So-net無料ブログ作成
検索選択

【詩】「どん底」 [詩]

「どん底」


ものごころつけば、父は肉体労働者、母は内職のちに正式な工場労働者、で、家は借家。


そんな環境で、しだいに、自分の家ほどの貧乏人はないと思っていたが、高校にいって、ひょんなことから、演劇部に入ってしまい、そこで、演劇というものにハマってしまい、そこで、学校と市の図書館の戯曲を読みふけった、


市の図書館は高校のすぐ近くにあり、充実していて、ベケット、イヨネスコ、ピランデルロ、などをそこで知った。知って驚いた。

「不条理」なるものの世界が存在することを。というか、そうした世界の見方があるということに。


学校の図書館には、ゴーリキー『どん底』があり、

ロシアの文学は、いつも、貧乏にはさらなる下があることを示してくれて、目を見張った。


ドストエフスキーの貧しさは、まだ「高嶺の花」(笑)で、

ゴーリキーの『どん底』こそ、そのときの自分の現実だった、


まさに「どん底」の人々が、安下宿に投宿して、いろいろごたくを並べている。これ以上落ちようのない人々が。


しかし、いま、二十一世紀の日本で、「底辺女子」といって、売春産業を強いられる女子たちは、そのゴーリキーよりさらに「どん底」なのだった。

まさに、貧しさに、底はない、


そして、それらは、ロシア文学のようには、文学にならない、

非人間的なものは、いかなる文豪も、描くことがでない、


日本の今のエッセイや小説などに描かれているではないかと、反論があるかもしれないが、それらは、


 たとえ「どん底」を描いても、豊かさと、どこか人間の体温の暖かみをもった、文学ではない、


ただの「レポート」だ。

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る