So-net無料ブログ作成
検索選択

【詩】「ファウスト」その2 [詩]

「ファウスト」その2


 

足かけ60年にもわたって構想した『ファウスト』は、結局、ホメロス、ダンテ、シェークスピアのごった煮。そのすべてに対するオマージュだ。

日本語訳は、新潮文庫の高橋義孝をはじめ、2000年頃、ほぼ同時に、柴田翔訳(一巻本、講談社)、池内紀訳(二巻本、集英社)が出ている。柴田訳は、高橋訳に添っている。池内訳は、独自な言葉遣いの訳だ。ほかに、岩波文庫版もあるが、私は高橋義孝のファンなので、新潮社文庫を取った。ほかに、ドイツ語と英訳の対訳版を参照している。しかしこの版は、途中(ヘレネーの挿話など)が省略されている。

はてさて、ゲーテという「詩人」は、なにを考えていたのか。

「ファウスト」はもともと、十六世紀後半のドイツで、ドクター・ファスウトという人に関する伝説が巷に拡がったものである。

なんでこんな伝説ができたのか? 知的好奇心旺盛で、いろいろなものを探求していた人である。

尾ひれが付き、伝説はイギリスへ渡ってマーロウが戯曲化した。シェークスピアは書いてないが、『マクベス』『テンペスト』などにそれらしい雰囲気が残る──いや、これは、むしろ逆で、ゲーテの「ファウスト」がそれらを取り込んだに違いない。

ゲーテは、この劇のなかで、いろいろなものにしゃべらせる。なんでも口をきくのである。たとえばこんなふうに──。

 

ネット   おれはもともとアメリカの軍事目的で開発されたんだ。「アルパネット」と言ってな。


グーグル   やたらとおれを「現代」の題材と考えるが、おれの前には、「検索」は「あらかじめ自ら登録したもの」しか表示されなかったんだ。「エキサイト」とか、いろいろな検索エンジンがあったがな。そのエンジンごとに、登録してまわらなければならなかったんだ。そのうち、「一発太郎」という検索エンジンができてな、そこに一括して登録すればよかったんだ。「いま」、グーグルは勝手に情報を拾うが、それもプログラミングで操作されてるな。


ネット   ネットのない18世紀に、ゲーテは、きわめてネット的かつグーグル的な劇を書いたんだ。


グーグル    ほんま、こいつのアタマどーなってんねん。


2ちゃん   おれも18世紀に生まれれば天才。


ネット   でもさ、なんで「天使」なの?


グーグル   その前に、「悪魔」だろ?


ネット   反キリスト思想だな、ゲーテって。


グーグル   それを言うなら、反プロテスタントだろ。


2ちゃん   どーかな? 世界一の美女、ヘレネとヤッて、子どもをもうけるなんて妄想じたいが、変態ちゃう?



天使ガブリエル    るーるーるー。あなたが抱いてるヘレネは骸骨、何千年も前に死んだ女。女であることさえ、人間であることさえ、骸骨であることさえ、わからない。


メフィストフェレス    うるさいナ、おまえは、処女の芋娘相手に、「受胎告知」をしてろって。


天使ガブリエル    るーるーるー。それは、「外伝」にあるエピソード。ムハンマドは、年上女房〜。


メフィストフェレス    どーゆーカンケイがあるんだ?


天使ガブリエル    カンケイあるでしょ。


メフィストフェレス    そうかね?  ほら、リストは、おいらのワルツを作ってくれてる。


天使ガブリエル    それこそカンケイないでしょ。


 ★


あんな長い戯曲? どうやって上演するんだろ? 江戸時代の歌舞伎も、一日中やっていたというけど。

最後に、ファウストは死んでいく。こんなふうに言って。


Zum Augenblicke durft ich sagen :

Verweile doch, du bist so schon !


この瞬間に向かって、こう言ってもいいだろう:

止まってくれ、おまえは最高に美しい!


「時間よ〜、止まれ〜、ううう〜」

って、矢沢のエイチャンじゃん(笑)。


ツィッター    この場合、一般的な時間に向かって言ってるわけじゃないんです。ファウストは、「この瞬間」、つまり、死を前にした瞬間が美しいと言っているんです。そして、その瞬間を「止め」、その瞬間のなかに、永遠にとどまろうと。


(小鳥の羽音)

 


(完)


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「まだ夏が好きなのだろうか?」 [詩]

「まだ夏が好きなのだろうか?」


 


ブックオフ(オンライン)へ出すための本を、

リビングの扉付きの、いつもは見ることのない本棚で探していると、

昔の同人誌仲間だった詩人の、

薄い、けれどハードカヴァーの詩集が出てきた。

もちろん、ブックオフには出さない。

出したところで値段はつくまい(と、思われる)。

あらためて読んでみると、昔はわからなかった魅力が

今はよくわかって、言葉を最小限に使おうとする詩人の

筆力のようなものに感心した。

この詩集は、なんらかの賞を取るべきだった──。

しかし詩人は、切り詰めた表現の現代詩さえ長すぎると思ったのか、

俳句の方へ行ってしまった。

われわれの交流は、それよりはるか昔に途切れ、

途切れた時点も、理由も、明確だ。

そう、ある意味、「青春」をともにした詩人であるが、

すでに「階層」が違っていた。

詩集の中に描かれている、というより、大学生の甥の視点で描いた作品は、地方に住む詩人が、東京に出て行き、甥のアパートに、

深夜酔っぱらって泊まり、翌日の午前中には帰って行く、

毎度の様子を描いたものだが、この甥は、叔父である詩人から

こづかいをもらうのだが、今はすでにある分野の有名人の権威と

なって久しい。

すでに三十年経過しているのだから。

詩集のなかで詩人は、少年時代から続く、夏へのある心地よさ、

なんの心配もない家族のなかでの夢心地を、

反芻するように描いている。

妻はかつての高校の同窓生で、

若き恋を実らせ、収入も社会的地位も保証されたような境遇にあり、

楽しみで詩を書いている、

そんな人生、、、

つまりは、この私とは、なんの関係もない人の人生。

ネット活動は、卑しい、「アカ」じみた人間のすることか?

そう思っていないまでも、詩人、いまは俳人?  は、

ネットには姿を現していない。

短い、さっぱりとした詩が十四編収まった詩集の、

終わりまで読んできて、最後の表題作は、

「私は夏が好きだ」と始まる。

そして、私はふと思うのだ。

この人は、すでに老いの領域に足を踏み入れて、

まだ夏が好きなのだろうか?  と。

 

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「トゥルー・グリット」 [詩]

「トゥルー・グリット」


 

母は、33歳ぐらいから74歳ぐらいまで、

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も、

工場で、正社員、のちに熟練工として働いてきた。

3人の子どもの授業参観日の日には早退けして必ず出た。

工場は、はじめ、歩いて1分のところにあり、蠟引き紙を

生産していた。それを貼り合わせて、袋を作る、内職要員を、

近所に抱えていた。母も最初は内職要員だったが、まだ若く、

働きものだったので、見込まれて、正社員になった。

そのうち、工場は職種内容を変え、

佃煮などのプラスティックの袋の上部の、絵や文字を

印刷する、印刷工場になった。

母は、「色出し」に優れ、会社にとっては、なくてはならない人になった。勤続何十年の熟練工として、表彰されたこともある。

その時の母の写真は、帽子をかぶって、前掛けのようなもをして、胸を張っている。まさに、どこかの国の労働者の模範となりそうな写真だった。

母は常に、よい食べ物、おいしそうなものは、おしみなく、子どもたちに先に与え、父を家長扱いしなかった(笑)ので、

われらは、貧しいながら健全に育った。

母は、独自の考えを持っていて、ひとがするからといって従うことはなかったし、警察官だと名乗るものも信用せず、「警察手帖見せて」と言った。

そして、会社の社長は、「山下さん、80歳になっても来てよ」と言ったにもかかわらず、74歳あたりの時、ほかのもっと年下の女性従業員二人といっしょに、「やめてください」と言われた。

「あと数年と思ったけど、今までお世話になりました、と言ってしまった」と、母は悔しそうに語った。

そのあと、すぐに、シソの葉を束ねる内職を新聞かなにかで見つけ、電話して申し込んだ。しかし、その仕事先の人は母の仕事ぶりをなぜか気に入らず、すぐに「もういいです」と言われた。

母は一時落胆したが、近所の人の紹介で、今の仕事先の仕事をしている。内容は同じ、大葉を束ねるしごとだ。

それを、要介護5の父の面倒を見ながら続けている。

コーエン兄弟の映画で、『トゥルー・グリット』というのが、あった、利発な少女の敵討ちのハナシだったと思う。

また、最近アメリカの能力開発書に、『グリット』なる題名のものがある。

グリット──すなわち、「続ける力」。成功は、才能でも根性でもなく、ただそれを続けることだという。

『トゥルー・グリット』──ほんとうの勇気、根性、なにより粘り強さ。そう、真に粘り強い人。

その利発な少女が母に重なる。

今度生まれてくる、などという思想に染まってみるとき、やはり、母の子どもに生まれたいものだ。

今も学び、成長し続ける、最高の母だ!

 

 


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「生きる喜び」 [詩]

「生きる喜び」


 


 小学校から帰ってくるとき、わが家が見えると、ひときわ貧しさが目立って、それはトタン屋根だったから、恥ずかしくて、たまに、違う町内の同級生がくっついて来ることがあると、自分の家を見せまいとして、違う道を帰ったものだ。


 周囲の家は一応瓦屋根だったが、うちはトタン屋根だった。というのも、もともと父母が結婚した時、ある家の物置を多少改造して借りたらしい。それがわが家だった。最初は水道もなく、隣りの大家から母が水を甕に運んでいた。その甕には、たまに三河一宮の母方の祖母が持って来た、黄瓜が浮かんでいることがあった。


 六畳と四畳半と台所はいつまでも続いて、勉強部屋がないので、みんなが寝静まった夜中しか勉強する「空間」がないので、私は自然夜型になってしまった。


 父母はよく夫婦ケンカをして、止めの入るのはたいてい長女の私だった。自分は悪くないのに、「私が悪かった。許して、ケンカしないで」と父母に謝ったこともあった。


 たいていはお金のことが原因だったと思う。


記憶に残る大げんかは、父か母のどちらかが、ハサミ、母が洋裁で使うラシャバサミを持ち出してがなり合いをしだした時だ。危機を感じた私は、隣りの大家のオバサンを呼びにいった。オバサンがのそのそとやってきて、「まあ、およしんよ、ひろしさん」と声をかけた。


 私は瓦屋根を夢見たし、自分の勉強部屋を願ったし、尊敬できる父親にあこがれたし、ヒステリーを起こさないほんとうの母親がどこかにいるのではないか?と妄想したりした。


けれど、すべて現実で、現実は延々と終わりなく続き、しかし、夫婦げんかはどこかで終わったらしく、父母は別れもせず、家は破産もせず、現在に至っている。


 86歳の母は、87歳の父を病院から引き取り、いまは赤ちゃんが「はいはい」したり、「たっち」したりするのを楽しみにするのに似たような、回復を楽しみに面倒をみている。


彼らはつまり、しあわせだった。


 国を捨てねばらぬことも、自分の家から追い出されることもなく、労働者としてりっぱに働いてきたから、暮らしを立てていくだけの年金はあり、人間としての尊厳を保っている。そして、生きる喜び。

 

 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「いまはひたすら霧のなかをさまよいたい」 [詩]

「いまはひたすら霧のなかをさまよいたい」


 

  分水嶺を超えれば、誰でも死ぬ。しかしその分水嶺というのがどこにあるのかわからない。それはひたすら霧のなかをさまよっているようなものだ。乳鉢を伏せたような丸い山、蛇がうようよいて近づけない山、あるいは私が幼少時に見ていたような、遠州の、三角形をいくつも連ねたような緑の山。いろいろな山を心に浮かべながら、霧のなかをさまよう。国家とか民族とか言語とか宇宙とか意識とか思念とかそういうものはすべて霧のなかに溶けている。決定とか光とか闇とか刑事とか縄とか逮捕とかそういうものもすべて霧が隠している。ギリシア神話では母の女神がアエネーアースを霧で隠す。オデュッセイアーでも女神がオデュッセウスを霧で隠していたように思う。言わば、母心の霧。そんな真珠色の霧に包まれて、どことも、いつとも、しれない場所、時間を、ひたすらさまよいたい。名前も性別も解かれ、変身への欲望も消え失せ、自我も忘れ、頭上にひょいと現れる分水嶺だけ、待っていたいものだ。


 


【詩】「闇の中の黄色いママレモン」 [詩]

「闇の中の黄色いママレモン」


 


 いま私がいる闇は台湾のサトウキビ畑の中あるいは、フィリピンはレイテ島のカンギポットの丘の木陰あるいは、おそらく、シリアはダマスカス国際空港にある地下牢にちがいない。両手首を縛り上げられて梁のような天井に渡された鉄の棒に吊されてすでに何時間、いや半日以上が経っているはずだが、すでに手首に感覚はなく、アサド政権の秘密の地下牢というよりは、東京の下町の長屋、にいるような気がしている。いずれにしても闇だが、その中で、ぼーっと黄色い瓶が並んでいるのが見える。それは、商品名「ママレモン」といって、すでにレトロな商品だ。チャーミーとかなんとかべつのもっと新しい商品が一般的だが、私はこの古いママレモンにこだわっている。それを大量に買って台所の流しの高い棚に並べているのは、そう、切れた時の用心のためだ。と思われるかもしれないが、私とて、こんなにたくさんのママレモンなどいらない。いや、いつ近所のスーパーに買いに行けなくなるかもしれないから、安い時に買っておいたのだ。「手にやさしい」とか、「今」ではいろいろ新しい台所洗剤が出ているから、もうママレモンは時代遅れ、やがては消えていく商品なのだ。だいたい容器が「透明でない」というのは、完全に旧式の証拠だ。なのに、私はそれに拘っている。それは私が、台所洗剤に求めるものは、茶碗がきれいになればいいのであって、「手にやさしい」必要はない。入っているのは、洗剤に決まっているのだから、透明で中味が見えている必要はない。それで今はやっているのより五十円くらい安ければ、十個買った場合、五百円の節約になる。そう、節約、それがなにより重要だ。それにしても中国共産党の幹部たちはけしからんな。『資本論』を誰も読んでいないというではないか。それにしても、大岡は、なぜあのように、数字に拘るのか? 数字ばかりの小説ではないか。あれではExcelがいる。Excelで処理する必要がある、というか、表にする必要があるな、最低。だがレイテ島がどうしたと私は言いたい。私のいる地下牢は、かなりの広さ、そう、国際空港ぶんの広さがありながら、「満員」で、疲れても横になることができないのだ。幸い、私は吊されている。もう声も出ない。ときどき気を失うのを待つばかりだ。2011年から2013年、拷問死した者の数を聞けば、さすがの大岡も腰を抜かすだろう。1万1000人以上だ。それはちょうど、レイテ島で日本軍壊滅ののち、カンギポット周辺に集まり、ゲリラの襲撃と飢えとで死んだ日本兵の数と同じだ。これも戦争には違いないが、昔の戦争で死んだ方がましだったと思えるかもしれない。それにしても、同い年のハーバート・ノーマンがエジプトで自殺するとはな。マッカーシズムに抗議してだって。ノーマンは日本生まれ、マッカーサーといっても、あのマッカーサーではないけどな、将軍の方のマッカーサーの側ではなかったにちがいない。しかし彼の父、「宣教師」というのは曲者だ。フィリピンにやってきたのも、そんな善意の宣教師だ。そう、昔の戦争の方が「しあわせ」だった、「今」はそんな時代か。「未来」には、アサドの地下牢。手首が壊死して切断しなければならない者もいたが、私は幸運にも食い込みの跡だけすんだ。私は釈放され、というか、車で運ばれて、ダマスカスの中心で放り出された。人が人を故意に痛めつけるとは、いかなる理由か? なんのために? 同じ国民同士なのにな。台湾人を人とも思わなかった日本人が、「未来」には格安飛行機で観光に行く。もちろん優越感いっぱいで。なにもかも唾棄すべきイメージ。私の質素な台所のママレモンだけがひそやかに、その場所を占め、昭和的な黄色、プラスチックのうす黄色い光を放ち続ける……それにしても、このgoogleマップ、使い物にならんな。レイテ島の要所を表示するのに、えらい時間がかかる。レイテ島だなんて、私は大岡昇平なのか? いやちがう。鹿児島の梅崎春生の葬儀に出て、その闇をじっと見つめている、般若豊だ。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「蹴り殺されたフラミンゴのために」 [詩]

「蹴り殺されたフラミンゴのために」


 

イギリスの動物園で、フラミンゴが石を投げられた後、フェンスを越えた、5歳から8歳の三人の子どもに蹴り殺された。

ピンクの羽根より赤い血。

それで、「彼ら」は、おもしろかったのか、、、、

これらのガキはきっと、のちに、「もっとすごいこと」をしでかすかもしれない。


人はなんのために生きるのか?


フラミンゴはなんのために生きるのか?


 *****


フラミンゴ、フラミンゴ、きみは淡いピンクの羽根が自慢だった。

だが今、その羽毛の大半は、苺ジュースみたいな赤に染まっている。

そしてきみは眼を閉じている。


その眼は永遠に開かない。

その時もきみは一本脚で立っていたのか?

フェンスがあったのに、そのフェンスはきみを守ってくれず、

そのフェンスを越えた、三人のガキに、蹴り殺された。

投石ではまだ足りず、わざわざ蹴り殺しにきた悪魔たち。

どんな復讐が、この悪魔たちにふさわしいのか?

「教育」など持ち出してほしくない。

たとえ5歳、8歳でも、それなりの地獄を見させたい。

フラミンゴ、フラミンゴ、動物園に入れられたのが、

マチガイ。

はじめから、命はあって、ないようなものだった、

かもしれない。

きみの美しい羽根のピンクと、血の色を永遠に

眼に焼き付けよう。

せめてもの鎮魂のために。

命が、生ゴミのように扱われる時代。

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「どん底」 [詩]

「どん底」


ものごころつけば、父は肉体労働者、母は内職のちに正式な工場労働者、で、家は借家。


そんな環境で、しだいに、自分の家ほどの貧乏人はないと思っていたが、高校にいって、ひょんなことから、演劇部に入ってしまい、そこで、演劇というものにハマってしまい、そこで、学校と市の図書館の戯曲を読みふけった、


市の図書館は高校のすぐ近くにあり、充実していて、ベケット、イヨネスコ、ピランデルロ、などをそこで知った。知って驚いた。

「不条理」なるものの世界が存在することを。というか、そうした世界の見方があるということに。


学校の図書館には、ゴーリキー『どん底』があり、

ロシアの文学は、いつも、貧乏にはさらなる下があることを示してくれて、目を見張った。


ドストエフスキーの貧しさは、まだ「高嶺の花」(笑)で、

ゴーリキーの『どん底』こそ、そのときの自分の現実だった、


まさに「どん底」の人々が、安下宿に投宿して、いろいろごたくを並べている。これ以上落ちようのない人々が。


しかし、いま、二十一世紀の日本で、「底辺女子」といって、売春産業を強いられる女子たちは、そのゴーリキーよりさらに「どん底」なのだった。

まさに、貧しさに、底はない、


そして、それらは、ロシア文学のようには、文学にならない、

非人間的なものは、いかなる文豪も、描くことがでない、


日本の今のエッセイや小説などに描かれているではないかと、反論があるかもしれないが、それらは、


 たとえ「どん底」を描いても、豊かさと、どこか人間の体温の暖かみをもった、文学ではない、


ただの「レポート」だ。

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「右側に気をつけろ」 [詩]

「右側に気をつけろ」


(Soigne ta droite)


夜明けまでに詩を書いて(もちろんフランス語で)パリのネルヴァルの住居に届ければ、彼の自死を免れさせることができる──。


というお告げ。


はたして誰からの?


などという考えはいっさい浮かばず、こちら、東洋の白痴は、エールフランスは夜中のフライトの命名募集に応募し、みごと当選!

羽田からパリへ向かう。あ、そのフライトの名前?

「サンテグジュパリ」


紙と鉛筆を手にしているけど、まだ詩はかけてなくて、


すでにパリの街路を彷徨中。


えー? ネルヴァルの住居って……? たしか……うねうねくねった路地の中の路地。迷路のような奥。


「すみません、このへんにネルヴァルさんの住居知りません?」

「だれ、その人」

「作家……っていうか」

「作家? ここにはたくさんいるけどね」

「どこかで聞いたその言い方……」


港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコスカあノノみたいな。


「頭の中になにか入ったっていってたなー。何ヶ月も引き籠もったまま姿を見せなかった。ジェラールとかなんとか。ウブなネンネじゃあるまいし、収容所のアンネじゃあるまいし、おかしーぜ、あのオッサン」

「そう、そのオッサンです」

「あんた日本人だろ?」

「そうですが、どうしておわかりに?」

「日本語しゃべってんじゃん」

「あ、そうか。じゃあ、あなたも日本人?」

「見りゃわかるだろ? おれは、ウクライナ人よ」

「そういうややこしいこと、言わないでください。詩が違う方向へ言ってしまうから」


日本語を話すウクライナ人について、ベンヤミンは書いている(ウソ)。

物語作家について書いている(ホント)。


「闇が光に打ち勝とうとしている。しかし光は夜の背後から襲ってくるだろう」

そう朗読する、フランス人の、いやスイス人の白痴は、やけにいいコートを着ている。


「それで、詩は書けたかね」

「こんな感じでどうですか?」

 

La nuit ou Baudelaire tombe

La fenetre, la vitrine, les fleurs brillent

Les choses simples commencent a raconter leur propre histoire


(ボードレールが降る夜

窓やショーウインドーや花々が輝く

単純な物たちが彼らの物語を語り出す)


「ま、そんなもんだろ」

スイス白痴は、先に立って歩き、

とある建物、古い修道院のように見えたが、その入り口に立ち、

コートのポケットから古風な鍵を取り出した──。


けれど、そこにわれわれが見出したものは──


「しまった、遅すぎた」

「遅すぎたってねー、あんた……」

 

おそらく梁から下がっていたであろう「綱」は切れて、

クェッションマークに似たかたちで、「それ」の背後から

「這いだして」いた。

 

「それ」は黒々とひからび、しなびたカボチャのように、

いっさいの物語を拒絶していた。


だがしかし、

 

光が背後から襲うだろう。


 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る