So-net無料ブログ作成
検索選択

ズレてるのはどっち?──南スーダン情勢と「最高機密」認識 [政治]

 


「安倍政権が昨年9月19日、安保法制、戦争法を強行してから1年。この法制は全面的な運用段階に入ろうとしています。南スーダンPKOに派遣する自衛隊に駆けつけ警護や宿営地共同防護など、安保法制に基づく新任務を付与することを想定し、訓練を開始しましたが、武器使用基準などを定めた部隊行動基準も、いかなる訓練を行っているかも、一切、明らかにしていません。全て国民に隠してことを進めるつもりでしょうか」(共産党 志位和夫委員長)


 


http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2879368.html


 


↑この質問に対して、安倍首相は、


 


「「政府としては平和安全法制の運用には国会が従前に関与し、国会の民主的統制としての機能を果たす、との5党合意及び、国会における付帯決議の趣旨を尊重し、適切に対処してまいります。国民の皆さまに一層のご理解をいただけるよう努力を続ける考えであります」(安倍首相)


 


 と、イミフな回答をし、


 


「南スーダンの情勢は比較的安定していて、内戦状態にはない」と答えている。


 


 


また、この質問をもとに、Facebookの某氏(名前を忘れた(笑))と、泥氏(元自衛隊にいて、今は、「反自民」を標榜しているが、共産党を間接的に攻撃している)が、「どんな武器を使っているかなど、最高機密を知らせるわけがない。志位和夫委員長はズレている、と嗤っているのを、「とりあえず反自民で」のグループがシェアしていた。このあたり、「とりあえず反自民で」のグループがどういう立場なのか、何を考えているのか、疑問に思った。


 


まあ、誰も海外のサイト、ニュースなど見たりしないのだろう。まず、常識からいって、アメリカは、「南スーダンでいかなる武器を使っているか」「いかなる活動をしているか」程度の情報は公開している。


 


この、志位和夫氏を嗤っているオッサンたちにとっての「最高機密」とはその程度のものなのだろう。


 


南スーダンでは、ごく最近も、化学兵器を市民に対して使ったというので、アムネスティ・インターナショナルが抗議していた。また、合計百万人以上の国民が南スーダンから脱出した(難民になる)と「ル・モンド」の記事にある。


これでも、「情勢は安定していて、内戦状態にはない」のか?


 


 


https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_weapons_of_the_United_States_Marine_Corps


 


 


https://fr.news.yahoo.com/soudan-accusé-dattaques-chimiques-meurtrières-105826507.html


 


http://www.lemonde.fr/soudan-du-sud/


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

詩「内藤さとの恋歌」 [詩]

【内藤さとの恋歌】


 


すでに死んでいる祖母の頬の温かい冷たさ


それはダンテもツラトゥストラも知らない森に咲く


うす紫の花で、祖母の庭の百日草とはかけ離れた優雅な姿


それはミケランジェロとダヴィンチがその腕を競った市庁舎の壁の


表裏が作る影よりも隠された暗号


エリオットはタイプライターでおしゃべりを続け


ヘンリー・ジェームズは兄のウィリアムに手紙を書く


「意識の流れ」それは彼の心理学者の兄が考え出した概念


鏡に映る祖母の記憶


それをとらえるために、私は書き始めなければならないだろう


時を見出し、ついでに天使に遣いをいいつけ


騎士団は解散させ、王を突き落とし


最後に茄子の馬は救わねばならないだろう


なぜ人は、それが幸福な人生だったとして、年老いた醜い姿で


死んでいかねばならないのだろう? 生まれた時はぴかぴかで


この問いは、伊藤仁斎にも解けない


祖母はたったひとりの男だけ愛した


それは私の祖父なのだけど


姿は知らない なぜならすでに死んでいた


それから生きていくために、べつの男と同棲し


その人が祖父だと思い込んでいたが、


位牌に刻んだ自分の名前のとなりに刻んだ名は


最初の夫のだった


歌え! 祖母の家から見える小さな森の花々


歌え! 祖母の家から見える墓地の人魂たち


内藤さとの恋歌を

 

 



『怒り』──演技派たちが見せる人間の哀しさ(★★★★★) [映画レビュー]

『怒り』(李相日監督、2016年)


 


 ある程度紋切り型でありながら、最後まで息をもつかせずひっぱっていくのは、ひたすら役者の演技力であるところがすごい。演技はドベタな『シン・ゴジラ』とは真逆の映画である。


 まず、天才宮崎あおいがすごい。どこか二階堂ふみと似たところがあるのだが、宮崎より多少ハデな顔立ちの二階堂にはどこかふてぶてしさがあり、醒めた感じもあるが、宮崎は、生身の別人のリアルを再現してみせる。千葉の漁港の街から、ふっと家出して、風俗店で、身を壊すように働いていた愛子に魂を吹き込んで演じる。渡辺謙のことを「お父ちゃん」と呼べば、そこに、やはり等身大の、漁業組合で働くオトッツァンがいる。とてもスターとは思えない(笑)。


 沖縄の高校生、広瀬すずも、なかなかの演技力を見せつけ、そのボーイフレンドは、ほんとーに役者なのかな〜?と思えるほどの、地元の男子。


 妻夫木の母で、緩和病棟に入っている原日出子がまたうまい。声の出し方が、ほんとうに死に行く人間のようだ。


 妻夫木が、ゲイクラブで拾う男、綾野剛、これがまたよい。内省的な正体不明の男を、どこか透明感を漂わせて演じる。


 結局、『悪人』という映画でも、ほんとうの悪人ではなかったように、本作の殺人犯も、なにかの流れ、自分ではどうすることもできない流れのようなものに翻弄されて殺人を犯す。それが、「怒り」という文字になって現れたと見た。


 サイコパスは一人もいない。

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ゴーストバスターズ 』──チョー豪華ゲストのお化け祭り(★★★★) [映画レビュー]

 


『ゴーストバスターズ』(ポール・フェイグ監督、 2016年、原題『GHOSTBUSTERS』


 


 これは、祭りになんです。ニューヨーク名物(?)ゴースト相手に踊りまくる。クリス・ヘムズワースが最高! イケメンお馬鹿の秘書役最高!


 (ゴーストが出た)ホテルの地下のガードマン(?)(クリスを見るなり)「あ、クラーク・ケントだ」


 クリス「なんでクラーク・ケント? あ、ハンサムで眼鏡かけてるから?」(自分で言うかの、天然系)


 そのほか、アンディ・ガルシアの市長、エンディング・クレジットのあとに登場の、ぬあんと、シガニー・ウィーバー姐さん!


 オリジナル・バスターズの、ビル・マーレイとダン・エイクロイドも登場。そしてこの映画は、もう一人のオリジナル・メンバーであり、2014年に亡くなった、ハロルド・ライミスに捧げられている。


 新バスターズは、(当然 !)すべて女性。「かわいこちゃん」秘書が、クリス・ヘムズワースで。デブなどものともしない、アビー役のメリッサ・マッカーシーが、イケメン秘書にメロメロの、エリン役、クリステン・ウィグを抑える。この二人は元親友で、物理学者。昔、二人で、科学的に幽霊は存在するっていう本を書いた。エリンは(名門!)コロンビア大学で終身雇用資格を得るために、トンデモ系科学者路線を隠蔽している。ところが、すでにトンデモ道を堂々と走っているアビー(三流大学に勤めているらしい)は、この本を電子化して流している。その本の存在がコロンビア大学にバレて、大学を解雇されるエリン。しかたなく、アビーの元へ身を寄せると、物理オタクのホルツこと、ジリアン・ホルツマン(ケイト・マッキノン)がいる。この女が何か異常に過剰であるが、その過剰性が女を超えていておもしろい。容貌はあくまで女っぽいが。


 これら学者に、地下鉄の案内係、パティ(レスリー・ジョーンズ)が加わる。ブースの中で、「ちょっとそこ行く人、私と同じバッグだわ」とか、行き交う乗客に言いたい放題言っているが、乗客たちはまったく無視して通り過ぎていく──。この大柄不細工なアフリカ系は、サイコーに「今」を感じさせる。彼女が線路内でゴーストに遭遇したことから、やはりバスターズに加わることに。費用節約のため、葬儀会社経営の伯父さんの霊柩車を借りだして提供。オフィスも、中華料理店の二階となる。それから、ゴースト狩りが始まる──。まあ、たわいないと言えばたわいないのだが。なにもかも、よくわからないメカニズムと装置であるが、素粒子物理学者なだけに、なんとなく、デザインが加速器に似ている。程度ぐらいしかわかならない(笑)。わからなくてもなんでも、最後には、踊れや踊れ、になって、ヘムズワースが見事な肢体で踊りまくるのである。……あまり深く考えずに、お化けの「美しさ」を堪能すること。なにせ、サイコーの音楽である。


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る