So-net無料ブログ作成
検索選択

『永い言い訳 』──甘美な悲惨(★★) [映画]

『永い言い訳 』(西川美和監督、2016年)


 


 映像は美しく、音楽はセンスよく、心地いい映画だ。本木雅弘の演技は最高。少なくとも、『ベストセラー』のジュウド・ロウより作家らしく見える。とくに、芥川賞を取って、テレビに出て、「そのおかげで読書量が減ったんですよね」と言っているバカ(顔もバカヅラしている(笑))。近頃ありがちなバカ作家、を、ものの見事に演じている。また、池松壮亮扮する、その作家のマネージャーのような役割をしている編集者(?)も、ほんとうは子持ちで、でも口調は甘えっ子のような若者は、本人の地も入っているのだろうが、なかなか惹きつけるものがあった。作家の妻で、美容院経営の、というか美容師の、深津絵里も、寂しげな透明感を少ない場面でよく出していた。


 しかしだ、この口当たりのいい作品と、語られている題材には、大きな齟齬がある。主人公の妻は、「最近ありがちなスキーツアーバス事故」でいきなり死ぬが、いったい、自分の妻がこのようにして死に、その最中に、「妻のベッドで」ほかの女と性交していた男というのは、世の中にどれほどの確率で存在するのだろう? 


「まったく泣けなかった」と主人公は言い、妻は妻で、遺品となった携帯に、「愛してない、ひとかけらも」というメッセージを、死に際に残す。このあたりから、作者(監督本人の小説でもある)の「作り事」が入り込む。確かに小説は作り事だが、だからといってウソっぽくなってしまったら、それは一種の破綻なのである。監督の現実に対する認識はいかばかりだろうと訝る。


 たとえ愛し合っていない夫婦(世の中、その方が多いのではないか?(笑))だとしても、人間としての感情があるはずだ。人間として、バス事故で破壊された遺体を見たらどう思うか? 泣くとか泣けないとか、そういう問題以上に、もっと即物的な思考に人間は追いつめられるのではないか? この点が完全に省略されているので、そこに作品としてウソが入る。ウソが入ると、すべてが、「ありがちなパターン」で動いていく。妻の親友の遺児たちと和んでいくのも、イージーといえばイージーな展開である。ただ、そのあたりを、本木は、脚本以上の存在感をもたらしている。ただただ本木の演技だけで成り立っている映画である。


 遺児の兄妹役の子役たちも、幼いながら達者であったが、PG12の映画の試写を、果たして、これらの子役にも見せたのか?


 名作というのは、決して口当たりがいいものではなく、どこか、どこにもないオリジナルな真実を含んでいるものだが、残念ながら本作には、そういったものはひとつもない。


 そして、本作には、職業差別(主人公の妻、妻の親友の夫、など)と障害者差別(理科教師(?)が吃音である必要はない)が添加物のように含まれていることは、言っておくべきだろう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ボーダーライン』──オール・ユー・ニード・イズ・キル(★★★★★) [映画]

『ボーダーライン』(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、 2015年、原題『SICARIO』)


 


『オール・ユー・ニード・イズ・キル』で、トム・クルーズをしごき抜いた「上官」を演じたエミリー・ブラントである。重いライフルの扱いは慣れているし、根性もすわっている。そういう信頼感がこの配役にはあるだろう。


 アメリカとメキシコの国境(ボーダー)は長く、カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州などが接している。舞台はとりわけ辺鄙な山地の寒村が多い、アリゾナ州との国境で、ここに麻薬ルートの「トンネル」が作られているという。アメリカ側は、ここを叩くことによって、ルートの壊滅を図ろうとしている──というのは、「粗々」表向きのスジだ。邦題がこれに一役買っている。原題は『SICARIO』(暗殺者)で、作中でも、(エチュモロジックに)語られ、伏線といえば、伏線の一部になっている。


 まず、エミリー・ブラントであるが、これは、FBIの捜査官なれど、「誘拐人質救出担当」で、麻薬関係者が誘拐している人間を助けに、特殊部隊(SWAT)を引き連れて「敵地」の建物を急襲する。首尾は上々のはずが……。とんだものを見つけてしまった──。それは、壁に隠された、何十体もの「(拷問済み)惨殺死体」である。その「惨殺死体」のIDは? 村の住民か、移民か? すぐにはわからない──。


 「ボーダー」というと、すぐに、アメリカ/メキシコ国境を思わせるのは、30年ほど前、ジャック・ニコルソンが、国境警備隊員を演じた『ボーダー』がいつまでも映画人の記憶にあるからだろう。つづいて、ベニチオ・デル・トロが、やはり保安官を演じた『トラフィック』で、アカデミー助演賞を取った(『エスコバル』では、ついに、「麻薬王」そのものも演じているが(笑)、未見である)。


 さらに『皆殺しの天使』では麻薬カルテルのボスたちの「のりのり」ぶりと、地元の地道な警官のやるせなさが、ほとんどドキュメンタリー「チック」に描かれていた。


 そういう「下地」あっての本作であるが、本作は、その表面ほど「社会派」の映画ではない。本作は、非常に伏線のよく効いたミステリーになっている。


 キーパーソンは、コロンビア側の検察官だった、ベニチオ・デル・トロ。彼は麻薬マフィアに妻子を惨殺され復讐心を持っている。


 そして、アメリカという国である。実に多くの「情報機関」を持っている。CIAは大統領の直属であるが、司法省や国防省下の「情報機関」もある。彼らは互いに「縄張り」があるが、今回、よくあるように、連邦警察のFBIと(主に)CIAの「コラボ」(笑)なんである。また法律もたくさんあり、大統領命令では、(表向きは)CIAの暗殺は禁じられている。しかしそういう法律をかいくぐって、麻薬マフィアをなんとかせねばならない──。と、アメリカは今、真剣には考えていないと思う。テロリスト問題があるからだ。で、まあ、すでにして、この種の問題は「社会問題」の中心からは外れているような気がする。だから、そういう題材のミステリーである。


 最終的に、ブラントは「法律」を守る。それでこそ、優れたFBI捜査官である。一方、復讐のために、アメリカ国家を利用した、コロンビア人(「役」ですよ!)のトロは、ブラントの部屋を訪れ、合法的捜査であるむねの書類に、ブラントにサインさせようとするがブラントは拒む。しかたがないと銃をつきつけ、自殺に見せかけるぞと脅すが、ブラントはあくまでサインを拒む。しかしトロは、彼女を殺さずに去る。ベランダから、去っていくトロの背中に銃を向けるブラント。それを知っているトロは、抵抗をしない──。しかし、ブラントは、銃を下ろす……。ジ・エンド。


 FBI組の二人は、この種の映画ではマイナーな、女性(ブラント)と黒人。時代は変わった。


 ちなみに、国家内にいくつもの「情報機関」がある場合、各機関の協力体制は非常に重要である。それがまったくうまく行かなかった最悪の例として、先の、ベルギーのテロ事件がある。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『イミテーションゲーム』──カンバーバッチあっての映画(★★★★★) [映画]

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(モルテン・ティルドム監督、2014年、原題『THE IMITATION GAME』)


 


 ソフトウェアのノーベル賞とも言うべき、「チューリング賞」というものがある、アラン・チューリングは、「コンピューターの父」と言われるが、いったい何を考えたのか? 私もよくわからない(笑)。だいたいのところでは、「数学者ではなくても、誰でも使える機械」、データさえテープに書き込めば、おのずと計算結果が出る機械ではないだろうか。もしかしたら、アインシュタインと同じくらい評価されてもいいのかもしれない。そのチューリングの「伝記」のような映画である。チューリングを演じられる、というより、チューリングと等価の俳優は、カンバーバッチをおいて他にないだろう。不思議な役者だ。初めて彼を見たのは、『裏切りのサーカス』においてだ。とくべつハンサムではない。そのときは、ゲイリー・オールドマン扮する、MI6の元幹部の部下で、金髪だった。目が青いのだから、べつに金髪でもおかしくないが、なんか妙な感じだった。ヘンな顔。そのヘンな顔が印象に残った。そのときは、名前さえ知らなかった。名前を調べると、これまたヘンな名前だった。


 「シャーロック」が評判になったので、Amazonで、DVDを購入して観た。スタイリッシュな作りのテレビドラマだった。シャーロックは、映画では、ロバート・ダウニー・ジュニアが演じたが、カンバーバッチの方がハマっているだろう。クールそのものの感じ。しかし英国的クールだ。顔も、宇宙人のようだが、英国人以外のなにものでもないような顔だ。


 本作で、アカデミー脚色賞を取った、グレアム・ムーアが言っていた。カンバーバッチは、ショックを受けた演技で、大声を上げるだろうと思っていると、なにかささやいて終わる。一度として同じ演技をしない。


 チューリングは、機械に恋した。人はそれを「ゲイ」という。機械とのコミュニケーションを試みた。その「せつなさ」は、まさに、カンバーバッチを待たねば表現できなかっただろう。


 脇役も、カンバーバッチに匹敵できるような曲者を廃している。保守的な中佐だが、目がいたずらっ子のような、なつかしのチャールズ・ダンス、「ある時アラブの王子様!」だって演じてしまう英国カメレオンのマーク・ストロング、若くてきれいなのに演技派、キーラ・ナイトレーは、おホモの男に「ないものを求め続ける強き女」を、まるで年上の女のような包容力(この女優には、若いのにそういう持ち味がある)で演じている。『マッチポイント』のあの男優は、ちょっとタイプでないので、スルー(笑)。


 


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る