなな」魅力がほしい、ということで、今回、かつてはアカデミー賞も取ったが、「売れなくなって久しい」脚本家。職を求めて、不本意な、田舎大学の「脚本コース」講師に。70人の履修希望者のうち、10人を選ばねばならない。このへん、田舎の大学とはいえ、少数制で、よくできている。30ページだったかの学生が書いた脚本全部を読んで、受講生を決めなければならないが、メンドーだから、「顔写真で決めてしまう」ヒュー(笑)。このいいかげんさを、「じっくり」描いている(笑)。


 当然美人女子大生と不適切な関係。コワモテ女教授を怒らせてのご機嫌取り。などなど、毎度といえば毎度のパターンながら、大学の生活、脚本の書き方(これはローレンス監督、得意の分野だ)、などなどが、きちんと盛り込んである。


 このダメ男がステキなところは、公正なところ。才能ありげな男子学生をハリウッドに売り込んでやる。自分は身を引く。そして、結局、学生ひとりひとりを指導して向上させる。


 とくに、「年相応」のお相手、シングル・マザーの学生、マリサ・トメイ。このひとがうまいんだ。監督と同じNY出身で。このマリサが、生活のために、いろんな仕事を掛け持ちでやっていて、あるときは、大学の購買部、あるときは学食、あるときはレストラン、などで、ヒューの行くとこと行くとこ、現れる。しまいに、彼女の真面目さにほだされるという、かなりまっとうなラブ・ストーリー。こんな時代、まっとうさがまぶしい(笑)。ヒュー・グラントは、私にとって、「夢の恋人」というより、「感情移入できる」男。はぁ?


 あ、そうそう。『ラブソング……』同様、「売れてた時代の若き日」がちらりと出るが、アカデミー賞授賞式で挨拶している場面。長髪の、あきらかに若い(!)ヒュー・グラントが、「英国美形」時代の片鱗を覗かせている。それも魅力。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

『検証 「イスラム国」人質事件』──記者の基本から見えてくるもの(★★★★★) [Book]

『検証 「イスラム国」人質事件』(朝日新聞取材班、2015年6月27日刊、岩波書店刊)


 


 パリの同時多発テロ後に必要があって本書を読んだ。というのも、ネットには、基礎的な事実ではなく、不確かな情報をもとに、まことしやかな言説のみが垂れ流されているといった印象を持ったからだ。信頼性のあるニュースソースを明示、そのうえで、自分の考えを述べるのが基本だと思った。


 その点は本書は、記者の基本がきちんと遂行されている。2014年の1月に発覚した「日本人人質事件」が、どの時点から、はじまり、どこで終わったかを、犠牲者の経歴、危険地域に入った状況、「イスラム国」というものの成り立ち、関係者への取材、とりわけ、日本政府=安倍政権の動きを、細部に至るまで、正当な取材かつ、私見を述べずに淡々と綴られている。巻末には、客観的に評価しうるキャリアのある識者へのインタビュー2件も付いている。


 そういう静かな記述の本書であるが、驚くべき事実が浮かび上がる。「イスラム国」の「領土」(それはシリアにあるが)は、フランスより広い。だが、戦艦も飛行機も持っていないので、突然外国に攻め入ることは(2014年の時点では)不可能である。だが、国家を目ざしているので、地元民を取り込み、インフラの整備、子供たちへポリオワクチンを配ったりしている。一方で、ネットなどに残酷な動画を流し、国と国とをジレンマに陥らせて、欧米を中心とする諸国の関係を混乱に陥れている。その「攻略」はかなり巧妙である。


 こうした相手に対して、日本政府=安倍政権は、「テロリストとは交渉しない」をモットーとして、「それなり」努力した、その記録でもある。だが、この「努力」は、どうやら、逆効果であったようだ。まず、「テロリスト」と呼んだ時点で、火に油を注ぐ行為だったと、識者は指摘する。


 もうひとつのまずい点は、後藤さんの妻とIS(「イスラム国」)との直接のメールのやりとりを完全に無視したことである。つまり、日本政府は、一度として、ISとは、直接交渉しなかった。「テロリストとは交渉しない」という言葉は、聞こえはいいが、ひとりひとりの命はどーでもいいということである。


 さて、本書が出版された時点では、まだ、パリのテロは起こっていなかった。それが起こって、世界中がまたISについて騒ぎ出している時に本書を読めば、少しは見えてくるものもある。欧米に都合のいいように分断された中東は、どのような「復讐」をしてくるのかということである。ISの側に立つ気持ちは毛頭なくても、中東の軍事政権は同じような斬首やテロをしていたのだし、それがネットで流されなかったいうだけであるという事実は揺るがないし、またそういう政権を、欧米は支援もしてきたのだということである。


 


 それから、本書から受け取った「オマケ」として、安倍首相は、かつて福田赳夫首相が、「超法規」的措置として、日航機ハイジャック事件(1977年)で、「人の命は地球より重い」として、犯人の要求に応じ、拘束犯を釈放し、身代金600万ドルを払った「ダッカ事件」を、「憲法違反」と批判していることである(笑)。まあ、だから、憲法を変えるというハナシにもつながるのであるが。昔の政治家の方がエラかったのでは?


 




 

検証 「イスラム国」人質事件

検証 「イスラム国」人質事件

  • 作者: 朝日新聞取材班
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2015/06/27
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『コードネーム U.N.C.L.E. 』──イケメンふたりのキッチュなスパイもの(★★★★★) [映画レビュー]

『コードネーム U.N.C.L.E. 』(ガイ・リッチー監督、2015年、原題『THE MAN FROM U.N.C.L.E.』)


 


 正直申せば(笑)小学生の頃、見ていた記憶のある、『0011ナポレオン・ソロ』。黒髪のシブイオッサンのソロと、金髪マッシュルームカットのクリアキン。スパイものであったことはわかっていたけど、どーゆーオハナシかは見えず、なんとなくテープレコーダーが「消滅する」、『スパイ大作戦』(現『ミッション・インポッシブル』)の方が好みだった。しかし当時、クリアキンは、けっこー人気があった。かわいくて。そのクリアキンを、なんと、190センチ超の、アーミー・ハマーが演じる。このくらいでかいと、フツー、ジャイアント馬場みたいな顔になる(失礼(笑))のだが、顔はあくまで端整。そこが新しい魅力かなと思う。とにかく、ソロ役も、オッサンではなく、32歳イギリス・イケメン正統派のヘンリー・カヴィルで、これを、ガイ・リッチーがリメイクするなら、なにを差し置いても駆けつけなくっちゃであったが、実際、期待を裏切らないできだった。


 とくに、『007』や『M:I』のように、時代を現代にしていないところが、妙におしゃれ。1960年代前半まんまで作るには、けっこー難易度高いと思う。第一、「ハイテクのはじまり」ではあるが、今ほどハイテクでもなく、そこの「考証」が難しいし、そういう時代でも、「胸のすくスパイもの」に作るには技術がいる。しかし、あえてそういう難易度の高い設定にした甲斐はあって、キッチュなおしゃれ、手応えのある物語感、遊びのあるディテールで、久々映画を観る楽しみを味あわせてくれる。

 


 「ヒロイン」も、よく見かける英米女優ではなく、スウェーデンのアリシア・ヴィカンダーを起用し、身のこなしがハツラツ、かつかわいい。どこかアンナ・カリーナの香りのするコケティッシュが雰囲気を盛り上げている。


 いきなりのオープニングのタイトル・バックからして、「おおーッ!」と思わせるセンスだし、ダニエル・ペンバートンの音楽も心憎い。

 


 思えば、この時代から、国を超えて協力し合い、「国家を超えた悪」に挑まなければならない事態がはじまったとも言える。あ、そうそう。ヒュー・グラントの「上司」。わけわからんオッサンという感じだが、実年齢からすると、あんなもんだろう(笑)。

 

 


世界中「トリコロール化」について [世界]

今回驚いたのは、アメリカでけっこう「トリコロール」を風景に使い、「哀悼の意」を表していたことだ。とりあえず「トリコロール」にしておけば、なにか対面が保たれるというのもあるのではないか? おしゃれだし(笑)。

 

「他の残酷な死、〔ボスニアの〕スレブレニツァからルワンダにいたる地域で失われた生命と、これらの死とは、どこか違うという考え方もまた野蛮です」

 

(スーザン・ソンタグ『この時代に想う テロへの眼差し』(NTT出版、2002年刊)

 

 

本書は、アメリカの2001年9月11日の同時多発テロについての「感想」であるが、今回のパリの同時多発テロと重なる部分もあり、重ならない部分もある。重ならない部分とは、ソンタグはすでに亡く、当時、氏は、「いまのテロリズムのもっとも重要な点は、国家を超越していることだ」と言っているが、IS「イスラム国」は、国家を築こうとしていることにまでは想像が及んでいない。事態はさらに驚愕に値するのだ。しかし、彼女の、「モラリストになることに内在する堕落」への警告は真摯に受けとめようと思う。世界中で発信される「トリコロール」は、モラリストであることへの表明にも取れる。


 

この時代に想うテロへの眼差し

この時代に想うテロへの眼差し

  • 作者: スーザン ソンタグ
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 単行本

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『サヨナラの代わりに』──切り札の見せ方(★★★★★) [映画レビュー]

『サヨナラの代わりに』(ジョージ・C・ウルフ監督、 2014年、原題『YOU'RE NOT YOU』)


 


 ホーキング博士を演じた、エディ・レドメインもそうであるが、病気によって普段とは違った体の動かし方をする演技というのは、病弱どころか、その逆の、しなやかな身体あってはじめて核心に迫る演技ができる。それを体現したのが、オリンピック選手レベル(とくに水泳)の運動神経の持ち主のヒラリー・スワンクである。二度のアカデミー賞を取っているのに、わりあい地味な存在で、しかしその演技をじっくり鑑賞すれば、それだけのことは納得させる演技力である。


 


 そういう「頑強」な身体を、「あえて隠して」の、ALSで全身が麻痺していく役柄である。結果は、患っているのに、どこか美しさ、優雅さが出ている。それでこそ、ほんとうにこの病気で苦しんでいる人々を貶めないということができる。一方、病気の彼女の世話をする、はみ出し野郎(女子ですが(笑))とのコンビは、当然、フランス映画の『最強のふたり』を思い出すが、そのエミー・ロッサムは、子供の頃からオペラを習っていた、最強の歌手であるが、イマイチ舞台にあがると怖じ気づいて歌えないという欠点を持つ、歌手志望の女子大生を演じている。これも、特技の歌をあえて「隠している」。


 


 物語は、何不自由ない生活のヒラリーは、弁護士でイケメンの夫、自分もピアニストとしてのキャリアを持っていた、と、ステロタイプの設定で始まる。友人たちとのリッチなつきあい──。しかし、どこかわざとらしさがつきまとっていることは、最初からなんとなく感じられる。それが突然の難病の発病によって崩壊していく。原題は、「あなたは、あなたではない」。つまり、「ほんとうのあなたは、もっとちがうはず」という意味が込められている。主人公ヒラリー・スワンクは、病気になることによって、エミー・ロッサムに出会い、ふたりは触れあうことによって、信頼しあい、ほんとうの自分に目覚める。それから、やはり案の定の展開になっていくが、ここでも、ふたりは、互いの演技力によって上質の見せ場を作り出している。


 とくに最後、「ダメ歌手」のエミー・ロッサムが舞台で最高の歌唱を見せるクロージングは鳥肌ものである。確かに涙なくして見られない作ではあるが、「ああこうやって切り札というものは見せるものか」と、そんなふうに感じさせられた。

 

 



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『顔のないヒトラーたち』──「年寄りを捕らえてみればナチスかな」(★★★★★) [映画レビュー]

『顔のないヒトラーたち』(ジュリオ・リッチャレッリ監督、2014年、原題『IM LABYRINTH DES SCHWEIGENS/LABYRINTH OF LIES』

 

「アウシュヴィッツ以後詩を書くことは野蛮だ」などというアドルノの有名な言葉があるが、その「アウシュヴィッツ」は、初めから誰もが知っている存在としてあったのではなく、本作が描くように、「発見され、告発されねばならなかった」。それでこそ、「あのアウシュヴィッツ」は、アウシュヴィッツとして存在する。本作は、ドイツで、ある新聞記者が検事局へ告発に行って、まったく相手にされないところから始まる。それは1958年のことで、ドイツでは、ナチスの記憶など忘れてしまいたいところであった。この時点で、今誰でもが知っている「アウシュヴィッツ」を、ドイツ人でさえもが知らなかった。

 過去の傷など誰も掘り起こしたくない。だが、検事総長は虎視眈々と掘り起こされるのを待っていたかのように見受けられる。そこへ1930年生まれ(つまり、「当時」、加害者(ナチの兵士等)であり得る可能性のない、正義感溢れる若手検事に、すべての調査が託される。殺人に関してのみ、時効が生きていて、証人を集める。しだいに明らかにされていく、耳目を覆いたくなるような事実──。

 細部が事実と違うとか、エンターテインメントな要素などいらないというレビュアーもいるが、映画は、表現であるかぎり、すべてエンターテインメントである。恋も愛も、ラブシーンもあっていい。とくに、徐々に事実を知り、誰でもナチであり得た時代、もしかしたら、自分の父もナチだったのではないか? と疑いを持ち始める、新米検事のヨハン役の、アレクサンダー・フェーリングの端整な表情がいい。この端整さが表しうる世界がある。それが、ドイツがドイツの犯罪を告発することに目覚めるという世界である。

 ポーランドのアウシュヴィッツで行われた歴史的「犯罪」を暴くことにまったく乗り気でなかった検事局の人々も、やがて真剣になっていく。

 これはドイツ人が法の中で、反省し、おのれの過去を裁こうというハナシだが、これとはべつに、ユダヤ組織も、元ナチの「犯罪者」を追っている。映画にもあるように、幹部だった老人たちはたいてい南米へ逃亡するが、そこへもユダヤ組織は執拗に追っていく。フランスなどもこうした元ナチの老人を裁いている(Ex.バルビー裁判)が、こうした「人道に背いた罪」には、時効はない。 

  老人を捕らえてみればナチスかな  内藤陳 

 

 悲惨な事実は事実として浮かび上がらせながら、画像的には極力抑えめなのが、フェーリングの上品な風貌とよく合って、心地よいカタルシスに満たされる。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」 [哲学]

 最近、ドイツ人自身が「ナチ」を検証、告発というスタンスを明確にしているが、それは、とりもなおさず、世界の、日本の、「ナチ的」状況を浮かび上がらせる。




 たまたま、FB友の詩人の伊藤浩子さんが、ベンヤミンの「遺稿」「歴史の概念について」をもとにし、それに「伝記」と「評注」を付けた本を、読書会で取り上げられたということで、アップしていたのを見て、自分も、ベンヤミンの和訳本は多々持っていたが、「物語作家」以外のテキストは、「積ん読」状態に近かったのを思い出した。とりわけ、英訳の選集は、以前に丸善でバーゲン(といっても、1冊3700円くらいだった)していて、購入していたので、この機会に開いてみた。といっても、多少の線は引かれていたが(笑)。


4巻本の本選集は、年代ごとに分かれているのだが、第4巻は、1938年から1940年で、遺稿、「On the Concept of History」(「歴史の概念について」)は、アフォリズム風の断章形式で、本巻で、7ページしかない。補遺「Paralipomena to "On the Concept of History")は、「異本」を説明したものだが、これも約7ページ。本選集は、Indexを含めて477ページだから、いかに「少ないテクスト」であるかがわかる。本テキストの後、「テディ」と呼んだ、アドルノへの手紙が付されて、ベンヤミン執筆のテキストは終わっている。その後、Chronology1938〜1940が付され、これを見ると、1940年9月26日、ベンヤミンは友人の女性(ただの友人のようだ)とマルセイユからスペインに車で入ろうとするが(スペインからポルトガル、そこから米国へ亡命する予定だった)、スペイン国境はその日閉鎖された。マルセイユの小さなホテルにとどまり、そこで、考慮の末、大量のモルヒネを飲んだ。書類鞄には、原稿は見あたらなかった。友人は、すぐには、自殺と発覚しないよう画策したようだ。その翌日、スペイン国境は、再び開かれた。




 ベンヤミンの著作がどれほど「歴史」に影響を与えたはわからないが、アドルノの仕事の方がそれよりはるかに重要であると思われる。とりわけ、




 「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」




 という有名な命題は、『プリズメン』(ちくま学芸文庫、渡辺祐邦、三原弟平訳)という「エッセイ集」の、冒頭のエッセイ「文化批判と社会」というエッセイの、終わり部分の箇所に、さりげなく差し挟まれている。




 「社会がより全体的になれば、それに応じて精神もさらに物象化されてゆき、自力で物象化を振り切ろうとする精神の企ては、ますます逆説的になる。宿命に関する最低の意識でさえ、悪くすると無駄話に堕するおそれがある。文化批判は、文化と野蛮の弁証法の最終段階に直面している。アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である。そしてそのことがまた、今日詩を書くことが不可能になった理由を語り出す認識を侵食する。絶対的物象化は、かつては精神の進歩を自分の一要素として前提していたが、いまはそれは精神を完全に呑み尽くそうとしている。批判的精神は、自己満足的に世界を観照して自己のもとにとどまっている限り、この絶対的物象化に太刀打ちできない」




 これは、わかりやすく言えば、いかなる文化批判も、その批判の文章が既存のメディア権力のもとに発表されるかぎりは、それは権力の助けを借りているということである。いかなる政府批判も、既存の新聞等に発表されれば、それはその権力の助けを借りているのである。しかし、それをしなければ、人々のもとに届かず、そこに矛盾が起こる。こうしたことを意識すべくであると喚起している。


しかしながら、この「エッセイ」は、難解で、ヘーゲルを読んでいることが前提とされる。




 


川上未映子『あこがれ』──まるで「ぬりえ」のような害のない世界(★★★) [Book]

『あこがれ』(川上未映子著、2015年10月、新潮社刊)

 


 本書は、二章からなるが、この二章は、それぞれ、『新潮』に一篇ずつ発表された。第一章「ミス・アイスサンドイッチ」の冒頭数ページは出色のできで、それは、少年(小学四年?)が「話者」であるが、言葉の出てき方が、まるで詩である。このレベルを保って、終わるまで貫かれていれば、世紀に残る大傑作ではないかと興奮したが、やがて、「ありがちな少年少女の物語」へと収束していく。


 第一章が少年なら、第二章「苺ジャムから苺をひけば」の「話者」は相手の少女なのだろうな、と思っていると、まったくそのとおりで、感傷的な「母恋モノ」に、一章ではユニークであった少年が、ものわかりがよく優しいだけのボーイフレンドになって、「現実世界ではあり得ない小学生時代の日々」で終わる。


 


 このミステリーがすごい大賞だったか、最近の受賞作に、『女王は帰らない』という小学校カーストモノがあり、さすがにミステリーだから残酷に作られているが、本書のように、子供たちは互いをあだ名で呼んでいたり、会話の調子など、共通点が見受けられる。この著者の『ヘヴン』も、少年少女ものだったし、こと少年少女の内面を書かせたら、なかなか読ませるのであるが、やはり、大人の読者には、少々もの足りないかなと思う。おとなの世界が書けないのか?


 


 本作を映画に絡めるなら、当然、ウェス・アンダーソンの、『ムーンライズ・キングダム』(2012年)である。あの映画のように、少年と少女は、駆け落ちするのかなと思ったら、文科省も推薦の(笑)、清潔な友情で終わっている。「思春期寸前の少年少女」ということだが、トリュフォーの『思春期』だって、もっと低年齢であった。本作には、現実世界の汚らしいこと、複雑なこと、絶望的なことはほとんど書かれておらず、第二章では、主人公の少年少女は、六年生になるのだが、肉体の変化や、それにともなう世界との齟齬も、まったく描かれていない。


 



 

あこがれ

あこがれ

  • 作者: 川上 未映子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る