So-net無料ブログ作成

『ヘイル、シーザー!』──心は硬派の血が通う〜♪(★★★★★) [映画レビュー]

『ヘイル、シーザー』( ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、2016年、原題『HAIL, CAESAR!』


 


 つまらないと言っている人々は、以下のことが、たとえ漠然とではあっても、知識として欠けているのではないかと思った。


 


 1910年代から活動を始めたハリウッドには、それなりの歴史があり、とくに、1940年代後半から50年代にかけて、大々的なシステムの崩壊に見舞われた。「それはまず、映画とは無縁の企業家たちによる驚くほど野蛮な撮影所の買収ゲームとして始まる」(蓮實重彥『ハリウッド映画史講義』)


 テレビの登場による映画産業の衰退、最高裁による独占禁止法抵触への判決によって、製作部門と営業部門の分離の義務づけ。「赤狩り」による左翼映画人の追放。


 本作はまさに、そういう時代に設定されている。ゆえに、ジョシュ・ブローリン扮する「仕事はきっちり」の、プロデューサーというにはその仕事が、あまりに多岐にわたる「何でも屋」は、その当時をときめくロッキード社からたびたび、引き抜きの魔の手が伸びる。この頃から始まったロ社の「悪事」のひとつ、核実験の写真を、いかがわしい中華料理屋(?)で見せられ、ブローリンはハッとする。しかし、いかなる好条件をも蹴って、ハリウッドに忠義をたてる。一応「経験なクリスチャン」で、ときどき教会で告晦を行うも、その内容は、「禁煙を誓ったけど、二三本吸ってしまいました」だ。「困ったちゃん」の俳優たちに「贈る」容赦のない往復ビンタにも胸がすく(笑)。


 


 以下、ハリウッドにありがちなスターたちの、現実の姿が語られる。動物係のあんちゃんだったアルデン・エーレンライクは、その「器用さ」が買われ、カウボーイ役スターとなっている。しかし演技は「ど下手」。一見清純派のスカーレット・ヨハンソンは、結婚しないまま子どもを産んでも「お嬢さん」と呼ばれることを強要する、すれっからし女優。得たいのしれないフランシス・マクドーマンドの「ベテラン編集者」の「仕事ぶり」にも笑わせられる。


 


 しかし、本作の白眉は、なんといっても、お馬鹿な大物スター、シーザー役のジョージ・クルーニーの誘拐であり、犯人は、なんと、赤狩り対象たち、共産主義者集団である。このなかには、マルクーゼまでおり、激しい皮肉が効いている。まさに赤狩り対象たちの反逆である。さらに胸のすくことに、「みんなのあこがれミュージカルスター」のチャニング・テイタムが、共産主義者たちの「スター」でもあって、撮影所から奪った身代金入りスーツケースを持って、共産主義者たちの漕ぐボートに乗って海上に乗り出すと、そこに、ソ連の潜水艦が出現する。テイタムは金を持って亡命……という手はずが、共産主義者たちに預けた愛犬が、潜水艦に乗り移ろうとしているテイタムの腕の中に飛び込み、そのはずみで、大金の入ったスーツケースは……「ぼちゃん!」と、海中へ落ち沈んでいく──。一堂、あわあわあわ……とそれを見守る。ま、いっか。という表情をするテイタム。犬が彼の腕目がけて飛んだ際に、彼は愛犬の名を呼んだ。「エンゲルス!」(爆)……そう、ここで「爆」となれなければ、この映画は、とても、面白いとは言えないだろう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『マクベス』──映画史に残るかも知れない(★★★★★) [映画レビュー]

『マクベス』(ジャスティン・カーゼル監督、 2015年、原題『MACBETH』)


 


  本作がどの国の人々に向けて作られたかが問題である。なぜなら、イギリス人にとって、『マクベス』の物語など誰でも知っている。ネタバレもなにもない。しかも、シェークスピアの時代には、舞台装置はなく、暗いなかで、男たちだけで演じられた。つまり、言葉だけで、背景や状況を説明しなければならず、しかもその言葉は詩なのである。


 いやしくも、シェークスピアの作品そのままを映画化するなら、言葉は当然、原文でなければ、シェークスピア作品ではなくなってしまう。だから、クロサワの作品が、『マクベス』ではなく、『蜘蛛の巣城』(英語の題名も、『Throne of Blood(血の王座)』となっている。なるほど、「ストーリー」は、「マクベス」そのままである。とはいえ、本作は、ポランスキー、オーソン・ウェルズとあるなかで、いちばんクロサワに近いのである。山の多いスコットランドの広大な風景の中で無数の兵たちの合戦がロングで撮られる構図は、そのまま、武者たちが闘い合う、クロサワの『蜘蛛の巣城』である。ただ、『蜘蛛の巣城』は怪奇映画となっている。撮影期間23日間で、「B級」として撮られた、オーソン・ウェルズの『マクベス』も、見たとこ、怪奇というかホラーじたてである。ポランスキー作も、やはり怪奇味を帯びている。


 時間順に並べると、ウェルズ監督作(1948年)、クロサワ(57年)、ポランスキー(71年)となる。おそらくは、ウェルズの「怪奇」が範をなしていると思われる。


 さて、言葉が本体であるシェークスピア作品そのものの映像化は、いかにあるべきか。やはり、言葉と拮抗し合う映像があるべきである。イングランドにはほとんど山がない。平地がいきなり森になっている。一方スコットランドは山岳地帯である。「森が動く」。本作はそのあたりをうまく映像化していると思った。シェークスピアが見たら、さぞかし満足することだろう。しかも主役の二人は、「ヨーロッパ人が美しいと認める」演技派男女優である。


 さらに、本作の特徴に、子どもの導入がある。戯曲には、「王になる」と魔女に予言されるバンクォーの息子、フリーアンスも、幼い子どもであるということは書かれていない。魔女たちのなかにも、子どもの姿が混じっていた。しかも魔女の顔の表面に、ホチキスの歯の跡のような数本の筋が目立っていた。それがどうも、魔女のしるしのようだった。


 全体に透明感のある、「怪奇」からは脱した『マクベス』であった。なにか物々しい物語や、面白い展開を期待していた日本の映画ファンは、どこか肩すかしを食わされたように思うかもしれない。日本では低評価ながら、映画史には残るかも知れない。


 ことほどさように、「詩」を映画の字幕に変換するのは、難題である。そこで、ひさびさ、戸田のナッチャンがご登場となったのか。ファスベンダーもコティヤールも、原文そのままをしゃべっていたと思う。ただ、コティヤールの英語は、クィーンズイングリッシュには聞こえなかったが、マクベス夫人とは、どこの馬の骨とも知れないとも言えるので、それでもいいのではないかと思った。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パナマ文書 [事件]

【パナマ文書】


 


 世間をにぎわしている、いわゆる「パナマ文書」は、南ドイツ新聞が最初に報道した。


 税金の低い地域に会社などを設立してそこに多くの金を送り、本国での課税を逃れようとする「手段」は、これまでも多くの著名人が利用してきて、それじたいを法律でじかに問うことは難しいようだが、それが政治家の場合は、倫理感を問われ、スキャンダルになる。いま、いちばん「有名」なのが、イギリスのキャメロン首相で、親が「租税回避地」に会社を作って投資し、キャメロン自身も、利益を得てきて、その釈明に追われる日々である。


 そのもとのデータである、「パナマ文書」とは、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した膨大な内分文書で、この事務所は、現地での法人設立を請け負っていた。


 今回、なにが半端でないといって、そのデータ量である。


 「電子メールや契約書、パスポートの写しなど、分量にして2.6テラバイト、ファイル数で、1150万件。77年から昨年12月まで40年近くにわたる情報が、含まれており、政治家や経済人、有名スポーツ選手など世界のトップクラスの富豪の個人情報や取引状況がつぶさに記録されている」(『Newsweek』日本版、2016.4.19号)


 


「国家ぐるみの関与も発覚している。北朝鮮は英領バージン諸島にペーパーカンパニーを設立し、国際的な経済制裁の網をかいくぐって核開発費を調達していたとみられる」(同上)


「匿名の情報源から寄せられたモサック・フォンセカの内部文書を南ドイツ新聞が入手したのは1年前のことだ。一社では手に負えないと判断した同社は、76カ国、107の報道機関と提携し、370人以上のジャーナリストを擁する国際調査報道ジャーナリスト連盟(ICIJ)と情報を共有して解析作業を進めてきた」(同上)


「今回の暴露によって、租税回避地への資産移転がただでさえ大きい格差をさらに拡大する装置として機能していたことが明らかになった」(同上)


 


 全データを解析にするには、まだまだ時間がかかるようだが、「われわれ」になじみのある名前としては、スタンリー・キューブリック(『2001年パナマへの旅』とか(笑))、ジャッキー・チェン、プーチン、習近平などがあがっている。


 


 ただ、冷泉彰彦氏のブログなどを見ると、アメリカではそう騒がれていないそうで、その理由としては、租税回避を是とする思想が一般的になっているようである。


 


 しかし、これから出てくるデータによってはどうかな? である。これは地震と同じで、「自分のことろはまだ大丈夫」という意味のない安心から来ているのかもしれない。


 


 この「事件」で思い出すのは、アメリカ大リーグ、マーリンズのイチロー選手である。彼について、昔読んだことがあるのだが、イチローは、恩返しのための自分の国への愛のために、税金は日本で納めているそうだ。これが確かで、まだ続いているとしたら、やはり超一流の選手は、基本的な考え方もりっぱである、ということである。


 


 で、パナマ文書に戻れば、リークした人は誰だろう? である。やはり内部の人間か、あるいは、ハッカーか。いずれにしろ、最初の南ドイツ新聞への接触は、その新聞社の記者とのやりとりであるが、リーク者の安全を守るために、使用した電子機器(電話やラップトップのハードドライブ)は、破壊したそうである(web版「Newsweek」「パナマ文書はどうやって世に出たのか」小林恭子(在英ジャーナリスト)。


 


 この情報量は、10年の「ウィキリークス」がアメリカの外交公電を公開した事件や、CIA元職員の、エドワード・スノーデンが米国家安全保障局(NSA)のスパイ行為を暴露した事件をはるかにしのぐとされる。


 すごいミステリーである。しかも、上記二事件とちがって、世界の貧富の格差にも関係するとあれば、今後も目が離せない事件である。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る