So-net無料ブログ作成
検索選択

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』──ハリウッドで最もかっこいい男(★★★★★) [映画レビュー]

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(ジェイ・ローチ監督、2015年、原題『TRUMBO』)

 

 反骨の男はかっこいい。それが、書く才能があって、家族を愛する心やさしい男だったらなおさらである。それに反して、本作に登場する、ハリウッドのスター俳優役の男のように、最初は資金面で協力するが、下院非米活動委員会に喚ばれ、裏切って「共産主義者たち」の氏名を言ってしまい、その後、金を返しに来た主人公に言い訳をしている男は、みっともない。言い訳というのは、裏切りよりもみっともない。

 第二次大戦後のハリウッドには、ソ連をはじめ、東欧圏からの移民や、ニューヨークで芝居をやっていたインテリなどが集まり、脚本家や監督などに、リベラルな人々がいた。いわゆる「赤狩り」は、そうした人々に魔の手を延ばし、徹底的に思想弾圧した。これは国家全体というより一部の政治家によって行われた措置だった。ハリウッドの中にはそうした措置に協力する人々もいた。

 コーエン兄弟の『ヘイル・シーザー』といい、ようやく、ハリウッドがそういうものを、リベラルの側から語り始めたのは、アメリカ自体が大きく変わってきた証である。

 そういう思想弾圧の時代に、思想を貫き、しかも、自分なりの戦いをし、たとえ名義は違っても、歴史的な名作を残していくダルトン・トランボは、今の時代のヒーローである。風貌はただのオッサンであるが、そういう人物が主人公の映画ができるようになったのも、ハリウッドの大きな変化である。

 作中には、いろいろ心に残る台詞や場面がある。議会での証言を拒否して投獄されるトランボは、獄中で、赤狩りに協力的だった同業者で、脱税で投獄されていた男に出くわすが、「お互い同じ行く末だったな」みたいなことを言われると、「そっちはホンモノの犯罪で入ったんだろ」と言う。

 赤だろうとなんだろうと、おもしろい脚本さえ書けば誰だっていいという構えの、ジョン・グッドマンが社長を演じる、二流映画専門会社の存在もおもしろい。ハリウッドの一流どころを干されたトランボは、ここでもじゃんじゃん書く。

 トランボ役の、ブライアン・クランストンもいい味出しているが、彼の妻、クレオ役のダイアン・レインがいい。知的でやさしさに溢れ、いくつになっても、それこそ子役時代の利発な少女といった風貌が消えずにあるところがすばらしい。「カーク・ダグラス」も、思想を貫くかっこいい男として表現されている。

 



バーニー・サンダース、ヒラリー・クリントン支持を表明 [世界]

ヒラリー・クリントン「ありがとう、バーニー。あなたととも闘うことを誇りに思います」

 

ライバルだったバーニー・サンダース、選挙レースから降り、「彼女側に立つことを誇りに思います」と、ヒラリー支持を表明。こういうところが、アメリカ人は潔いし、政治がどういうものかわかっているな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

自民圧勝分析 [政治]

【自民圧勝分析】


 


 参院選挙前のNHKの街頭インタビューで、(編集されているだろうなかに)60がらみの女性が、「アベノミクスに期待したいですね」などと答えていた。「アベノミクスに期待する」とは、いまだに、というか最近またよく聞く言葉であるが、これは、安倍政権側が、選挙の餌(えさ)としてばらまいたものと思われる。果たして、「アベノミクスに期待する」といった人々のなかのどれだけの人が、アベノミクスとは、どのような「経済事態」を意味するのか、わかっていたのだろうか? このレーガノミクスをもじったスローガンのような言葉は、口当たりこそよけれ、経済学的に実証するには、非常に複雑で難解なものである。以下、ケンブリッジでケインズ理論を学んだ、理論経済学者の伊東光晴氏の著書、『アベノミクス批判 四本の矢を折る』(岩波書店)から引用(カッコで示している)、整理しておく。


 


 なお、安倍首相の掲げる経済政策は、3本の矢であるが、4本目の矢として、「改憲」があると見て、伊藤氏は、この本の出版時(2014年7月)には、「隠された第四の矢」としている。


 


 しかし、今回の選挙、「自民圧勝」の後、ついに、この4本目の矢を堂々と持ち出したようである。


 


 つまり、安倍首相の今回の参院選の戦略は、選挙前は、アベノミクスの儲け話の幻想で、欲の皮の突っ張った小金持ちと、もしかしたらいいことあるかもしれないと、軽い気持ちで飛びつくバカを釣り、選挙後は、「改憲へのご支持と受けとめた」と、餌を引っ込め、改憲(世界のナショナリズムの波に乗り、自分の存在価値を主張(実際は、「空気というか事態を読めず、欧米先進国の指導者からは浮いている))を取り出したと見た。


 


しかし、あまりものごとを深く考えない人々は、「改憲? いいんじゃないの、古いし」。そう、改憲派の多くのオッサンたち(ネットで主張している人々は、年寄りのジジイが多い)は、「古い」を改憲の理由にあげている。古いのは、おまえだろー! です。古いことが改憲の理由なら、こういうジジイたちも、難民の子どもたちとでも交換したいです(爆)。


 


*****


 


第一の矢→金融政策


 


 「通貨供給量の大幅な増加とは、銀行が所有している国債等を中央銀行である日銀が買い取り、その代金を各銀行が日銀に保有している当座預金勘定に払い込む」


 「銀行は利子のつかない当座預金を引き出し、企業に融資し、利子を稼ぎたい」しかし、(こげつく危険のない)優良な借りてはなかなかない。


 海外もゼロ金利政策をしているので、円を海外に移して利子を稼ぐこともできない。


「その結果、日銀の通貨供給量の増加分は海外に出ず、日銀にある(各銀行の)当座預金勘定に積み上がっている」


 


 これは、以前の日銀の状態と変わらないどころか、積み上がり量が増えているぶん悪くなっている。


 


 


第二の矢→「国土強靱化政策」


 


「近く日本を襲うかと思われている『南海トラフ地震』と『首都直下型地震』に対処して、これに耐える強靱な国土をつくろうと、10年間に200兆円の対策費を投ずるとされている」


 


「民主党政権時、『コンクリートから人へ』で、公共投資の抑制を打ちだしたものを逆にし、再び『コンクリート』が表舞台へ」


「10年間200兆円を投入するということは、たとえば、1年間に20兆円である。2014年度の公共事業関係予算は、5兆9685億円である」将来の災害用だけでなく、ほかの分野でも必要だろうことを考えれば、実現不可能なことは明白である。


 


 


第三の矢→成長戦略


 


欧米諸国が、「リーマン・ショックを超金融緩和で切り抜けたものの、投機に失敗した企業は不良債権をかかえ、低金利とはいえ、その消却のためかなりの年月をかけねばならず、そのため、経済は停滞を余儀なくされている。ちょうどそれは八〇年代の投機の失敗でバランスシートのいたんだ企業をかかえ、不況感をただよわせた日本の九〇年代のような状態である。いまは成長志向ではない」と考えているときに、経済成長を主張している政策である。


 


イメージとしては、巨額な借金返済のために地道に支払いの道を考えなければならないときに、まだ儲け話の夢を人々に売り続けるといったところだろうか。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【自民圧勝、憲法改正に関して】 [政治]

安倍首相は、今回の参院選の圧勝は、「憲法改正へのご支持と受けとめている」「全文改定するつもりだ」と発言したらしい。そういう「ニュース」が、Facebookに流れてきて思うこと。


 


******


 


フランスのドゴールは、1958年9月に、みずから起草した新憲法案を国民投票にかけて、80%の支持を得て可決された。これが今のフランスの国家体制の基礎となっている第五共和国憲法である。その特徴は、大統領権限の強化。安倍首相の頭には、あるいは、こうしたこと「よその国の例」があるのかもしれない。そして、羽田空港を、安倍晋三空港という名称として残したいのかもしれない(爆)。


 


「多数決は常に正しいのでしょうか。時々の多数意思が過ちを犯す危険を持つことは、ナポレオン帝政やナチスドイツに見るように歴史の示すところです。国民の多数が熱狂的に支持した戦前の日本も同様でした。


 それを避けるためには、そのような人間の弱さに着目する必要があります。すなわち、そのような多数意思に基づく行動に、あらかじめ歯止めをかける仕組みを用意しておかなければなりません。その仕組みこそが憲法なのです。多数決で決めることもあるけれども、多数決で決めてはいけないこともあります。多数決でも変えてはならない価値を前もって憲法の中に書き込み、民主的正当性をもった国家権力をも制限するのが立憲主義という法思想なのです」(伊藤真訳、『現代語訳 日本国憲法』訳者解説より)


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『現代語訳 日本国憲法 (ちくま新書) 』──立憲主義に意味がある(★★★★★) [Book]

『現代語訳 日本国憲法 (ちくま新書) 』(伊藤真翻訳、解説、2014年1月、筑摩書房刊)


 


 法曹界に多くの人材を送り込んでいる「伊藤塾」の塾長で、自らも弁護士資格を持つ本書の著者、伊藤真氏は、「集団的自衛権」問題の時だったか、国会で見解を述べておられた。


 


 憲法うんぬんと言っても、実際は読み通している人など、たとえ国会議員でもそうそういないのではないか。よしや読み通したとしても、難しい漢字を使った難しい表現が完全に理解できる人も少ないではないかと思われる。そういう意味において、古いとか、改正しろというなら、本書のように「現代語訳」を配布するに留めたらどうだ(笑)?


 


 実は本書は、「あとがき」に意味がある。歴史的事件を云々して氏が間違っているなどというレビュアーがいたが、これは、法的思考なのである。まず、憲法とは何か? それは、普通の法律を真逆で、国民を縛るものではなく、むしろ、国家を、国家権力の暴走を縛るものである。それが「立憲主義」という政治体制ということだ。これは、イギリスのロックが考え出した思想で、イギリス、アメリカ、フランスは採用して、とくに改憲などという声はあがっていない。なぜ改憲か? 要するに、現政権は、「強く国」に見せたいのである。そのためにいろいろ「手段」を使って、「歯止め」=憲法をかいくぐろうとしてきた。


 


1,「96条先行改正論」(憲法改正手続きを定めた96条の発議要件を、現行の3分の2から過半数に改正して憲法を改正しやすくし、9条をはじめとする他の憲法条項を次々と変えていくこと)→立憲主義は、憲法制定権力が国民にあると考えるから、国会議員にこうしたイニシャティブがあるわけではない。


 


2,「解釈改憲論」(憲法改正手続きによらず、憲法解釈の名のもとに、解釈を逸脱する法運用を行い、憲法が改正されたのと同じ事実状態を実現しようとする動き)→正面議論を避け、政府解釈を違憲の内容に変更する手法。


 


 つまり、憲法とは、個人の権利を守るというのが基本であり、それをいろいろなイデオロギーに転化してしまうのは、立憲主義という考え方が、ほとんど理解されていないため、伊藤氏は言っている。

 

 

 


現代語訳 日本国憲法 (ちくま新書)

現代語訳 日本国憲法 (ちくま新書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2014/01/07
  • メディア: 新書




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ブルックリン』──洗練とは未来へ向かっての自己投機(★★★★★) [映画レビュー]

『 ブルックリン』(ジョン・クローリー監督、2015年、


原題『BROOKLYN』)


 


 1950年代、アイルランドの田舎町から単身ニューヨークに、少女に近いような女の子が渡るとなると、すごく危険ではないか、よほどの事情があるのではないか? マリオン・コティヤールの『エヴァの告白』などを思い出してしまうが、あれは1920年代のことであり、事情は大幅に違う。というのも、本作の主人公のエイリシュは、他ならぬ姉の配慮によって、その能力を埋もれさせないために、カトリックの親しい神父とネットワークを頼りに、新天地のニューヨークへ渡る。そこには、厳しくも配慮のある管理人のいる女子寮があり、寮といっても、ブルックリンの普通の家なのだった。そこで先輩女子など、さまざまな女性と寝起きや食事をともにし、情報などを仕入れ、死ぬほどさびしいホームシックからも立ち直り、もともと持っていた進取の気性を発揮していく。


 エイリシュは、まだまだ少女少女したうぶな感じの田舎町の娘ながら、イタリア系のボーイフレンドを受け入れ、夜間大学で簿記を勉強するなど、デパートの店員からのキャリアアップをはかる。もともとが、父親はいないまでも中流の家の出で、しかし、当時のアイルランドは、ずる賢く薄情な女が経営する食料品店の店員ぐらいの職しかない。


 やがて、エイリシュはブルックリンになじんでいくが、アイルランドの最愛の姉が急死した知らせを受けて、アイルランドへ1カ月ほど帰ることにする。この時、イタリア系の恋人がいう台詞がキーポイントとなる。彼は「行く前に結婚してくれ」という。エイリシュは、「約束じゃだめなの?」と聞くが、「約束だけじゃ、もう帰って来ないような気がする」と。ここで、進取の気性がなければ、エイリシュは拒んだと思うが、彼女はすぐ承諾し、二人で役所へ行く。そこで、トニーが、妻がアイルランド出身という男性と、その子どもを介してちょっと口を聞くようなことがあった。


 それがのちに大きな伏線となる。というのも、アイルランドに帰ったエイリシュの状況は、NYへ発つ前とは大きく変わっていて、簿記のスキルを持つエイリシュには1カ月の滞在予定だというのに、臨時の仕事があり、その会社の経営者の息子はエイリシュの幼なじみで、彼も好意を示し、エイリシュの母親も、近所の人々も親友も、二人が結ばれることに大乗り気なのである。若いエイリシュは、ここもいいかも〜、故郷だし。NYのコートニーアイランドと似たような、しかしもっと空いている、海岸もあるし〜、そのカレの両親とのお茶会にも呼ばれて歓迎されるし〜……などと心が揺らぐ。それみよ、言ったこっちゃない。まあ、人間の心なんてそんなものだし、第一エイリシュはまだ若い。それは無理もない展開だ。


 しかし、昔の食料品店のオバサンがエイリシュを呼びつけて言う。「あんた、結婚してるでしょ? 役所で結婚するのを見た人がいるのよ」


 それで、エイリシュは、頭をガーンと殴られたように正気に戻り、「あ、そうだった。いけね、いけね」と思うのだった。こういう狭い、相互監視社会のような田舎を、私は抜け出して来たのだった──。私の故郷はもうここじゃない。


 「そうよ! 私の名前は、エイリシュ・ フィオレロというのよ!」とイタリア系の名字をイジワルオバサンに投げつけてやるエイリシュ。そして、泣く母と別れ、翌日にはNY行きの船に乗るのだった──。


 ブルックリンは、マンハッタンのように、摩天楼のない、今人気の一番イケてる街である。「ここはまだ、石ころごろごろ、ここはまだヤブ蚊がぶんぶーん、だけど〜、ここへ街を作ろう、ぼくたちの街、ふるさーとー♪」ってのは、かつてのNHK人形劇『ねこじゃら市』のテーマソングであるが、まったくそのとおりに、世界中の移民たちが、心地いい「ふるさと」を作っていく。


 イタリア系を恋人に選び、キャリアアップを目ざし、結婚もすぐに承諾し、常に自らを未来に向かって投機していくエイリシュ。彼女の選択は、いつも、「より開かれた方」をとっている。1950年代の時代設定ながら、かなり現代的な、というか、普遍的なテーマである。それを、視覚的にかなり共感できる、やっと少女期を抜け出た、白磁の肌にごく明るいブルーの瞳、エメラルド・グリーンに赤の似合う、NY出身の元「天才子役」のシアーシャ・ローナンが、繊細に自然に演じている。

 

broklyn.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る