So-net無料ブログ作成
検索選択

【詩】「まだ夏が好きなのだろうか?」 [詩]

「まだ夏が好きなのだろうか?」


 


ブックオフ(オンライン)へ出すための本を、

リビングの扉付きの、いつもは見ることのない本棚で探していると、

昔の同人誌仲間だった詩人の、

薄い、けれどハードカヴァーの詩集が出てきた。

もちろん、ブックオフには出さない。

出したところで値段はつくまい(と、思われる)。

あらためて読んでみると、昔はわからなかった魅力が

今はよくわかって、言葉を最小限に使おうとする詩人の

筆力のようなものに感心した。

この詩集は、なんらかの賞を取るべきだった──。

しかし詩人は、切り詰めた表現の現代詩さえ長すぎると思ったのか、

俳句の方へ行ってしまった。

われわれの交流は、それよりはるか昔に途切れ、

途切れた時点も、理由も、明確だ。

そう、ある意味、「青春」をともにした詩人であるが、

すでに「階層」が違っていた。

詩集の中に描かれている、というより、大学生の甥の視点で描いた作品は、地方に住む詩人が、東京に出て行き、甥のアパートに、

深夜酔っぱらって泊まり、翌日の午前中には帰って行く、

毎度の様子を描いたものだが、この甥は、叔父である詩人から

こづかいをもらうのだが、今はすでにある分野の有名人の権威と

なって久しい。

すでに三十年経過しているのだから。

詩集のなかで詩人は、少年時代から続く、夏へのある心地よさ、

なんの心配もない家族のなかでの夢心地を、

反芻するように描いている。

妻はかつての高校の同窓生で、

若き恋を実らせ、収入も社会的地位も保証されたような境遇にあり、

楽しみで詩を書いている、

そんな人生、、、

つまりは、この私とは、なんの関係もない人の人生。

ネット活動は、卑しい、「アカ」じみた人間のすることか?

そう思っていないまでも、詩人、いまは俳人?  は、

ネットには姿を現していない。

短い、さっぱりとした詩が十四編収まった詩集の、

終わりまで読んできて、最後の表題作は、

「私は夏が好きだ」と始まる。

そして、私はふと思うのだ。

この人は、すでに老いの領域に足を踏み入れて、

まだ夏が好きなのだろうか?  と。

 

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「トゥルー・グリット」 [詩]

「トゥルー・グリット」


 

母は、33歳ぐらいから74歳ぐらいまで、

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も

くる日も、

工場で、正社員、のちに熟練工として働いてきた。

3人の子どもの授業参観日の日には早退けして必ず出た。

工場は、はじめ、歩いて1分のところにあり、蠟引き紙を

生産していた。それを貼り合わせて、袋を作る、内職要員を、

近所に抱えていた。母も最初は内職要員だったが、まだ若く、

働きものだったので、見込まれて、正社員になった。

そのうち、工場は職種内容を変え、

佃煮などのプラスティックの袋の上部の、絵や文字を

印刷する、印刷工場になった。

母は、「色出し」に優れ、会社にとっては、なくてはならない人になった。勤続何十年の熟練工として、表彰されたこともある。

その時の母の写真は、帽子をかぶって、前掛けのようなもをして、胸を張っている。まさに、どこかの国の労働者の模範となりそうな写真だった。

母は常に、よい食べ物、おいしそうなものは、おしみなく、子どもたちに先に与え、父を家長扱いしなかった(笑)ので、

われらは、貧しいながら健全に育った。

母は、独自の考えを持っていて、ひとがするからといって従うことはなかったし、警察官だと名乗るものも信用せず、「警察手帖見せて」と言った。

そして、会社の社長は、「山下さん、80歳になっても来てよ」と言ったにもかかわらず、74歳あたりの時、ほかのもっと年下の女性従業員二人といっしょに、「やめてください」と言われた。

「あと数年と思ったけど、今までお世話になりました、と言ってしまった」と、母は悔しそうに語った。

そのあと、すぐに、シソの葉を束ねる内職を新聞かなにかで見つけ、電話して申し込んだ。しかし、その仕事先の人は母の仕事ぶりをなぜか気に入らず、すぐに「もういいです」と言われた。

母は一時落胆したが、近所の人の紹介で、今の仕事先の仕事をしている。内容は同じ、大葉を束ねるしごとだ。

それを、要介護5の父の面倒を見ながら続けている。

コーエン兄弟の映画で、『トゥルー・グリット』というのが、あった、利発な少女の敵討ちのハナシだったと思う。

また、最近アメリカの能力開発書に、『グリット』なる題名のものがある。

グリット──すなわち、「続ける力」。成功は、才能でも根性でもなく、ただそれを続けることだという。

『トゥルー・グリット』──ほんとうの勇気、根性、なにより粘り強さ。そう、真に粘り強い人。

その利発な少女が母に重なる。

今度生まれてくる、などという思想に染まってみるとき、やはり、母の子どもに生まれたいものだ。

今も学び、成長し続ける、最高の母だ!

 

 


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「生きる喜び」 [詩]

「生きる喜び」


 


 小学校から帰ってくるとき、わが家が見えると、ひときわ貧しさが目立って、それはトタン屋根だったから、恥ずかしくて、たまに、違う町内の同級生がくっついて来ることがあると、自分の家を見せまいとして、違う道を帰ったものだ。


 周囲の家は一応瓦屋根だったが、うちはトタン屋根だった。というのも、もともと父母が結婚した時、ある家の物置を多少改造して借りたらしい。それがわが家だった。最初は水道もなく、隣りの大家から母が水を甕に運んでいた。その甕には、たまに三河一宮の母方の祖母が持って来た、黄瓜が浮かんでいることがあった。


 六畳と四畳半と台所はいつまでも続いて、勉強部屋がないので、みんなが寝静まった夜中しか勉強する「空間」がないので、私は自然夜型になってしまった。


 父母はよく夫婦ケンカをして、止めの入るのはたいてい長女の私だった。自分は悪くないのに、「私が悪かった。許して、ケンカしないで」と父母に謝ったこともあった。


 たいていはお金のことが原因だったと思う。


記憶に残る大げんかは、父か母のどちらかが、ハサミ、母が洋裁で使うラシャバサミを持ち出してがなり合いをしだした時だ。危機を感じた私は、隣りの大家のオバサンを呼びにいった。オバサンがのそのそとやってきて、「まあ、およしんよ、ひろしさん」と声をかけた。


 私は瓦屋根を夢見たし、自分の勉強部屋を願ったし、尊敬できる父親にあこがれたし、ヒステリーを起こさないほんとうの母親がどこかにいるのではないか?と妄想したりした。


けれど、すべて現実で、現実は延々と終わりなく続き、しかし、夫婦げんかはどこかで終わったらしく、父母は別れもせず、家は破産もせず、現在に至っている。


 86歳の母は、87歳の父を病院から引き取り、いまは赤ちゃんが「はいはい」したり、「たっち」したりするのを楽しみにするのに似たような、回復を楽しみに面倒をみている。


彼らはつまり、しあわせだった。


 国を捨てねばらぬことも、自分の家から追い出されることもなく、労働者としてりっぱに働いてきたから、暮らしを立てていくだけの年金はあり、人間としての尊厳を保っている。そして、生きる喜び。

 

 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ラビング 愛という名前のふたり』──あたりまえな願いへの静かな戦い(★★★★★) [映画レビュー]

『ラビング 愛という名前のふたり』( ジェフ・ニコルズ監督、2016年、原題『LOVING』)


 


 なにも60年前のアメリカの、理不尽な人種政策を、ことさらながら描くこともあるまいと思う向きもあるかもしれない。しかし、これが、少なくとも30年前なら、もっとものものしく劇的に描かれていたかもしれないし、『ミシシッピー・バーニング』のような作品が、よりクールだと思ったかもしれない。


 しかし、いま、普通の感情を描くことが尊いし、また可能になってきたとも言える。


 ケン・ローチ監督の『私は、ダニエル・ブレイク』しかり。普通であることを望み、表現することは存外難しい。


 2012年に作られ、2014年に日本公開された、同監督の『MUD』は、まだカタルシス的なものを含んでいた。ミシシッピーの無人島に住み着いている得たいの知れない男(マシュー・マコノヒー)を中心に、彼と知り合う二人の親友同士の少年と、彼らを取り巻く人物たちが人生とは何かを垣間見せる、まさに『スタンド・バイ・ミー』ふたたび、であった。


 本作では、黒人と白人が自然に住み慣らしている地域ではあるが、現実とはそぐわない法律、異人種間の結婚を禁ずる法律があって、それがために、ごく普通の愛し合って結婚した(ワシトンDCで)二人が「犯罪者」として、突然逮捕されて困惑する。当然、全アメリカ的には味方の人権派弁護士たちがいて、最高裁では勝訴するのだが。映画は、これら弁護士たちの作戦中心の法廷ものではない。当然作戦はたてられるのだが──。


 映画は、ひたすら、二人の男女の、ごく普通な願い、いっしょにいたい、夫婦になって家族を作りたい、ちゃんと子育てできる環境のなかで暮らしたい、親しい人たちの近くで生活したい、そんなあたりまえのものを獲得するための、静かな戦いを描いている。


 なんで俳優になったのかわからない、いかつい風貌で、悪役の多いジョエル・エドガートンが、無骨だが心優しき男を描いて、リアルさを感じさせる。とくに、職業のレンガ職人の仕事の手馴れた感じが、見ていて爽やかである。相手役のルース・ネッガも、黒人女性からくる紋切り型イメージとは遠い、しぐさや眼差し、しゃべり方の、繊細な柔らかさが心地よい。


 この二人、白人のリチャードの父が、黒人のミルドレッドの父に使われていたという事実も見逃してはならない。かなり屈折した地域で、起こるべくして起こったできごとを、主人公の名字、ラビングに引っかけた題名であり、物語である。

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『わたしは、ダニエル・ブレイク』──ひとには名前がある(★★★★★) [映画レビュー]

『わたしは、ダニエル・ブレイク』(ケン・ローチ監督、 2016年、原題『I, DANIEL BLAKE』)


 ヘレン・ケラーは、「ものには名前がある」ということをサリバン先生から学んだ──。本作は、ひとには、(識別番号でなく)名前があるという、あたりまえでありながら、昨今見過ごされがちなことを訴えている。


 イギリスは階級社会と言われるが、社会制度も整っている。しかしそれを享受するには、それなりの手続き、ルールがある。そのルールからはみ出し、手続きをしないと、あるいは、する資格を失うと、貧者はホームレスへの坂道を転がり落ちる。売れている俳優や監督にとっては、どうでもいいような世界である。もっと派手なテーマを追った方がウケるし、目立つし、かっこもいいかもしれない。しかし、ローチ監督はあえて、こういう作品を撮る。そして、カンヌ映画祭が、グランプリである、「パルムドール」を与える。さすが、おフランスである。映画界も捨てたものではない。こういうスキマからこぼれてしまうような事柄、人々を描いてこその映画である。


 しかし、イギリス、階級社会とはいえ、庶民パワーもすごい。役人たちの、あまりに杓子定規な対応にキレたダニエル・ブレイクが、役所の壁にスプレーで落書きする、「私はダニエル・ブレイク、名前を持った人間だ!」。それに喝采する、通りすがりのオッサン、通りの向こうの、若い労働者たち。このパワーがイギリスなんだなーと思う。しかも、舞台はニューカッスルで、もろニューカッスルなまりで、実は私も英語があまり聞き取れなかった。


 二人の子持ちのシングルマザーは、ロンドンを追い出されて、この地方都市にやってきた。「フードバンク」(なるものがイギリスにはあって、配給券を持っていくと、野菜、缶詰、日用品、飲み物などをくれる)で、あまりに空腹で、フードを袋に入れてもらっている間に、缶詰を開けて口に突っ込んでしまうシングルマザー。この演技があまりにリアルだ。イギリスの俳優は、ほんと、ほんものを連れてきたのではないかという演技をする。『秘密と嘘』の過去に(黒人の)隠し子を持ったことで悩むオバサンもそうだった。イギリスの低所得者の団地のような住宅に、ほんとうに住んでいるオバサンを出したのだろうか?と思ったほどだが、ちゃんとパーティーで、ドレスアップしてきて女優とわかって安心した(笑)。


 このダニエル・ブレイクも、まだ60歳前のオッサンだが、全然かっこよくないところがじんと染みる。シングルマザーの子どもの1人の、おちつきがない男の子も、このオジサンがじっと木彫りを作るのを真似て、15分もじっと工作を作ることを学び、母親を感激させるシーンも、繊細な目配りがなければ撮れないところだ。

 

 



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

【詩】「いまはひたすら霧のなかをさまよいたい」 [詩]

「いまはひたすら霧のなかをさまよいたい」


 

  分水嶺を超えれば、誰でも死ぬ。しかしその分水嶺というのがどこにあるのかわからない。それはひたすら霧のなかをさまよっているようなものだ。乳鉢を伏せたような丸い山、蛇がうようよいて近づけない山、あるいは私が幼少時に見ていたような、遠州の、三角形をいくつも連ねたような緑の山。いろいろな山を心に浮かべながら、霧のなかをさまよう。国家とか民族とか言語とか宇宙とか意識とか思念とかそういうものはすべて霧のなかに溶けている。決定とか光とか闇とか刑事とか縄とか逮捕とかそういうものもすべて霧が隠している。ギリシア神話では母の女神がアエネーアースを霧で隠す。オデュッセイアーでも女神がオデュッセウスを霧で隠していたように思う。言わば、母心の霧。そんな真珠色の霧に包まれて、どことも、いつとも、しれない場所、時間を、ひたすらさまよいたい。名前も性別も解かれ、変身への欲望も消え失せ、自我も忘れ、頭上にひょいと現れる分水嶺だけ、待っていたいものだ。


 


【詩】「闇の中の黄色いママレモン」 [詩]

「闇の中の黄色いママレモン」


 


 いま私がいる闇は台湾のサトウキビ畑の中あるいは、フィリピンはレイテ島のカンギポットの丘の木陰あるいは、おそらく、シリアはダマスカス国際空港にある地下牢にちがいない。両手首を縛り上げられて梁のような天井に渡された鉄の棒に吊されてすでに何時間、いや半日以上が経っているはずだが、すでに手首に感覚はなく、アサド政権の秘密の地下牢というよりは、東京の下町の長屋、にいるような気がしている。いずれにしても闇だが、その中で、ぼーっと黄色い瓶が並んでいるのが見える。それは、商品名「ママレモン」といって、すでにレトロな商品だ。チャーミーとかなんとかべつのもっと新しい商品が一般的だが、私はこの古いママレモンにこだわっている。それを大量に買って台所の流しの高い棚に並べているのは、そう、切れた時の用心のためだ。と思われるかもしれないが、私とて、こんなにたくさんのママレモンなどいらない。いや、いつ近所のスーパーに買いに行けなくなるかもしれないから、安い時に買っておいたのだ。「手にやさしい」とか、「今」ではいろいろ新しい台所洗剤が出ているから、もうママレモンは時代遅れ、やがては消えていく商品なのだ。だいたい容器が「透明でない」というのは、完全に旧式の証拠だ。なのに、私はそれに拘っている。それは私が、台所洗剤に求めるものは、茶碗がきれいになればいいのであって、「手にやさしい」必要はない。入っているのは、洗剤に決まっているのだから、透明で中味が見えている必要はない。それで今はやっているのより五十円くらい安ければ、十個買った場合、五百円の節約になる。そう、節約、それがなにより重要だ。それにしても中国共産党の幹部たちはけしからんな。『資本論』を誰も読んでいないというではないか。それにしても、大岡は、なぜあのように、数字に拘るのか? 数字ばかりの小説ではないか。あれではExcelがいる。Excelで処理する必要がある、というか、表にする必要があるな、最低。だがレイテ島がどうしたと私は言いたい。私のいる地下牢は、かなりの広さ、そう、国際空港ぶんの広さがありながら、「満員」で、疲れても横になることができないのだ。幸い、私は吊されている。もう声も出ない。ときどき気を失うのを待つばかりだ。2011年から2013年、拷問死した者の数を聞けば、さすがの大岡も腰を抜かすだろう。1万1000人以上だ。それはちょうど、レイテ島で日本軍壊滅ののち、カンギポット周辺に集まり、ゲリラの襲撃と飢えとで死んだ日本兵の数と同じだ。これも戦争には違いないが、昔の戦争で死んだ方がましだったと思えるかもしれない。それにしても、同い年のハーバート・ノーマンがエジプトで自殺するとはな。マッカーシズムに抗議してだって。ノーマンは日本生まれ、マッカーサーといっても、あのマッカーサーではないけどな、将軍の方のマッカーサーの側ではなかったにちがいない。しかし彼の父、「宣教師」というのは曲者だ。フィリピンにやってきたのも、そんな善意の宣教師だ。そう、昔の戦争の方が「しあわせ」だった、「今」はそんな時代か。「未来」には、アサドの地下牢。手首が壊死して切断しなければならない者もいたが、私は幸運にも食い込みの跡だけすんだ。私は釈放され、というか、車で運ばれて、ダマスカスの中心で放り出された。人が人を故意に痛めつけるとは、いかなる理由か? なんのために? 同じ国民同士なのにな。台湾人を人とも思わなかった日本人が、「未来」には格安飛行機で観光に行く。もちろん優越感いっぱいで。なにもかも唾棄すべきイメージ。私の質素な台所のママレモンだけがひそやかに、その場所を占め、昭和的な黄色、プラスチックのうす黄色い光を放ち続ける……それにしても、このgoogleマップ、使い物にならんな。レイテ島の要所を表示するのに、えらい時間がかかる。レイテ島だなんて、私は大岡昇平なのか? いやちがう。鹿児島の梅崎春生の葬儀に出て、その闇をじっと見つめている、般若豊だ。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「蹴り殺されたフラミンゴのために」 [詩]

「蹴り殺されたフラミンゴのために」


 

イギリスの動物園で、フラミンゴが石を投げられた後、フェンスを越えた、5歳から8歳の三人の子どもに蹴り殺された。

ピンクの羽根より赤い血。

それで、「彼ら」は、おもしろかったのか、、、、

これらのガキはきっと、のちに、「もっとすごいこと」をしでかすかもしれない。


人はなんのために生きるのか?


フラミンゴはなんのために生きるのか?


 *****


フラミンゴ、フラミンゴ、きみは淡いピンクの羽根が自慢だった。

だが今、その羽毛の大半は、苺ジュースみたいな赤に染まっている。

そしてきみは眼を閉じている。


その眼は永遠に開かない。

その時もきみは一本脚で立っていたのか?

フェンスがあったのに、そのフェンスはきみを守ってくれず、

そのフェンスを越えた、三人のガキに、蹴り殺された。

投石ではまだ足りず、わざわざ蹴り殺しにきた悪魔たち。

どんな復讐が、この悪魔たちにふさわしいのか?

「教育」など持ち出してほしくない。

たとえ5歳、8歳でも、それなりの地獄を見させたい。

フラミンゴ、フラミンゴ、動物園に入れられたのが、

マチガイ。

はじめから、命はあって、ないようなものだった、

かもしれない。

きみの美しい羽根のピンクと、血の色を永遠に

眼に焼き付けよう。

せめてもの鎮魂のために。

命が、生ゴミのように扱われる時代。

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』──「私に出会うため」の「破壊」(★★★★★) [映画レビュー]

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う (ジャン=マルク・ヴァレ監督、2015年、原題『DEMOLITION』)


 


 この映画には、たとえ夫婦の過去の幸せな時間を表したシーンにさえ、セックスもなければキスもない。この映画の中では誰もキスしない。妻は死して、なぞなぞのようなポストイットの貼り紙を、冷蔵庫や車のサンバイザーなどに残し、妻のタンスの中には赤ん坊のエコー写真入りの封筒がある。しかし、主人公のデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)がこれを見つけるのは、車なり冷蔵庫なりタンスなりを、「破壊する途中」である。妻が死んでも何も感じない苦しさに、デイヴィスは、夫婦の品物(家も含めて)を破壊し始める。体がもぞもぞしてと医者にかかると、なんとかいう蛾の幼虫に心臓が食われている写真を見せられる。その蛾は、両親の家で、父が庭の木について困ると言っていた蛾だ。


 


 なにもかもが「意外な展開」を見せる。妻が死んだ病院のM&Mのチョコの自販機で、チョコが引っかかって出ない。受付に苦情を言うと、「たまにそういうこともある。だが、自販機会社が管理しているので、そっちに文句を言ってくれ」と、アフリカ系の事務員に言われる。それで、デイヴィスは、自宅へ帰ってから、自販機会社へ、クレームの手紙を書く──。


 


「妻が死んだ病院で、空腹を感じたので、チョコの自販機にお金を入れたのに……」などと書き始め、待てよ、妻とのなれそめも必要だなと、その手紙は、小説のように長くなる。一方、自販機会社のクレーム係、カレン・モレノ(ナオミ・ワッツ)は、その手紙の書き手に興味を持って探し始める。二人が出会い、恋愛にはならず、ナオミは、ジェイクの自分捜しをそっと見守ることになる。一方、ジェイクは、ナオミの、「見かけは12歳だけど、実際は15歳」の息子のクリスと親しくなり、「自分はゲイなのか?」の悩みを相談される。息子は、上級生の「チンポを舐めたくなる」と言い、ジェイクは、「それじゃあゲイかもな」で、アドヴァイスを与える。「2、3年は、女の子をすきなフリをしていろ。それからマンハッタンかロスに移り住むんだな」まこと適切なアドヴァイスである(笑)。


 


 本作ほど感想の書きにくい映画はない。すべては確定されず、漂っているからである。もしかして、デイヴィスの妻は、「自殺」、あるいは、「無理心中」だったのかもしれない。なぜなら、運転中完全に横、つまりデイヴィスの方を向いて話していたからである。


 


 タンスから出てきた封筒から、妻が妊娠していたと知ったデイヴィスは、義父母に告げるが、義母は、「それはべつの男の子どもで、いっしょに堕ろしにいったと」と告白する。


 


 果たして、真実は? それは、どこにもなくて、ただ、主人公が「私に出会うため」の「破壊」をする。ジェイク・ギレンホールは、同じ年頃(36歳)の俳優やそれより上の俳優(ブラピ)などのように、ヒーローにはならない。いつでも透明で、まるで脇役のように主役を演じる。


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「フーコーを読む」1 [哲学]

「フーコーを読む1」

 

"Dits et écrits ,1954-1975"

 

本書には、単行本以外の著作(序文、対談などを含む)、インタビューなどが収められている。フーコー最初の活字になった仕事は、スイスの精神病理学者、ルートヴィヒ・ビンスワンガーの論文「夢と実存」の仏訳に付けられた序文であるが、この序文は本文の半分以上ある。

本書のタイトルは、原文どおり、「Introduction」(序文)。

 

まず、エピグラムとして、ルネ・シャールのアフォリズム形式の詩集『Partage formel』(「形式の分割」(さまざまに訳されるが、一応の訳語である)より、22章が掲げられているが、中盤省略されている。

 

【キーワード】familier(慣れしたんだ)

 

*****

 

のっけからインスパイアされる文章である。

 

il ne s'agit pas, dans ces pages d'introduction, de refaire, selon le paradoxe familier aux préface, le chemin qu'a tracé Binswanger lui-même dans Le Rêve et l'Existence.

 

この序文では、序文によくあるパラドクス、つまりビンスワンガーが『夢と実存』のなかで辿った道筋を辿りなおすということはしない。

 

le paradoxe familier aux préface

 

フーコーらしい表現である。『言葉と物』("Les mots et les choses")の序文でも、

 

Ce livre a son lieu de naissance dans un texte de Borges. Dans le rire qui secoue à sa lecture toutes les familiarités de la pensée__de la nôtre : de celle qui a notre âge et notre géographie____

 

この本は、その誕生の場所を、ボルヘスのテクストに負っている。われわれが慣れ親しんだ思考、われわれの時代、われわれの地理学上の思考、その読解をひっくり返す笑いのなかに

 

 toutes les familiarités de la pensée

 

つまり、われわれが自明であると思っているものをこれからひっくり返すぞ、とのっけから予告しているのである。

 

短い表現の中に、多くの考えを入れ込んでいく、そんな感じだ。

 

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る