So-net無料ブログ作成

【詩】「ポップなジジイ細田傳造氏」(一応「詩」です(笑)) [詩]

「ポップなジジイ細田傳造氏」(一応「詩」です(笑))

 

細田傳造氏から同人誌『ユルトラ・バルズ』(イミフ)を送っていただいた。私に同人誌を送ろうとする人も珍しいので(ほんとうは送ってほしくないのだが(笑))、なにか感想を書くべきなのかな? と思って書きだしたところだ。これが有名人なら、無視もいいだろうが、私は市井の一般人なのでそうもいかない。いくらあちらから「送らせてください」と言われたものでも、受け取って無視したら、横柄なやつだと思われるだろう。細田氏もなにかを期待して送ってきたのだろうし。なにを? 私はべつに、同人誌評などもやっていないし、なになに賞に推薦してくださいの、葉書も来ないし。まあ、ブログとかホームページは持っているので、そこに書くぐらいかな。あるブログの1日のアクセスは、100になることもあるので、まあ、少しは他人の眼に触れるかな、ということぐらいか。御利益と言ったら。

この同人誌、なかなか上等な紙で作られた、洗練された雰囲気の冊子で、判型も正方形に近い特殊なものだ。だから、180円のスマートレターの封筒に入らず、320円のレターパック・ライトで送られてきた。まだまだ封筒の隙間はあって、コスパの低い同人誌と言える。

同人の面々を見るとかつてお見かけした名前もちらほら。

まず最初のページを飾るは、阿部日奈子氏の『島嶼歴訪』。ここに書かれた風景は、去年の暮れだか実家で見たテレビのドキュメンタリーで、日本人がこんなところにもいる、様子を映したやつにそっくりだった。なにか「どうだすごいだろうと書き手が思い込んでいる事柄」を描写しただけという感じ。だいたい、この頃の詩は、どんなものでも「描写」しようとしているにすぎない。心象風景だったり、妄想だったり。すべて「描写」。詩とは何かが十分に考えられていない。まー、以下、似たようなものだな。ただ、細田傳造だけは詩になり得ているような気がした。それは、細田が世界に対して正直だからだ。それと天性の言語感。森山恵という人がこの詩誌の編集をされているようだが、この人のペダンチックというのか、そういうものが伝わってくる。アーサー・ヘイリーの『源氏物語』に痺れて、その現代日本語?訳をしているようだが、私も、ヘイリーではないにしても、サイデンステッカーの『源氏』を持っているし、その冒頭の『桐壺』も十分に衝撃的だ。

 

The grand ladies with high ambitions thought her a presumptuous upstart, and lesser ladies were still more resentful.

 

大いなる野心を抱いている高い身分の貴婦人たちは彼女を生意気な成り上がり者と考え、それより低い身分の婦人たちは、さらにむかついていた。

 

ノノとまあ、こんなふうに、「明快」にはなっているのだが、果たしてこれが、紫式部の『源氏』の魅力だろうか? と思ってしまう。それより、国文学者の大野晋をしても、「源氏の文章は難解である」と言わしめているのだから、この原文を読解することの方が先なのでは? と私自身は思っている。

 

こういう同人誌のなかで詩を発表することが、細田傳造氏のためになるのかどうかは、よくわからない。ただ、私としては、ネットで詩を発表している詩人の方が、「活きがいい」ような気がする。潔いというか。詩は、刺身といっしょで鮮度も重要だから。

ネットで発表しないで、同人誌だけだと、数が貯まらない。するとなかなか詩集にできないしサ。隠すようにして書いて詩集を出す人もいる。

私の印象では、細田氏は、彗星のように現れ、いきなり、中原中也賞と丸山薫賞を受賞され(ほかにもあるか知れないが)、それなりに「努力」されたようであるが、さてその先、どういう賞を制覇されるのか? しかし、いかなる賞を取ろうととも、以前に比べ「盛り下がっている」ような気がする。思潮社刊の『かまきりすいこまれた』(第一、かまきりは、排水口の鉄の蓋の裏側に、ちゃっかり貼り付いているかもしれないし)は、書肆山田刊の前の詩集に比べて、エネルギーは衰えているような印象を受ける。鮮度も落ちているような……。

「詩壇」(というものがあればのハナシだが)は、依然、ネット拒否の、池井昌樹と、人気商売の谷川俊太郎の帝国だろう。果たして細田は、この帝国を乗っ取ることができるか? ダークサイドに墜ちないことを祈る。ぬあんて(笑)。


 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「エクスカリヴア」 [詩]

「エクスカリヴア」

 

薔薇とか死とか

貝殻とか夢想とか

微笑みとか月とか

砂漠とか追憶とか

影とか檸檬とか

風とか嫉妬とか

夜とか永劫とか

鍵とか嵐とか

秘密とか枯葉とか

さういふものすべて

入つた箱を貫いて

怪剣エクスカリヴアは、

きみを探す。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「詩のわかれ」 [詩]

「詩のわかれ」

 

資生堂が出している『花椿』は、昔は、デパートなどの資生堂のカウンターに置いてあったが、最近は見ることもなくなった。少なくとも、福岡「ジュンク堂」にはない。それがたまたま、新しくできた、六本松421内の、ツタヤ書店に、ほかの雑誌と並べられておいてあったので、ほかの雑誌といっしょにカウンターに持って行くと、やはり「タダ」だった。

今号は、「第35回現代詩花椿賞受賞作」が、「花椿文庫」となって、綴じ込みの紙の袋に入っている。

井坂洋子さんの詩集だが、冒頭に、「書き下ろし」が、この『花椿』のために、一篇加えられている。「波」という詩だ。

 

 きょうという日の次に

 きょうという日はやってくる

 打ち続くきょうという波の

 寄せては返す 他愛のない

 物語

 

 

すべて書き写すのは、著作権を鑑みて差し控えよう。

受賞詩集の『七月のひと房』は読んでいたが、正直、

なんとも思わなかった。選考委員の池井昌樹は、

「最古の故郷と故郷に微睡む最古の幼心、そして、それら全ての喪失感がある。ヒトの世の根源にも宿る記憶にも、その消失にさえ無自覚な『いまここ』への静かな、烈しい警鐘とも捉え、選考委全員の総意として本詩集を受賞作と決定した」と書いている。

 

奥付の選考経過に、「午後6時12分、受賞作を決定しました」とある。選考会は、午後2時15分に始まったとある。分刻みのタイムラインである。

 

おそらく、これらの詩人たちの壁の内部に、自分が入ることはないだろう。

池井昌樹は、いろいろな賞の選考委員をやっているが、すべてこのような表現で詩を測るなら、それに関与しうることもないだろう。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「げん」 [詩]

「げん」

 

げんちゃんは、金持ちに飼われている、「マメ柴」だという犬だ。まだ若い。

飼い主の金持ちは、七人家族、八台の監視カメラを設定していて、平日には通いのお手伝いさんがやってきて、家内の仕事の最後に、げんちゃんを散歩につれていく。お手伝いさん以外の家族が散歩に出ているのは見たことがない。お手伝いさんが来ると、げんちゃんは、まるで虐待されているかのような声を出して鳴く。「早く、早くぅ〜」と言っているのだ。

名前が「げん」と二文字なら、たいてい、「げんちゃん」と呼んでしまうが、散歩中のお手伝いさんと会って(こちらも犬連れなので)立ち話をすると、「げんは今日ワクチンの注射をしたんです」とか、呼び捨てだ。おそらく、飼い主の前では、「げんちゃん」と呼んでいると思うのだが。

 

このげんちゃん、前に飼われていたシェパードが三年で死んで、今度は、「元気に育つように」と、「げん」と付けられたと、これまたそのお手伝いさんによって知ったのだが、だいたい、この家はなんのために犬を飼っているのか疑問である。家屋は、四十世帯が入るうちのマンションの建物の幅とほぼ同じ幅を持ち、屋上もある二階建てで、七人家族にしても、かなり広い。しかし、この家のどこにも、マメ柴(げんちゃんは大きくなってしまったマメ柴であるが)を収容する場所はない。げんちゃんは、外で飼われている。庭の一角にげんちゃんの小屋があるようだ。その庭も、最近、フェンスで仕切られているのが、わがバルコニーから見える。お手伝いさんが来ている時、虐待されているかのように鳴いているので、私はバルコニーから「げんちゃん」と呼んだり、口笛を吹いてやる。届くかどうかはわからないけれど。

 

犬はどんな人間に飼われるかによって、犬生が決まってしまうので、つくづく犬にだけは生まれたくないと思う。ほかの動物も似たようなものだが。とくに、馬は見ているだけで哀れさを感じる動物だ。馬より犬の方がいいか。それは、わからない。

赤瀬川源平の撮った写真で構成された岩波ブックレットに「馬」がテーマになっているものがあって、モノレールの駅の、大井競馬場だったか、青物市場だったか、その付近に、馬の途殺場があって、そこで「順番」を待たされている馬たちの写真があった。辛くてはっきり見ることができなかった。瘏殺場への建物へ入る坂になった板の上を引っ張られてゆくとき、馬は事態を察知して激しく抵抗するという。

用途が終わって殺される馬がいいか、薄情な飼い主と長くて十数年の生を終える犬がいいか。

 

まあ、とにかく、自分がいっしょに生の時間を過ごすことになったわが犬には、できるかぎりの自由を与え、犬の「いいなり」になっている。私はなにがなんでも、この犬を守り通すつもりである。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「しあわせな日々」 [詩]

「しあわせな日々」

 

せとうちじゃくちょうです。ほんま、あたし、わかいときはかわいかったんですわ。こんとうこうおしょうにとくどしてもらって……。とくどってごぞんじ? あのー、かみをきるというか、そることね。そってぼうずにすることです。ぶつもんにはいるために。むかしの身分の高い女性も人生はかなんだとき、とくどしたんですわ。そら、あたしもじゅうぶんな修行をつみました。奔放なじょりゅうさっかだったけど、いろいろふりんもしましたが、もうおとこはいいと思ってしまったの。いまは、はやしまりこさんがもってきてくれる、いちまんえんくらいのかつさんどとしゃんぱんがたのしみ。もちろん、ぶつもんにつかえるみ、それなりのしゅぎょうはしてますよ。いろいろなやんでいるじょせいのそうだんにのってあげたり。さっかとしてしっぴつもしています。このたび、えいがにでました。そう、せんそうは、ころす方もころされる方もひさんだっていうことを、おはなししました。ほら、あたしって、すでにそなわったぶつもんてきおーらがありますでしょ? でただけではくりょくですわ。せとうちじゃくちょうってなまえをはつおんしただけで、わらいをとれますでしょ? だから、そういうげいにん、ざ・にゅーすぺーぱーがさまざまなせいじかにふんするみたいに、だれかあたしのふんそうをしてやってくれないかしら? もちろんぶつもんにつかえるみなので、あたしがげいにんとしてぶたいにたつわけにはいかないので。それにしても、ながい時間がたってしまった。いったいいま、いつのなのかしら? ぶつもんにつかえるみ。そくしんじょうぶつみたいなこの状態(土でくられた山に首まで埋まっている)。じゃくちょうってなまえは確か、とうこうおしょうが、つけてくれたような気がするけど、もうずいぶん前なので忘れてしまった。とうこうおしょうはとうのむかしにきせきにはいられて、もうどくぜつひとついえやしない。あのころ、とうこうさんときゃっきゃっいってたじだいが、あたしのいちばんしあわせな日々だったかもなー……(と土に首まで埋まった老女がしゃべりつづける、サミュエル・ベケット作『しあわせな日々』を急に演じたいな〜と思った筆者だった……)

 

 

 


nice!(2)  コメント(0) 

【詩】「むくろ」 [詩]

「むくろ」

 

むくろ。死体。自分がそれになったことを想像した。もはや自分の手で自分のことを何も変更できない。モノ、である自分。ただ時間の経過につれて腐敗していく有機体。夢とか希望とか悔恨とか恥じらいとかが、他者の意識の空間にゴミのように漂いだす。解放なのか永遠の束縛なのか。爆笑なのか永遠の慟哭なのか。欲望なのか永遠の後退なのか。封印なのかあられもない流出なのか。その時、関係は分解されて、喪失よりももっとみだらで、石ころより浮かれている。それは確実にきて、その時、何かが返上される。その何かとは、私が生まれた瞬間に見たものだ。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「そしてポンジュ」 [詩]

「そしてポンジュ」

 

「水はいつも自分より下方にあり、それを見るときは視線を下げねばならない。水は地面のようだ、地面の一部のようだ、地面の変形のようだ」とポンジュは書く。

 

遺棄された郷愁のようなものが夜のミキシンググラスを満たすとき、私は祈りのようにポンジュの詩集を開き、どこでもいいから、とりあえず彼からの言葉をこの身に染み込ませるのだ。そうでもしなければ、宇宙の陳腐さに存在を見失ってしまう。

 

「水は常に崩れ続け、かたちをなすことをあきらめる」

 

すべてのはじまり。そしておわり。

水の内面にたってみれば、放埒さが遊んでる。

 

下方へ、下方へ。

 

まるで宇宙に上下があるかのように。

変形、水位、下方。

ひどく長い時間。そしてポンジュ。

 

常に半覚醒あるいは半睡眠状態のとき、詩のようなものが見えて、

素早く言葉を書きつけるのだが、それはいつも水のように崩れていく。

 

 

****

 

Francis Ponge "DE L'EAU" (Le parti pris des choses)より一部引用翻訳。


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「春待つアリス」 [詩]

「春待つアリス」

 

依然コタツで居眠りしている。

世界は無音の祝祭中だが、

ボクはこうして背をまるめて

眠りながらミステリーを書いている。

長編小説は、レース編みのように、

ひとめひとめ、辛抱強く

続けていかなければならないんだ。

殺人はあっても、それはクロッカスの球根のようなもので、

ひとの感情は動かない

謎を星雲のように渦巻かせ

へのへのもへじの双六の夢

かつて、鰐だったもの

かつて、560円だったもの

らが、耳を澄まして

あるちゅーるのランボーが

ぶっきらぼうに言葉をステアして、

ミキシンググラスのなかで地獄とやらが

あまいカクテルと化していくのを

聴いている。

いったいなんだっていうんだ? きみの地獄って。

依然夜だ

朝なんて来ない。春が永遠に来ないように。

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】荒地1 [詩]

「荒地1」

 

荒地とは、荒れた土地ではなく、耕地として利用されていない土地。

すべての土地を、畑(日本の場合は、田んぼも含めて)にするのではなく、なんでもない土地として、自然を残しておくことを、熊沢蕃山は提唱した。

おそらくは、T.S.エリオットの「Waste Land」も、そのようなものだっただろう。

多くの行が、さまざまな書物からの引用であるこの詩は、その底に、ケルトの妖精たちや、聖剣エクスカリヴァーが埋まっている大昔の土地を隠している。魚王や、蛙たちの土地。

あらゆる生物は、延髄で情報を集め、脳に送る、ようにできている。

しかし脳が処理する情報は、たったの、0.0001%。そのほかの情報は捨てられる。情報とは、嗅覚、触覚、味覚、視覚、聴覚などの各器官が集めるもののほかに、脳が集める記憶、幻想などもある。

女探偵が、記憶の大地から、その聖剣を引き抜く時、

荒地は香りを沸きたたせるだろう。

「さあきみに、記憶の指輪を!」

そういってランスロットは、くちびるを、わたしのくちびるに触れさせた。

太古というゲームがはじまる。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「ジジイのストリート・ミュージシャン」 [詩]

「ジジイのストリート・ミュージシャン」

 

威勢のいいダミ声が流れてくる。

見ればジジイのストリート・ミュージシャンだ。

実際のところ、そのギター弾きが、何歳かはわからない。痩せこけた頬と、白いヒゲで判断したのだ。

フィンランドでは、ジジイがストリート・ミュージシャンをしている。

フィンランドでは、難民の異国人同士、たとえば、シリア人とイラク人が、助け合っている。

イギリスの浜辺の墓地では、ジジイは墓穴を掘っている。

『ハムレット』でもおなじみのシーンだ。

そうしてジジイは、

難民については何も語らない。

シリアはアレッポの、普通の市民を殺すのは、

政府軍? 反政府軍? ヒズボラ? イスラム国?

もうなにがなんだか、わからなくなっている。

ヨーロッパの映画監督は、どんどん難民問題を

映画に取り込んでいく。

だが、日本はどうだ?

日本では、ジジイはヒマをもてあましているかに見える。

威勢のいいダミ声で歌わない。

カーボーイブーツを履き、エレキギターをかき鳴らし、

悔しかったら、ストリート・ミュージシャンになって、

難民たちの、苦しくも悲しいロマンを、歌い上げてみろ

ってんだ。

「鷲は舞い降りた」。

今からチャーチルを誘拐する。

ハイル・ヒトラー!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る