So-net無料ブログ作成

『希望のかなた』──無表情の中の魂(★★★★★) [映画レビュー]

『希望のかなた』 (アキ・カウリスマキ監督、2017年、原題『TOIVON TUOLLA PUOLEN/THE OTHER SIDE OF HOPE』)

 

 クリスマスイブに本作を観ることになったのは、天の思し召しかもしれない。相変わらず、映画.comの批評氏は、判で押したようなことしか書いていない。「心温まる」とかなんとか。本作で「心温まる」かどうか。確かに、動きのない画面構成からは、オズだかなんだか、そういう影響が認められなくもない。しかし、同じ無表情でも、日本人の解剖学的特性の無表情とは違った、一種独特の怖さを持った無表情で、カウリスマキ作品の登場人物たちは登場する。誰もが無表情で、実際、いい人か悪い人か、わからない。難民を痛めつける極右たちも、主人公を拾ってくれるレストランのオーナーも、結局は、主人公(シリア人の難民)をいろいろと助けてくれるレストランの従業員たちも、ケイタイ電話を貸してくれるイラク人の難民仲間も、フィンランドの警察も、移民局の人も、主人公に偽のIDカードを作ってくれるオタクの青年も、極端にいえば、同じ表情をしているのだ。

 そして、映画は、大団円も、カタルシスも拒否する。希望でも絶望でもない、「かなた」へ、観客を連れていく。

 結局、現実というものは、そういうものだ。「袖擦り合う」だけの人も、「親しく交わる」ことになる人も、外側からだけしか見ることができず、その人たちの心の動きなどわからない。それが、普通の映画だと、手に取るようにわかったりする。それで、観客は、主人公に感情移入できる。本作では、主人公にさえ、感情移入できないようになっている。ただ、シリアのアレッポ(イスラム国の占領地であり、政府軍と反政府軍が対立した内戦が続く。安倍首相は、自衛隊をシリアに送り込むに当たって、「戦争状態ではない」と言った。最近は、戦乱状況も、安定してきたと聞くが)から、ヘルシンキに辿り着いた主人公の青年に添って、難民がどういう扱い(よくも悪くも)を受けるかが具体的に目撃できるのみである。

 無表情、殺風景な場面に、劇的な年寄り(?)のミュージシャンたちの歌声が流れ、主人公の青年もまた、琵琶に似た弦楽器を弾いてみせる。その音は、魂というものの存在を浮かび上がらせる。それは、希望よりも尊いものなのである。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【詩】「ジジイのストリート・ミュージシャン」 [詩]

「ジジイのストリート・ミュージシャン」

 

威勢のいいダミ声が流れてくる。

見ればジジイのストリート・ミュージシャンだ。

実際のところ、そのギター弾きが、何歳かはわからない。痩せこけた頬と、白いヒゲで判断したのだ。

フィンランドでは、ジジイがストリート・ミュージシャンをしている。

フィンランドでは、難民の異国人同士、たとえば、シリア人とイラク人が、助け合っている。

イギリスの浜辺の墓地では、ジジイは墓穴を掘っている。

『ハムレット』でもおなじみのシーンだ。

そうしてジジイは、

難民については何も語らない。

シリアはアレッポの、普通の市民を殺すのは、

政府軍? 反政府軍? ヒズボラ? イスラム国?

もうなにがなんだか、わからなくなっている。

ヨーロッパの映画監督は、どんどん難民問題を

映画に取り込んでいく。

だが、日本はどうだ?

日本では、ジジイはヒマをもてあましているかに見える。

威勢のいいダミ声で歌わない。

カーボーイブーツを履き、エレキギターをかき鳴らし、

悔しかったら、ストリート・ミュージシャンになって、

難民たちの、苦しくも悲しいロマンを、歌い上げてみろ

ってんだ。

「鷲は舞い降りた」。

今からチャーチルを誘拐する。

ハイル・ヒトラー!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イブ・イブのお酒 [日常]

イブ・イブのお酒。

シェリーは、スペインのヘレスという街で作られているが、そのヘレスの、葡萄生産たちが作ったシェリー。発行形態によって、フィノ、アモンティラード、オロロソなどに分かれているが、このオロロソは、大航海時代に飲まれていたものに近いとか。

濃厚で、わりあい何にでも合う。ここでは、たまたま、いなり寿司(笑)が出ているが、コンテというチーズも合って、食べたあと、冷蔵庫にしまってしまった(笑)

oroloso.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

けふのランチ@20171223 [日常]

けふのランチ。

おフレンチなサラダ二つと、味噌汁(笑)。

 

れんことごぼうのサラダ(豚肉、干しイチジク、プルーンに、バルサミコ酢とマスタード入りドレッシング)。

ちりめんじゃこと、しめじ、カボチャの味噌汁。

キーウィー入りヨーグルト、トースト、オレンジジュース、コーヒー(スタバのクリマスブレンド)。



lunchi171223.jpg



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暮れのワイン [日常]

映画監督のフランシス・フォード・コッポラのワイナリーで作られた、白ワイン、「ピノ・グリジオ」(カリフォルニア)は、ミネラル・ウォーターのようにグビグビ飲める、透明でフルーティーな味わいが、(「鍋」ではなく。「鍋」にしてしまうと、重くなり、敷居も高くなる)ぜいたく湯豆腐(木綿豆腐に、ブリの切り身、春菊、えのきなどが入っている)にぴったり。

「コッポラ」のお祖父さんがワイナリーを持っていて、コッポラ家は、特別な日のワインではなく、毎日飲めるテーブル・ワインを目指している。

 

伝統とカジュアルがほどよくミックスされているところがすばらしい。なぜか、「ゴッドファーザー」のテーマを口ずさみながら栓を開けるのであった(笑)。

coppola.jpg


 


nice!(1)  コメント(0) 

しつこいようですが、拙詩集、再度のご案内 [日常]

拙詩集。

『Pale Fire(青白い炎)』をよろしく〜。

 

この詩集は、ウラジミール・ナボコフの、「詩集の形式をとった」小説(ミステリー)を、パロっています。また、『ブレードランナー』では、ライアン・ゴズリン扮する、アンドロイドの刑事Kの部屋に、この小説が置いてありました。

 

ガイジンの作品じゃないです。日本人の山下さんの作です。

この↓urlへ行けば注文できますが、コンビニ払いを選択する場合、手続きのにそって、コンビニでお支払いください。発送はそのあとです。

 

なお、このサイトは、こちらがデザイン編集した本を、「そのつど」製本、発送してくれるオンデモンド形式の製本屋さんです。Amazonでは扱っていません。TSUTAYAで検索しても、ナボコフが出てくるだけですので、お時間を無駄にされないように。

 

https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=103862670

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「やさしいテムズ川よ……」 [訳詩]

 

Sweet Thames, run softly till I end my song,

Sweet Thames, run softly, for I speak not loud or long.

 

    (From T.S.ELIOT "The Fire Sermon" in The Wast Land 1922)

 

****

 

やさしいテムズ川よ、私が歌い終わるまでゆるやかに流れておくれ、

やさしいテムズ川よ、私は大声で長々と話さないから、ゆるやかに流れておくれ。

 

(T.S.エリオット、『荒地』「Ⅲ 火の説教」より)

thames2.jpg






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』──ディズニーこそ映画界のダークサイドなり(★★) [映画レビュー]

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ 』(ライアン・ジョンソン監督、2017年、原題『STAR WARS: THE LAST JEDI』)


 


  NHK「紅白」同様、とにかく見ないと、年が明けないような気がして、見てしまうのであるが、「リアル世代」で、すべてエピソードを見ていながら、というか、そうであるから、もう飽きた。だんだん、宇宙が狭くなって、気がついてみれば、「星の戦争」ではなく、「内輪争い」になっていて、「近親憎悪」と言い替えてもいいが(笑)。


 


 カイロ・レンの母は、レイア姫だったのでは? ダークサイドに墜ちた、ベン・ソロ(カイロ・レン)は、父親のハン・ソロを殺して、宇宙の大司令官を目指す。対する、「ジェダイ」の後継者の、レイ。ただの孤児。時代がすでにして、「スター・ウォーズ」のガジェットを超えてしまい、押し寄せる陳腐化が否めない。「われわれは言葉で説明しようとするが、思考は空間の中で行われる」という、ベルクソンのデビュー作の「序文」が自然と浮かんできてしまった。


 


 なにが変わったといって、ディズニー映画になってしまってから、かわいい小鳥さんなどのキャラが出てきて、それはそれで、おもしろいのだが、完全にべつの映画になっちまったね。ディズニーこそ、映画界のダークサイドかもしれない。あ、さういへば、『ハン・ソロ』なる、スピンオフ映画ができるようで、そっちの方が面白そうだった。ハリソン・フォードがかなりかわいかった。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日曜日の映画鑑賞は…… [なんとなくエッセイ]

日曜日の映画は、『スターウォーズ、ジェダイのなんとか』の一択(って、こればっか(笑))。もうオハナシが見えなくなっているが、気にしない(笑)。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『新世紀、パリ・オペラ座』──オペラ座宣伝ドキュメンタリー(★★) [映画レビュー]

 『新世紀、パリ・オペラ座 』(ジャン=ステファヌ・ブロン監督、

 2017年、原題『L'OPERA/THE PARIS OPERA』)

 

 原題は、『L'opera』。「オペラ座」とは、フランス文化省管轄の、バレエ、オペラ団体で、新旧の劇場「オペラ座」も含まれる。フランスは、文化立国で、どこかの国と違って、文化にも予算をそれなりに取っている。その記念すべきパーティーには、当然大統領も出席する(それも描かれている)。

 

 すでにして関心をなくしていたので、このドキュメンタリーが扱っている事件、バレエ芸術監督のミルポワ(ナタリー・ポートマンのダンナ)が退任し、長年エトワールだった、オレリー・デュポンが就任したこと、超大作『モーゼとアロン』上演直前の主要キャストの降板、などが起こったことは知らなかった。しかし、本編でそれらの事件は扱っていながら、「原因」など、都合の悪いところには当然踏み込んでいない。

 これは、監督からして、「内輪が撮ったドキュメンタリー」だからであり、まあ、宣伝ドキュメンタリーといってもいいだろう。

 

 私は、8年ほど前のクリスマス、バスティーユの新オペラ座で、クリスマス定番のバレエ、『くるみ割り人形』を観たが、高い料金(「総裁」が、これを会議で検討しているシーンもある。「もっと庶民が観られる」値段に、と発言しているが、とうてい、庶民が観られる値段ではない)にもかかわらず、寝落ちしていた(爆)。観客のマナーはとても悪く、カーテンコールが始まるや否や、カメラ撮影ばちばちである。それは、オペラ座が「育てよう」としている、子どもたち(わざとか、アフリカ系の子どもばかり映されていた)のヴァイオリン教室の発表コンサートでも、演奏中も、親たちが、スマホのカメラで撮影していたところでもわかる。

 

 はいはいはい、「オペラ座」は、「世界の芸術(バレエとオペラ)」を支えていますよ。超大作オペラ『モーゼとアロン』って、なんで「超大作」なのかっていうと、一年かけて稽古し、少なくとも日本人は見たこともないような生きた「巨牛」を舞台に出しているからである。その巨牛を、徐々に音と光に慣れさせるなど、世話も「ていねいに」描かれているが、だいたい、生きた牛にこだわってしまうところがいかにも、おフランスであり、斬新さが、べつの方向へブレて、というか、変わらないので世間との解離が進んでいる、のが、フランス芸術全般の問題点でもある。国家がパトロンについていると、なかなか面倒な、コンピューターでいうと、巨大IBMである。今必要なのは、かつてのジョブズがおこしたAppleであるが、さあ、どうでしょう?

 

 この巨牛は眼をひいた。ほかには、ロシアの田舎町出身の青年を、その群を抜く才能に眼をつけて抜擢するところである。彼は、相撲のモンゴル人が徐々に日本語を覚えていくように、フランス語を身につけていく。フランスの文化とは、外国人に支えられていることを、ある面では頭の固いお役人たちもよく知っているからである。

 

 ……と、まあ、それ以外は、たとえ、小さな裏方さんや(最後に)掃除する人々を映していても、やはり、「オペラ座」の内輪ドキュメンタリーとしかいいようがない。なぜなら、監督の視点を、あらかじめ欠如させているからである。

 そうではあるが、「牛の労働基準法」とロシア田舎青年「ミーシャ」のために、星をひとつ加えて二つとする。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る