So-net無料ブログ作成

土曜のお遊び [遊び]

ブログ友、クラゲさんのために作りました。どうもクラゲさんは、メル・ギブソンのかなり前のどーでもいいような作品『テキーラサンライズ』のDVD(?)を持ってらっさるようなので、そのオタク度に敬意を込めて、作成しました。

tequila.jpg



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴダールの『アルファヴィル』 [映画レビュー]

 


ゴダールの『アルファヴィル』(1965年)


 


『ALPHAVILLE』(Jean-Luc Godard, 1965)


 


「続編」の、「新ドイツ零年」の方が有名だと思われる、もとになったフィルムだが、もともとハードボイルドスターの、エディー・コンスタンスが、地球外の星のアルファヴィルという都市にやってきて、なにやら「調査」する。その都市を牛耳っている「博士」と接触を図ろうと、まず彼の娘の、アンナ・カリーナ扮するナターシャに接触する。すべてコンピュータの「ロジック」によって管理されるアルファヴィルは、コンピューターの「ハル」によって支配されていた、『2001年宇宙の旅』を思わせる。両者とも、近未来を描きながら、すでにして2017年を生きている人間の目からすると、ファッション、メカニズムの設備、建築物、古びている。しかも、ドラマの手法も荒い。


 たとえば、クリスファー・エフロンの『ダンケルク』などからすると、隔世の感がある。村上春樹は、いまだ、こうした、アメリカ産ハードボイルドの手法を用いているのだが。つまり、「探偵」は、悪い世界に住んでいる女を「救出する」。それはとりもなおさず、女が「愛に目覚める」時である。すべコンピューターのロジックに支配される非人間的な世界の育った女は、「探偵」によって愛を知るのだが、そのへんがよくわからない。ほんとうに本作は、ありがたいのか(笑)? ゴダールはそれへの反省から、『新ドイツ零年』を撮り、探偵レミー・コーションを、すでに壁の壊された旧世界の、小野田寛夫中尉のように「出現」させねばならなかったのではないか? 「続編」などと言いながら、両者はまったくべつのコンセプトの映画に見える。後者では、色の美しさや画面の斬新さが印象的だ。


 このたび、ドイツ製のDVDをAmazonで購入したが、家に、アメリカ製のVHSがあった。「未来都市」などと言いながら、登場人物たちがしゃべっているのは、まぎれもないフランス語で、ホテルの受付なども、パリを思わせるのが、愛嬌か。字幕は、英語と複数のヨーロッパ語から選べるが、英語字幕でも台詞が短いので、日本語字幕を見ているような気がしていた。フランス語もほとんど聞き取れるレベルなので、なんの違和感もなく見ていた。


 


 


alpha.jpg

wangoda.jpg

wa170929_2.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【詩】「末摘花」 [詩]

【詩】「末摘花」


 


女を探していた十八の春の宵、亡き人を忘れるための恰好の女を


それは赤鼻のトナカイのような女で、琴だけうまく、引っ込み思案で


鼻はトナカイというより象のようで、


季節だけ秋へと移っていった、光が透明で、それはなにの蒸留?


もちろん忘れがたき女の匂いの蒸留で


そうやって私の青春の時間は過ぎていく


雪の降る頃にはその姫君の邸に入れたのだが、


あまりの貧しさに心は凍った、


そんな思い出。私は前の女の匂いを秘かに飲み干すことで耐え


時間が過ぎゆくのを待った。


こころは決して象形できず、ライバルの男友だちさえ筋書きにははまらない


お互い激しく嘆いてこの時間を経過する


 それは一九〇五年に発表された「動いている物体の電気力学」


 かかるひとびとの末ずゑ、いかなりけむ。



 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『エイリアン:コヴェナント』──アンドロイド(AI)はただのプログラム(★) [映画レビュー]

 

『エイリアン:コヴェナント』(リドリー・スコット監督、2017年、原題『ALIEN: COVENANT』

 

 物語としては、「スター・ウォーズ」みたいに、最初の「エイリアン」の前の時代、つまり「すべてのはじまり」に設定してあるが、題名の「エイリアン」はどーですか? 「エイリアン」へと続くのだから、「同じデザイン」でしょうけど、あまりに類型的。しかも、作品の中心は、マイケル・ファスベンダー扮するアンドロイド。物語は、ガイ・ピアース(が出るのかと期待したが、冒頭だけのサービス出演)が自分が創ったばかりのアンドロイドと対話し、その性能を見るところから始まる。

 一方、宇宙入植者輸送船コヴェナント号には、そのアンドロイドとそっくりのべつのアンドロイドらしい男が乗っている。彼は、「スタートレック」の異星人、ミスター・スポックのようなポジションで、船内管理の実行役として働いている。

 本作は、「世界一のハンサム」と言われる、マイケル・ファスベンダーの瞳のアップから始まるが、ついでに顔のあばたまで見えてしまって、あんまり美しく見えない(笑)。それが、新・旧、「二台」いるアンドロイドの、二役を演じる。物語のキモは、これが「悪」と「善」というか、エイリアン側と地球人側に分かれていて、さあ、どっちが支配するのかな〜? という感じ。最後は、1979年の「エイリアン」へと続いていくので、ワルのアンドロイド、デイヴィッド役のファスベンダーが、善のアンドロイド、ウォルターとすり替わり、エイリアンの卵を、人類の卵(卵様の状態で宇宙へと移住する)の中に紛れ込ませるところで終わる。

 そして、このアンドロイドが、夫の船長(これがまたほぼ写真だけで、生きた状態から事故死するのだが、ちらっと見て、ジェームズ・フランコだとわかる。「スター」は、ファスベンダー、ピアース、フランコのみ。あとはあまり知られていない俳優)の次に船長になった男も死んだので船長となった、ヒロイン、ダニエルへの愛である。アンドロイドのウォルターが、なにかとヒロインに親身になる。それは、彼女への愛なのか? ウォルターは、「デューティー=義務」と答えるが。

 ここに大きな科学的誤りがある。アンドロイド(AI)はいかにそう見えても、人間的な感情は持ち得ない。なぜなら、ただの選択型プログラムにすぎないから。SFである以上、なにか「目新しいもの」、「わくわくさせてくれるもの」を期待したが、皆無だった。


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『三度目の殺人』──まず脚本がでたらめ(★★) [映画レビュー]

『三度目の殺人』(是枝裕和監督、2017年)


 


 アメリカ映画ではよくあるんですね、こういうの。父親が殺されて、犯人は前科ありの従業員で、その従業員と、被害者の高校生の娘はつながっていた。妻とも意味深なメールを交換していた。これはもう、その父親が、娘をレイプしていて、その犯人に相談していた。母親は見て見ぬふりをしていた。こういうスジを、是枝監督は自分で考えたんです(笑)。それを、何か思わせぶりの音楽(は、いつも美しいのが特徴であるが)に合わせ、映像もスタイリッシュにしています。とくに、犯人役所と、弁護士福山雅治が、拘置所の面会室の仕切りを隔てて何度も「対決」するんですが、カメラアングルがすばらしいです。ここまで、この仕切りの両者をすばらしく描いた映画は見たことがないと思いました。


 


 しっかし、役所の草履の裏のような汚い顔に、あごだけ白人のように「お直し」したのかしないのか知らないが、不自然にくっついていて、どうもそこに眼がいってしまう。福山の方は、まあ、天然なのではないかと思いますが。さすがに福山、「パパラッチ」役もサマになっていましたが、今回の弁護士役もハマってる。この人は、絵になりますねー。演技もうまいし。やはり福山あっての是枝だと思いますね。しかし、この脚本、まんま黒沢清が撮れば、当然、役所の役は、香川照之でしょう(爆)。あの爽やか、斉藤由貴が、いやらしい中年女の母親を演じていて、その変貌ぶりにびっくりです(が、タダそれだけ(笑))。


 


 私はまずリアリティを考えますが、父親にレイプされていた少女が、突然前科者の気味の悪い男に悩みを打ち明けるでしょうか? 飼っていたカナリア5匹のうち、1匹は逃がしたというが、4匹は殺して埋めたのでしょうか? 小鳥の墓の、小石で作った十字形、少女の父を殺して焼いた跡の十字形、そして、人は「器」というどこかで聞いたふうな、おそらく聖書からの引用でしょうが、それが、残念ながら物語の核にはなり得ないんです。というのも、すべて言葉で説明されているにすぎなくて、カット割りは凡庸なミステリーじたてです。こういう失敗した脚本に、哲学を見るなどというアタマはどーゆーアタマだ? と私は問いたい!(って、そういう映画)。


 


 映像はそれなり魅せる部分もあるので、星は三つとしたいところだが、それはある意味評価になってしまうので、今回、二つとさせていただきました。もー、広瀬すずは出てきただけで、どーゆー存在か、答えが顔に書いてあるようで、困ったナー(笑)。


 あ、役所の役が完璧でできる役者は、ケヴィン・スペイシー以外にないと思います。あと、エドワード・ノートンとか。表情がキモなので、扁平顔だけでなく、集中力の度合いが違う、日本人役者は無理。ましてや、整形などしていると、表情筋はさらに微妙さが出しづらくなる。眼がちっこくたって、渥美清はいい味出してた。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「読みやすい日本語で、世界の名著を読破しよう!」 [文学]

読みやすい日本語で世界の名著を読破しよう!

角田光代訳『創世記』


角田光代訳『コーラン』

角田光代訳『資本論』

角田光代訳『夢判断』

角田光代訳『カラマーゾフの兄弟』

角田光代訳『ボヴァリー夫人』

角田光代訳『相対性理論』






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

角田光代訳『源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04) 』──ギョーテン!(★) [Book]

角田光代訳『源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04) 』(2017年9月8日、河出書房新社刊)


 


 好意的なレビューが多い。その好意的なレビューの何人かの方のレビューに、「Amazon VIneメンバーによるレビュー」というマークがついている。私もVineメンバーなので、それが何を意味するかわかる。それは、「試供品として、レビューを書くことを約束に、ただでもらった」ことを意味する。河出書房新社は、文学全集の一部を、「試供品」として、「ただで配っていたのである」(笑)! だいたい、本の「試供品」はあっても、ビジネス本などの、あまり売れなさそうな本が多かった。え? そんなものもあったの? と思うような、電化製品とか、そういうものもある。しかし、それは、「あっというまになくなっている」。私などが「その試供品のページ」を覗く頃には、ろくなものはないので、最近は、とんと見なくなった。「ただより高いものはないし」。


 たまたま本書について何か書こうとかと、レビューを見ていたら、上記のような状況を知ったしだいである。「プルースト」訳といい、編集者には受けがいいという角田光代という「大衆作家」を、それほど、谷崎潤一郎並の、「大作家」に祭り上げたいのか?


 瀬戸内寂聴訳でさえ、この「底本」はなにかしら?と訝った私であるが、ただ意味がわかればいいというわけではないだろう。「訳」であるからには、オリジナルな「雰囲気」も伝えなくては。オリジナルは、むしろ、バージニア・ウルフのような近代的自我を抱えたようなアンニュイな文体の作者である。


 大野晋は、『古典基礎語の世界』で次のように書いている──。


 


「『源氏物語』は同じ古文といっても『徒然草』の何倍もむつかしい。『枕草子』よりずっとむつかしい。/注釈書でも今もって的確に意味の書いてない言葉がある。そればかりか、分かったつもりでも読んでいた言葉が実はよくわかっていなかったと気づくことがある。紫式部がその言葉に込めていた重要な意味を、少し極端にいえば、現代の源氏学界の常識がきちっと捉えずに見過ごしてきたと思われる場合もある。この本で扱うモノという言葉もその一つである。」


 


 このようにむつかしい『源氏物語』は、書かれてすぐに、ずっと庶民に愛読されてきたわけではない。本居宣長が「発見」し、かつ「注釈」を加え、評価しなかったら、これほどの「ポピュラリティー」を獲得していたかはわからない。


 


 ただ「スジ」を追うというだけなら、こういう訳にも多少意味があるのかもしれないが。いやしくも、「日本文学全集」と銘打った「全集」の一巻なのである。文学的な匂いはまったくしない文体である。だいたい、この、池澤夏樹個人編集という、河出書房新社の『日本文学全集 全30巻』も、おかしな全集である。文学ではない「古事記」からはじまって、詩や短歌などは、池澤や穂村弘という、その世界の誰もが認める大御所とはいえないような人々が選をしている。「ノーベル賞」の候補にあがったようだとのウワサのあった、海外でも人気のある日本を代表する作家、安部公房も入ってないようだし。「基準」がまったくわからない、「個人編集」の「全集」である。


 


 しかし、Vineで、「試供品」として配るなんて、確かに好意的なレビューを、ある個数集めることはできるだろうが、「文学」の会社がそれをやってしまうなんて、営業だかなんだかは、よいアイディアと思ったかもしれないが、印象は、世も末だな、という感じである。


 


 ちなみに、どうしても「現代語訳」で読み通したいなら、Kindleストアにある、与謝野晶子版をお勧めし、かつ、森林太郎(鴎外)の、「序文」(なぜ「現代語訳が必要か、書かれている)もお勧めします。与謝野晶子は、角田光代よりは、だいぶ昔の人間ではあるが、その程度の「現代語」でも十分、「今」な感じは伝わってくる。第一、与謝野訳には、文学が伝えうる、微妙なニュアンスを省略せずに訳し込んでいる。


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

河出書房新社版『日本文学全集 全30巻』 [Book]

しっかし、池澤夏樹個人編集の「日本文学全集」って、ものすごい文学全集だな。古事記(文学かよ?)から穂村弘まで。安部公房はないみたいで。源氏物語は、角田光代訳で(笑)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る