So-net無料ブログ作成

東芝の崩壊 [世の中]

【東芝の崩壊】

 

「東芝の崩壊」を、「はじまり」から事実の裏づけで、エコノミスト的にレポートした特集ですが、ま〜複雑怪奇、ザッシながら全部読むと脳みそが崩壊するので途中で投げ出すのが正しい……ような。

 

自分の理解したところでは、欧米の趨勢が、脱原発に傾きつつある時代、そんなことにはまったく思いがいたらない日本の官僚(=政府)と、大企業(東芝)が、原発で儲けようと画策(国の援助など)して、欧米では「もういらなくなった?」っぽいイギリスの原発企業を、「相場」の三倍(!)で、東芝は「買わされてしまった」らしいです。その後も、どんどんこのテのふるまいが加速し、それは、政府が支えてもいたのですが、ある日気がつくと、世の中は、「反原発」がまっとうみたいになっており、政府は先に「手を引き」知らん顔(?)、東芝にどうしようもない巨額な負債が残ってしまって、それを取り返すために、どんどん深みにはまってしまった実態を、表紙にある「ひき文句」、CIAの文書などから証明しているんですが、これ自体は、映画にあるような「わかりやすい」(笑)文書ではなく、「原発というビジネスがもう下り坂」であることを数値などで証明したものです。

 
economist1706.jpg


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【道化は何を言っても許される】 [世の中]

芸人の松本人志が「豊田真由子」を擁護したという、小林よしのりの記事に対する(下にurl)コメント↓


 


小林よしのり「松本人志はネトウヨ芸人に成り下がったのか? 」


 


「成り下がった」のではなく、もともとの体質。だいたい、芸能人とは、権力の道化なんですよ(シェークスピアの道化と同じ。王には何を言っても許される。なぜなら、道化は人間と見なされていない。そう言ってよければ、「人間オモチャ」なんです)。


 


http://blogos.com/article/231235/





 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【来るべきバカ】 [世の中]

 


ある人がAmazonで引用していたツイート。私はそんなヒマも興味もないので千葉氏のツイートは見てません。


 


*****


 


千葉雅也 『勉強の哲学』毎日新聞で書評 @masayachiba


 


読書好き、研究者の間では、アマゾンの低評価レビューは基本アホが書いているので全無視というのが常識なのだけど、世間的にはあれに意味があると思ってしまう人もいるっぽいから厄介だ。読書術の基本事項。アマゾンレビューに建設的な批判などめったにないので、無視する。プロの書評を読むこと。


午後9:30 キ 2017年6月6日


 


*****


 


上記のようなツイートをすることじたい、自分のバカさかげんを露呈してしまっていて、正直、ひいた(笑)。ここまでバカだったとは──。「来るべきバカ」ってもしかして、自分のことですかね? 考えてみれば、わかるように、Amazonのレビュアーは、「のべ」ですが、100万人はいます。たまたま千葉氏の著書『勉強の哲学』のレビューは20あまりですが。もしほんとうに、千葉氏の言うように、「アマゾンの低評価レビューは基本アホが書いている」というなら、そして、学者なら、それを「科学的に」証明してほしいですね。つまり、100万件以上のレビューの中から低評価をすべて吟味し、「なるほどアホだ」という、客観的に納得のいくデータがほしいですね。その際、「アホ」の定義、基準などの明示も必要ですが。「学校のお勉強」ばかりしていて、常識とかほんとうの教養を身につけて来なかったのが、文章にも現れてますね。文藝春秋も、調子に乗って、第二弾、第三弾を出すかもしれませんが、いずれ消えゆく運命でしょう。なぜなら、一流の著作家は、こんな薄っぺらな文章は書かないからです。


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazonとは…… [世の中]

Amazonとは、ネット界と現実界の間に流れる「三途の川」である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アホとバカとどっちがエラい(爆)? [世の中]

Amazonの某レビュアーの「孫引き」ですが、千葉雅也氏はこんなツイートしているようです。私もアホの一人ですが、バカにアホと言われるのは、どーなんでせー? どっちがエライでしょーか(爆)? なお、同様の「思想」は、「書評家」の豊崎由美さんもお持ちですっちゃ。

一方、レビュアーのなかには、小谷野敦氏みたいな「プロ」もいらっさいます。

 

****

 

千葉雅也 『勉強の哲学』毎日新聞で書評 @masayachiba

 

読書好き、研究者の間では、アマゾンの低評価レビューは基本アホが書いているので全無視というのが常識なのだけど、世間的にはあれに意味があると思ってしまう人もいるっぽいから厄介だ。読書術の基本事項。アマゾンレビューに建設的な批判などめったにないので、無視する。プロの書評を読むこと。

午後9:30 キ 2017年6月6日

 

千葉雅也 『勉強の哲学』毎日新聞で書評 @masayachiba

 

僕も本を買うときにアマゾンを参考にするときがあるが、低評価レビューはほとんど「読めてない」レビューなので苦笑いしながら読むしかない。参考にすべきは、詳細に書かれた高評価レビュー。これは知識の基本スキルだと思う。

午後9:33 キ 2017年6月6日

 

千葉雅也 『勉強の哲学』毎日新聞で書評 @masayachiba

 

今の話は、自分の本のレビューについて言っている自己弁護だろ、と思われるかもしれないけど、そうではなく、プロの間では共有されている常識です。しかし、一般にはあまり明確に認識されてないかもしれない。

午後9:36 キ 2017年6月6日

 

千葉雅也 『勉強の哲学』毎日新聞で書評 @masayachiba

 

本がそもそも読めてない人の意見は聞く必要がない。

午後9:37 キ 2017年6月6日

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

45万部突破とか [世の中]

FBでは、「45万部突破!」とはしゃいでる。「友だち承認」は有名人のみ? Amazonでは、賛否が両極に分かれているので言及せず?(爆)。

なんとなく、再掲。出版業界に乗せられるままに踊っている、高学歴のバカ。

 

https://blogs.yahoo.co.jp/vraifleurbleu39/37597095.html



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ミシシッピー・バーニング」 [世の中]

「ミシシッピー・バーニング」


 


1964年6月21日。


1人の「黒人」と2人のユダヤ人が、KKK(クー・クルックス・クラン)によって虐殺された。


 


 


まぎれもない現実であるが、映画で、ジーン・ハックマンが調査中、ピーカン・ナッツを食べ続けていたことがしばしば思い出される。


 


http://www.lepoint.fr/c-est-arrive-aujourd-hui/21-juin-1964-le-ku-klux-klan-massacre-un-negre-et-deux-juifs-dans-le-mississippi-21-06-2012-1475905_494.php#xtor=CS1-31

 

 



そんなにしてまで博士号がほしーか(笑)? [世の中]

『博士と彼女のセオリー』が心地いいのは、自然なアカデミックな雰囲気が滲み出て、イギリスの知の伝統が垣間見られたこともある。ホーキングならずとも、主演のレッドメインも、トリニティカレッジで学んだとか……。
 一方、日本のおバカな「政治家」たち、知性とは、なにか「資格」のようなものと思っているのでしょうか? 

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150317-OYT1T50003.html?from=ytop_main3



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美術出版社の件 [世の中]

3月4日に、『美術手帖』でおなじみの、美術出版社が民事再生法の適用を申請したニュースが流れたが、民事再生法は、倒産した会社の再生を目的としている。


1978年に、筑摩書房が、会社更生法の適用を申請したが、経営を見直し、1991年には債務返済完了し、いまの筑摩書房がある。この経営見直しは、決して、「売れる本」を出そうとした結果ではなく、社内の組織やり方等の見直しで、かえって、本は、「よい本だけを出そうとした」。


民事再生法と会社更生法は、倒産した会社に適用されるが、違いは、後者は株式会社にだけ適用され、前者は、経営陣の刷新は必須とされない。


このところ、『美術手帖』の増刊号には見るべきものがあり、そのひとつを買っていた。それが「国宝のすべて」であるが、これは保存版である。


筑摩書房のように、バージョンアップして蘇ることを期待する。


 Bijutsu-shuppan company applied "The Civil Rehabilitation Low".


The purpose of "The Civil Rehabilitation Low" that applies Bijutsu shuppan is the reestablishment.


The company published some special issue of "Bijutsu-techo" that is worthy of  preserve like "All about japanese national treasure".

 

bijutsuJPG.jpg

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「STAP細胞問題」が問題なのは [世の中]

 巨額な税金がいったい、なにに使われていたのかを、あぶり出したからだ、と思う。


obokata1_edited-1.jpg



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る