So-net無料ブログ作成

「出版革命」? [文学]

「出版革命」?

 

ある男が、「いつかまとまった金を作って、オンデマンドでない詩集を出したい」と言って、ISBNも取得していた。これは取得に4万円ぐらいかかる。本を識別する数字だが、はっきり言って、自費出版には意味がない。書店に置いてもらっても、その場所が問題である。たいていは、奥の隅っこである。あるいは、「自費出版コーナー」(爆)。店のいちばんよい場所は、「売れ筋」著者の場所である。最近は、大手出版社だけともかぎらないが。オンデマンドでない本を夢見る人は、勝手に、本屋のよい場所に自分の本があるのを思い浮かべる。しかし、それは妄想である。

実は、私は、製直.comのオンデマンドは、この男がやっていたので気づいたのである。

 

私は、この方式がかなり気に入っている。校正はできないので、まず1冊注文して、できを見る。何度も「やり直す」のはよくない。ここの場合、そのぶん、「違う商品」になってIDも別のものになるので、それだけ、どれが一番いいものか、わからなくなってしまうのだ。よって、ある程度読めるものなら、一発勝負で、それを「決定版」とするしかない。しかし、在庫を抱えるわけではないので、ロングセラーを狙える。というか、いつでも、「思いたった時」に、売ることができるので、「期間」を気にする必要はない。

 

最近の詩集を研究するに、注目されている詩人は簡素な作りで、ド素人が、どんどんりっぱな装丁の詩集を作る傾向にある。中身は、ぺらんぺらん、である(笑)。そういう商売が横行している。

 

はっきりいって、大作家の文学全集ではないので、「初出一覧」もいらん(どうせ、どこかの同人誌か、数作は、「現代詩手帖」とか、あのあたりである)。

 

表紙などのデザインに関しては、色校正とかいうが、本の色の調子の違いなど、読者はいちいち見ていない。それだけ時間が取られる。あれも、古き慣習、しかも、既存の出版社で行われていたのを、なぞって、それらしく見せて、満足を味わっているにすぎない。スティーヴ・ジョブズも、パソコンを売る際、誰もがやっていて、その実、意味はなかった商習慣を、廃止した。そういう、よく調べてみると意味のない習慣や行程が、出版界といわず、商業界全般には、けっこう多いと思う。

 

自費出版作者は以上のようなことにも留意すべきである。

あ、でも、この製直.comで、自分ひとりで、ちゃんとした本を作る場合は、Word、PaintShop、Pdfなどのソフトには、ある程度通じていないとハナシにならない。もっと簡単な「お手軽コース」も用意されているにはいるが。

 

 


nice!(3)  コメント(0) 

【ためになる情報量の多いマウス画】芭蕉 in 猿沢池 [文学]

【ためになる情報量の多いマウス画】

 

実際は、芭蕉は猿沢池に行ったかどうか。猿沢池は、奈良時代? 生き物を放ち、放生会をいとなむために設営された人工池。ガイドブックには、周囲360メートルとある。それじゃあ、イメージわかんじゃんね(←三河弁)ということで、円周率(3.14)で割って、「わざわざ」計算して、直径のおよそを出して記入してあるほか、「古池や蛙(かわづ)飛びこむ水のをと」の有名な句(『春の日』所収)が、家主が遁世し荒れ果てた場所を訪れ、古池を見て作ったので、ほんの小さな池であることを明示してある。

 だいたいよく考えてみれば、いくら周囲が静かだといって、カエルの飛び込む音など、そうそう聞こえるものではない。ここに、音をイメージ化することによって、静けさと荒れ果てた様子を一瞬に表す技が働いている。

 芭蕉の「わび」「さび」とは、私見では、華やかな場所を避けている感があるので、猿沢池は句にならなかったのかも。

kbasho.jpg



nice!(2)  コメント(0) 

Kazuo Ishiguro with Kurage [文学]



   ishi_kura.jpg



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ひとめでわかる」カズオ・イシグロ [文学]


  

    Ishiguro.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

おらが国さの作家 [文学]

親がイギリス人の、フランスの作家ル・クレジオがノーベル賞を受賞したとき、イギリスは「おらが国さの作家」とはしゃいだ。それを蓮實重彦は、「恥ずかしいことだ」と書いていたことを思い出すともなく思い出す今日この頃。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「読みやすい日本語で、世界の名著を読破しよう!」 [文学]

読みやすい日本語で世界の名著を読破しよう!

角田光代訳『創世記』


角田光代訳『コーラン』

角田光代訳『資本論』

角田光代訳『夢判断』

角田光代訳『カラマーゾフの兄弟』

角田光代訳『ボヴァリー夫人』

角田光代訳『相対性理論』






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

清水哲男個人誌『BD』 [文学]

詩人の清水哲男さんの個人誌『BD』(bande dessineeの略で、漫画)03号(7月号)の「招待席」に拙詩が招待されました。師も同然の清水さんのところに、去年の11月と、今年の3月に出した拙詩集をお送りしたところ、「お礼に一篇を個人誌に掲載します」ということだったので、はて、どの作品かな〜? と、どきどきでした(笑)。自分としては、11月に出したぶんは、もう3月のぶんで超えられているので、前のだったら、ちょっとショックかな〜とか、あの作品だったら、残念だなと、個人的な思いを持っておりましたが、届いて、開いて、あ、この作品かー!と、氏の慧眼に感心するやら、うれしいやら。

この『BD』、月間のようで、これで3号目だけれど、手のひらサイズながら、よく考えられてある、ビジュアル的もすばらしい「ザッシ」です。さすが編集者を長くされていたセンスがすみずみにまで行きわたって、小ささを感じさせない、また、小さいゆえに、肌身に付けられる(wearableな)ザッシです。

用紙も、写真がきれいに出るような紙を使って、メインとなる写真は、見開きになってサイズ最大限にしているアイディアにも舌を巻きました。

清水さんの、少年の日の思い出のエッセイや写真、俳句作品なども詰まって、楽しさいっぱいの、「未来型ザッシ」。

「招待席」は、02号から始まっていて、その時のゲストは、井川博年さんでした。

しかし、この個人誌、お値段が付いていません(笑)。いったいどなたのもとに届けられているのか、さっぱりわかりませんです(笑)。

 

拙詩集『ファウスト』はお値段ついてます(笑)↓

 

 

https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=103861606

bd03.jpg

shotai7.jpg

kusata7.jpg





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文学賞の選考委員 [文学]

文学賞の選考委員も読者の投票で決めれば、もっと文芸誌が売れると思うがな。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

拙訳プルースト『失われた時を求めて』2 [文学]

 

拙訳プルースト『失われた時を求めて』2

「スワン家の方へ」

 第1章「コンブレー」

(承前)

 

そしてその考えは、自分にとって理解しがたいものとなりはじめる、まるで輪廻のあとで前世に存在したときの思考のように、本の主題が自分から離れ、それに専念するもしないも私の自由だった、視界が戻るとすぐに私は自分のまわりに闇を見出して驚くのだった、眼にやさしく、癒してくれる闇、しかし心にはたぶんそれ以上の、まるで理由がなく、理解しがたいもの、ほんとうに暗いもののように私には思われるのだった。


IMG_1767.JPG



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

拙訳 マルセル・プルースト『失われた時を求めて』 [文学]

拙訳 マルセル・プルースト『失われた時を求めて』

 

 「スワン家の方へ」

 

第一章「コンブレー」

 

 長い間、私は夜早くに寝ていた。ときおり、ロウソクが消えるが早いか、眼はすぐに閉じてしまって、「ぼくは寝るんだ」と思う間もないほどだった。そして、半時間もすると、眠りを迎えにいく時だという考えが私を目覚めさせた、私はまだ手にしていると思っている本を置き、明かりを消したかった、眠りながら、今読んだばかりの事柄についての考えがわき起こるのを止めることができなかった、しかしその考えは少々変わった旅路をいくのだった、私自身がその本のなかで語られたものになっているかのように思われた、教会、四重奏曲、フランソワ一世のライバル、そしてシャルル・カン。この考えは目覚めの寸前の数秒間生き延びた、それは私の理性に反しなかったがまぶたの上に鱗のように重くのしかかった。そして眼がロウソクはもう灯っていないということを理解するのを妨げた。

IMG_1776.JPG

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る