So-net無料ブログ作成
検索選択

「フーコーを読む」1 [哲学]

「フーコーを読む1」

 

"Dits et écrits ,1954-1975"

 

本書には、単行本以外の著作(序文、対談などを含む)、インタビューなどが収められている。フーコー最初の活字になった仕事は、スイスの精神病理学者、ルートヴィヒ・ビンスワンガーの論文「夢と実存」の仏訳に付けられた序文であるが、この序文は本文の半分以上ある。

本書のタイトルは、原文どおり、「Introduction」(序文)。

 

まず、エピグラムとして、ルネ・シャールのアフォリズム形式の詩集『Partage formel』(「形式の分割」(さまざまに訳されるが、一応の訳語である)より、22章が掲げられているが、中盤省略されている。

 

【キーワード】familier(慣れしたんだ)

 

*****

 

のっけからインスパイアされる文章である。

 

il ne s'agit pas, dans ces pages d'introduction, de refaire, selon le paradoxe familier aux préface, le chemin qu'a tracé Binswanger lui-même dans Le Rêve et l'Existence.

 

この序文では、序文によくあるパラドクス、つまりビンスワンガーが『夢と実存』のなかで辿った道筋を辿りなおすということはしない。

 

le paradoxe familier aux préface

 

フーコーらしい表現である。『言葉と物』("Les mots et les choses")の序文でも、

 

Ce livre a son lieu de naissance dans un texte de Borges. Dans le rire qui secoue à sa lecture toutes les familiarités de la pensée__de la nôtre : de celle qui a notre âge et notre géographie____

 

この本は、その誕生の場所を、ボルヘスのテクストに負っている。われわれが慣れ親しんだ思考、われわれの時代、われわれの地理学上の思考、その読解をひっくり返す笑いのなかに

 

 toutes les familiarités de la pensée

 

つまり、われわれが自明であると思っているものをこれからひっくり返すぞ、とのっけから予告しているのである。

 

短い表現の中に、多くの考えを入れ込んでいく、そんな感じだ。

 

 

 

 

 


【けふのフェミニズム】「第二の性」 [哲学]

【けふのフェミニズム】


 


「人は女に生まれない。女になるのだ」( On ne nait pas femme : on le devient)という有名な言葉で始まった、新潮社文庫の、ボーボワール『第二の性』を、高校時代その気になって読んでいたが、実は、これは、原書では、全2巻の、第2巻の、第1章の冒頭だった。


つまり、新潮文庫の『第二の姓』は、章の順番をテキトーの変えてしまった、「都合のいい女」フェミニズムだった。その後、正しい順序の版がべつの出版社(人文書院だったか)から出たが、それほど注目されなかった。


本書が出た時、ボーボワールは41歳だった。


さて、実際の第1巻、第1章は次のように始まる──。


 


****


 


 シモーヌ・ド・ボーボワール『第二の性』


 


「第1部」「運命」


 


 第1章「生物学的データ」


 


 女とは? 決まってるじゃないか、いたってシンプル、シンプルな決まり文句の愛好家は言う、それは母胎、卵巣、つまり雌ってことだ、この言葉の定義はそれで十分だ。男の口の中で、雌という形容語句は侮辱的に響く、しかし彼はその獣性を恥じることもない、むしろ彼のことを「雄」と言うのを誇りに思っているようだ。「雌」という言葉は、軽蔑的であるが、それは、女が自然の中に根づかせられるからではなく、それが性の中に閉じ込められるからである、この性が軽蔑すべき人間として、無垢な獣にとってさえの敵として現れるとしたら、それは当然、彼の中に女が呼び起こした不安な敵意のせいである、しかしながら、彼は生物学の中に、こうした感情の釈明を見出そうとしている。


(訳註:ボーボワールの文章は、プルースト並に長い!)


 


*****


 


 Simone de Beauvoir " Le deuxième sexe "


 


Première partie " DESTIN "


 


CHPITRE PREMIER


 


Les données de biologie


 


La femme? c'est bien simple, disent les amateurs de formules simples : elle est une matrice, un ovaire; elle est une femelle : ce mot suffit à la définir. Dans la bouche de l'homme, l'épithète femellesonne comme une insulte; pourtant il n'a pas honte de son animalité, il est fier au contraire si l'on dit de lui C'est un mâle!Le terme femelleest péjoratif non parce qu'il enracine la femme dans la nature, mais parce qu'il la confine dans son sexe; et si ce sexe paraît à l'homme mèprisable et ennemi même chez les bêtes innocentes, c'est évidemment à cause de l'inquiète hostilité que suscite en lui la justification de ce sentiment.


 


 


 


フロイト入門 [哲学]

フロイトの経歴(が、彼の理論のもとになっているのではないか、と言われているが。つまり、現チェコのフライブルクなる街で、生粋のユダヤ人(父41歳再婚、母21歳)の間に生まれ、父には先妻との間の兄弟がおり、その長兄も二人の子どもがおり、甥はフロイトより一歳上、姪は同い年)、近所に住まい、ほかに兄弟姉妹が6人くらいおり、などなどの煩雑な家族。そして住処を追われ、ウィーンに移住、その時、列車の中から見たランプが、人魂のように思われ、そのノイローゼから脱するのに長い自己分析の期間を費やした)を読みながら、コタツでうたた寝していたら、自分も同じような「症状」にとらわれた。──というのは、ある人にとても会いたくなったのだが、たぶん、その人は死んでいてもう会うことはできない。それがどうしようもなくさびしい。これは事実なのだが、ふだんはそういうことを意識はしない。しかし、べつにその人が夢に現れてどうこう言ったというわけでもない。ただ、夢の中で、私はその人への手紙を書いていた──。あ、そうか、もういないのだった、と、醒めていく「意識」のなかで考えた。この「意識」が、いたたまれないほどさびしいのだ。いけない、いけない、と思い、「気を取り直し」(意識的にこれをすることが重要)、べつの本を読みながら、正式に寝ることにする。


 


これなら、すぐに、やすらかに寝てしまうだろう(笑)。

 

 

 


 


「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」 [哲学]

 最近、ドイツ人自身が「ナチ」を検証、告発というスタンスを明確にしているが、それは、とりもなおさず、世界の、日本の、「ナチ的」状況を浮かび上がらせる。




 たまたま、FB友の詩人の伊藤浩子さんが、ベンヤミンの「遺稿」「歴史の概念について」をもとにし、それに「伝記」と「評注」を付けた本を、読書会で取り上げられたということで、アップしていたのを見て、自分も、ベンヤミンの和訳本は多々持っていたが、「物語作家」以外のテキストは、「積ん読」状態に近かったのを思い出した。とりわけ、英訳の選集は、以前に丸善でバーゲン(といっても、1冊3700円くらいだった)していて、購入していたので、この機会に開いてみた。といっても、多少の線は引かれていたが(笑)。


4巻本の本選集は、年代ごとに分かれているのだが、第4巻は、1938年から1940年で、遺稿、「On the Concept of History」(「歴史の概念について」)は、アフォリズム風の断章形式で、本巻で、7ページしかない。補遺「Paralipomena to "On the Concept of History")は、「異本」を説明したものだが、これも約7ページ。本選集は、Indexを含めて477ページだから、いかに「少ないテクスト」であるかがわかる。本テキストの後、「テディ」と呼んだ、アドルノへの手紙が付されて、ベンヤミン執筆のテキストは終わっている。その後、Chronology1938〜1940が付され、これを見ると、1940年9月26日、ベンヤミンは友人の女性(ただの友人のようだ)とマルセイユからスペインに車で入ろうとするが(スペインからポルトガル、そこから米国へ亡命する予定だった)、スペイン国境はその日閉鎖された。マルセイユの小さなホテルにとどまり、そこで、考慮の末、大量のモルヒネを飲んだ。書類鞄には、原稿は見あたらなかった。友人は、すぐには、自殺と発覚しないよう画策したようだ。その翌日、スペイン国境は、再び開かれた。




 ベンヤミンの著作がどれほど「歴史」に影響を与えたはわからないが、アドルノの仕事の方がそれよりはるかに重要であると思われる。とりわけ、




 「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」




 という有名な命題は、『プリズメン』(ちくま学芸文庫、渡辺祐邦、三原弟平訳)という「エッセイ集」の、冒頭のエッセイ「文化批判と社会」というエッセイの、終わり部分の箇所に、さりげなく差し挟まれている。




 「社会がより全体的になれば、それに応じて精神もさらに物象化されてゆき、自力で物象化を振り切ろうとする精神の企ては、ますます逆説的になる。宿命に関する最低の意識でさえ、悪くすると無駄話に堕するおそれがある。文化批判は、文化と野蛮の弁証法の最終段階に直面している。アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である。そしてそのことがまた、今日詩を書くことが不可能になった理由を語り出す認識を侵食する。絶対的物象化は、かつては精神の進歩を自分の一要素として前提していたが、いまはそれは精神を完全に呑み尽くそうとしている。批判的精神は、自己満足的に世界を観照して自己のもとにとどまっている限り、この絶対的物象化に太刀打ちできない」




 これは、わかりやすく言えば、いかなる文化批判も、その批判の文章が既存のメディア権力のもとに発表されるかぎりは、それは権力の助けを借りているということである。いかなる政府批判も、既存の新聞等に発表されれば、それはその権力の助けを借りているのである。しかし、それをしなければ、人々のもとに届かず、そこに矛盾が起こる。こうしたことを意識すべくであると喚起している。


しかしながら、この「エッセイ」は、難解で、ヘーゲルを読んでいることが前提とされる。




 


フーコーの出発点 [哲学]

 「フーコーの出発点」


 


 スイスの精神医学者、ルードヴィッヒ・ビンスワンガー(1881〜1966)の著作『夢と実存』に書いた序文が、ミシェル・フーコー(1926〜1984)の「処女作」である。フーコーは、当時、27歳ぐらい。この序文は、本文の倍以上ある、かなり目立つ序文である。ここでフーコーは、フロイトの精神分析の、いってみれば、粗雑さを指摘している。


 


L'analyse anthropologique d'un rêve découvre plus de couches significatives que ne l'implique la méthode freudienne. La psychanalyse n'explore qu'une dimension de l'univers onirique, celle du vocabulaire symbolique, tout au long de laquelle se fait la transmutation d'un passé déterminant à un présent qui le symbolise ; 


 


夢の人類学的分析は、フロイトの方法がもたらす以上の重要な層を露わにする。精神分析は、夢のひとつの次元、シンボルという用語の次元しか探査しない、その次元では、過去を象徴している現在を決定する過去に変換されるだけである。


 


(Foucault "Dits et écrits Ⅰ, 1954〜1975"←フーコーの「著書」以外の、論文、対談、エッセイのすべてを収録している)


 


*****


 


 すなわち、夢は、なにか象徴に変換されるものではなく、自立した文法を持つなにかであることを、フーコーは、ビンスワンガーの著作から、おそらく著者以上に、つかみとっている。このanthropologique、名詞にすれば、anthropologieという言葉は、「人類学」と訳されるが、カントの著書においては、「人間学」と訳されていて、同じ内容を現す。


 


 カントの「人間学」を翻訳することが、フーコーの副論文であった。キャリアの最初は、カント資料館の館長だった。


 


 このように、精神分析においては、現象学的、認識論的成果も取り入れられるようになっていったが、だからといって、フロイトの発見が否定されるものではない。フロイトの思想は、やはりアインシュタインの相対性理論、ダーウィンの『種の起源』、マルクスの『資本論』と並ぶ、二十世紀の画期的なものである。


 


それを、最近目にした読解で、すぐ何かに効くハウトゥー本のように読んでしまうのは、どうかと思って、私自身、「復讐」してみた。


 


イスラーム [哲学]

「私たちはイスラム教のことをほとんど知らない」というコメントをどこかで目にしましたが、それは、「自分は」ということでしょう(笑)。井筒俊彦の著作に親しんだものなら、イスラム教、あるいは、イスラームについて、多少なりとも知識はあると思います。

それで重要なのは、イスラム教の原典である「コーラン」は、いかにようにも解釈可能だということです。その解釈の違いが、さまざまな「宗派」を生み、その宗派がまた枝分かれし、それにさまざまな民族や個人、地域の事情などがからんでくるのですから、とても、「イラン大使館にあった最高指導者ハメネイ師のメッセージ」を読んでわかるくらいのものではないのです(イランはシーア派の国で、「イスラム国」はスンニ派。シーア派は、イラン以外の国では、貧しく虐げられている層が多い。ちなみに、イランへ行って、シーア派の寺院には一般旅行者でも「宿泊可」のようです(笑))。

どんな宗教でもそうですが、一枚岩でもなく、一筋縄でもいかないのです。それに政治などが絡めばなおさらです。

ついでに言えば、イランは、イラン映画を見ればわかるとおり、生活様式は欧米化された、洗練された国で、犯罪者の公開処刑が日常的に行われているサウジアラビア(さすがに、ネットでの公開はしていない(笑)。)や、「イスラム国」に占領されているシリア、イラクといっしょくたにしてしまうのは、見当違いも甚だしい。


イスラーム文化−その根柢にあるもの (岩波文庫)

イスラーム文化−その根柢にあるもの (岩波文庫)

  • 作者: 井筒 俊彦
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1991/06/17
  • メディア: 文庫





『世界認識の方法』──他人のフンドシでとった相撲? [哲学]

『世界認識の方法』吉本隆明(1980年6月刊、中央公論社)

「いかにしてマルクス主義を始末するか」

 最初で最後の、吉本隆明とミッシェル・フーコーとの対談が収められた本である。本書の中で、フーコーの発言はかなりの量を閉め、内容も深いものがあるが、帯にフーコーの名前はあるものの、本書の「著者」は、吉本隆明一人である。つまりこれは、吉本隆明の本として刊行されている。
 この対談を、フーコー側の資料で見れば、書籍以外の全執筆、対談、講演等が収められた、『FOUCAULT Dits et écrits Ⅱ, 1976-1988』に、

  Méhodologie pour la connaissance du monde : comment se débarraser du marxisme
       entretien avec R.Yoshimoto, 25 avril 1978 ; trad.R.Nakamura

 とある。つまり、本対談は、1978年4月25日に行われた。
フーコー、52歳、吉本隆明、54歳である。フーコーには、日本語の翻訳された著作が多々あり、一方、吉本隆明の著作は、英語にもフランス語にも訳されていないので、本対談でフーコーが言っているように、蓮實重彥氏による、吉本氏の仕事の要約、紹介、著作リスト等によって、吉本の仕事の概要を知った。
 対談のテーマは、題名にあるように、マルクスおよび、マルクス主義をめぐる思想のある方である。それがどうして、「世界認識の方法」なのか?

foucaultr.gif

★続きは本部へ↓


世界認識の方法 (中公文庫)

世界認識の方法 (中公文庫)

  • 作者: 吉本 隆明
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1984/02
  • メディア: 文庫


メッセージを送る