So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

12月の花 [写真]

「黒蝶」という名のダリア@青山フラワーマーケット

hana181209_2.jpg

hana181209_3.jpg








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬景色 [写真]

冬景色@福岡城あたり

ki181209_1.jpg

ki181209_2.jpg

ki181209_3.jpg


siro181209_1.jpg


siro181209_2.jpg


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「落葉とくちづけ(ヴィレッジシンガーズ)」 [詩]

「落葉とくちづけ(ヴィレッジシンガーズ)」

 

なにかジングルベルのような軽やかな鐘が鳴り響いているような前奏曲に続いて、清水ノノ道夫のバリトンが歌う、

せめて最後の慰めに、あなたと森を歩きたい、心を込めた言葉にも、冷たく木枯らし騒ぐだけ、作詞は橋本淳、詩人です。冬枯れの森を歩くたびにこの歌が鳴り響く、作曲、すぎやまこういち。

 

Les sanglots longs

Des violons

  De l'automne

Blessent mon coeur

D'une langueur

  Monotone.

秋の

ヴァイオリンの

長い嗚咽が

おれの心を傷つける

 その単調な

物憂さが

 

1866年、大西洋横断海底電線が施設された。もっとも確かな電信網。インターネットの時代は目に見えていた、日本はいまだ明治維新にはいたらず、その年、すなわち慶応2年、薩長同盟が結ばれた。せめて、最後の慰めに、あなたと森を歩きたい、せめて最後の思い出に、あなたといちど、くちづけしたい、龍馬と中岡慎太郎は熱いくちづけをかわす──。

「冬の日」歌仙、第一巻の終わり、安東次男『芭蕉七部集評釈』は、いちいち、「狂句こがらしの巻」とか、勝手な小題をつけているが、そんなものは、当然、原本にはない。第一巻は、

 

 綾ひとへ居湯(フリユ)に志賀の花漉(はなこし)て 杜国(名残裏五。花(春))

  廊下は藤のかげつたふ也 重五(挙句。春(藤))

 

 で終わるが、安東は、「綾を以て花を漉すという通解はおかしい」と書いているが、岩波「新 日本古典文学大系」、上野洋三の校注によれば、「綾絹で漉した湯」で、「唐の楊貴妃のような栄耀を誇る女性の入浴」だそうである。

まあ、「絶版」は賢明な選択であったろうか。ところで、堀口大学だかなんだかは、なんで、

 

秋の日の

ヴィオロンの

ひたぶるにうら悲し

 

などと訳したのかな?

これは、感傷というもので、おそらく、原詩は、アンニュイというものであったろう。日本はいまだ、近代に至らず、したがって、

アンニュイを知らず。だが知らなくてもいいだろう、日本人は、美しい落葉の森を歩きながら、ひたすら感傷に浸ることで、精神的な充足、時間と季節と歴史と自我が一体となるのを感じるのだから。せめて、最後の慰めに、あなたと森を歩きたい。


raku181129_3.jpg


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「舟木一夫」 [詩]

「舟木一夫」

 

安東次男は絶版にした集英社版『芭蕉七部集評釈』で、野ざらしの旅に飽きた芭蕉が名古屋で歌仙「冬の日」を巻くまでの「事情」をあれこれ類推しているが、その記述は、まるで俗な小説のようであり、私としては、「そんなこと、どーだっていいじゃん」である。こういう記述を長々やるところに、すでにして「絶版」に値する何ものかが含まれている──ってなもんである。

 

しにもせぬ旅寝の果(はて)よ秋の暮

 

するぽんみらぼーくるらせーぬ、え、のざむーる

Sous le pont Mirabeau coule la Seine

Et nos amours

つきひはながれ、わたしはのこる

Les jours s'en vont je demeure

れじゅーるさんう゛ぉん、じゅどぅむーる

しかして、舟木一夫は、渡哲也がどべたに歌う

「くちなしの花」を完璧にカバーし、

ロラン・バルト『表徴の帝国』(L'Empire des signes、1970年)の、おそらくはその帝国に住まう、

王子として、その美を讃えられている──のかどうか知らないが

事実、『表徴の帝国』の序文に、「文章は図版の説明ではなく、図版は文章の例証ではない」と書いている。「それは、私にとって、視覚のほころびのきっかけである、それは禅がさとりと呼ぶ、テキストとイメージの絡み合いのなかでの、体、顔、文字の流通を保証するもの、そこに記号の後退を読み取るものに、おそらく似ているのではないか」しかして、舟木一夫は、その完璧な日本人の男性としての美と、おそらくはバルトは聴いたことがないであろう、顔よりもさらにセクシーな声を混じらせ、学生服で「高校三年生」を歌ったデビュー当時のままで、渡哲也がなし得なかった、くちなしの香りを、時間のなかにまき散らすことに成功している、それこそ、不透明な(opaque)帝国のプリンスなのである、そして芭蕉は、のちに舟木を生むことになる愛知県は尾張で、最高の連衆を相手に歌仙を巻くのである。それは、貞享元年、1684年、将軍は徳川綱吉、ヨーロッパは絶対王政の時代、詩人コルネイユがひそかに死んでいった年である。

 

くちなしの花の、花の香りが、

 

raku181129_2.jpg


funaki.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ボヘミアン・ラプソディ』──ラミ・マレクはアカデミー賞を取れるか?(★★★★★) [映画レビュー]

『ボヘミアン・ラプソディ』(ブライアン・シンガー監督、

 2018年、原題『BOHEMIAN RHAPSODY』)

 

 イギリス社会というのは、容易に移民を受け容れてくれるけれど一歩奥へ踏み込むと、異人種に対して徹底して扉を閉ざしていると、長年イギリスに住んでいる外国人が言っていると、佐藤優の著作にあった。

 本作のキモは、「パキ」(この言葉は、ダニエル・デイ・リュイス主演の『マイ・レフト・フッド』で初めて聴いたが、と差別的に呼ばれる、イギリスに住むパキスタン人の、しかも、日本でいう、出っ歯(?)の男が、ロックグループのボーカルとして、世界的に成功し、最後はエイズで死んでいくまでを描いている。そのロックグループは、インテリ揃いで、音楽の作り方も前衛的である。その前衛が、いかに、大衆の心をつかんでいくかを、ことさら重点的に描いている。さすが、『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガーである。

 私は「クィーン」なるグループの名前ぐらいは聞いたことがあったが、なんら関心はなかったが、予告篇が非凡であったのと、フランス『プレミア』誌(ネット版)で、クィーンのギタリスト、ブライアン・メイが、カリスマ的ボーカルのフレディ・マーキュリーを演じた俳優、ラミ・マレクを、アカデミー賞に値する、フレディそのものだと賞讃していると報じていたので観る気になった。

 この「怪優」、実際はアメリカはカリフォルニア生まれの白人で、出っ歯でもないのかもしれないが、「なりきり」では、ダニエル・デイ・リュイスを超えているとも思える。まさに、大衆の心を惹きつける真の芸術とは、オペラやシェークスピアなどを取り込み、それらを超えて、オリジナルなものを創造していくことにある。当時はシンセサイザー音楽も華やかなりし頃であったが、徹底したアンチ・シンセサイザーも、音楽としても深さを感じさせる。すでに絶大な人気であったのかもしれないが、今こそ音楽的に、再評価されるべきであろう。本作は、その成り立ちと価値を十分に描き得た。恋愛や恋人(男女とも)とのエピソードなど、本作の本意ではないだろう。やはりこれだけのものを描くのには、9年という月日が要った。

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ 』──超ハードボイルド(★★★★★) [映画レビュー]

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 (ステファノ・ソッリマ監督、2018年、原題『SICARIO: DAY OF THE SOLDADO』)

 

 前作で、ある意味正義の視点を持っていた、エミリー・ブラントが抜けて、むんむん男臭さ丸出しの二人のオッサンが残り、センチメンタルという批評家氏の言葉はまったくあてはまらない、超ハードボイルド的状況を描いている。

 ジャック・ニコルスンの『ボーダーライン』から、何かと問題の温床である、アメリカとメキシコとの国境界隈であるが、CIA特別捜査官が政府高官の質問に答えて曰わく、「二十年前なら麻薬が運び込まれてました。今は人を運んでいます」。つまり、その人の中に、まともには、合衆国に入国できない、イエメンからのテロリストが含まれている。今回は、彼らが引き起こしたテロ事件が発端となり、テロに屈しないアメリカを示すため、CIA部員らが動員される。彼らは命令とあれば、平然と人を殺す。そうやって、作戦の収拾をつける。今回の作戦は、麻薬カルテル王の娘を誘拐し、メキシコに内戦を引き起こすことにあったが、この作戦は失敗する。ここがリアルなのである。その失敗及び、作戦の存在を隠すため、CIAの上層部は、わざと誘拐した麻薬王の娘の少女を含めて、皆殺しにしようというのである。しかし、このオペレーションに初めから携わった、CIA捜査官、ジョシュ・ブローリンが個人的に雇った、暗殺者(もとは、判事だったかなんかだったが、家族を麻薬王一味に殺され、復讐を胸に秘めている)、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)が、少女を連れて彷徨するうち、人情なようなものに目覚め、というより、最初から失っていないのであるが、それは、冷徹なブローリンも同様である。

 この抗争劇には、国境付近に住む少年たちがチンピラ、のちに、シカリオ(原題でもある)=暗殺者に「昇格」する、も絡んでくる。デル・トロは、そういう手下グループに正体をつかまれ、年長者に命令された、暗殺者を目指す少年に銃殺される──。しかして、その銃殺は、完全ではなかった。頭巾を被らされたデル・トロの頭部は無事で、頬あたりに弾は貫通していた──。おそらく、デル・トロが瞬間的に動いて、頭部を避けたのだろう。数時間のちか、半日のち、トロは体を動かし始める──。

 たかが国境だが、そのなかには、世界の問題がすべて含まれている。それを本作は、超ハードボイルドとして描いている。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【詩】「きみはきっと来ない」 [詩]

「きみはきっと来ない」

 

ひとりきりのクリスマスイヴ、うーがーあああ。

小西甚一センセイによれば、俳句というのは、基準がないので、歴史的にみていくほかないという。それぞれのお家元は、勝手な基準でやっているわけである。

 

 日東の李白が坊に月を見て  重五(名残表十一)

  巾に木槿をはさむ琵琶打  荷兮(名残表十二)

 うしの跡とぶらふ草の夕ぐれに  芭蕉(名残裏一)

  箕に鮗(このしろ)の魚をいたゞき 社国(名残裏二)

 わがいのりあけがたの星孕むべく  荷兮(名残裏三)

 

中国の詩人などの故事、弘法大師の母親の、聖母マリアをも彷彿とさせる赤子祈願などを、ほのめかせているわけだが、2018年のカルロス・ゴーンはもとより、日産リーフ、トヨタはなんだろ? 大谷翔平も藤井ソータも、まったくわからないのである。牛のお墓といわれても。牛こそ、墓なんか想像だにされたことないでしょう。たいてい、食われているわけですから。

荒井由実は十二月に遅く起きて、ぼんやり曇る窓から見ているわけです。そこに元カレの通るわけもなく、もうすぐ来るクリスマス。

思い出の日には、また会おうと言った、もう会えないくせに。必ず今夜なら言えそうな気がして、うー、がーあああ……きっと雪へと変わるだろう。それにしても、「くちなしの花」をカバーしている舟木一夫のうまいこと、そして、「昔の名前で出ています」をカバーしている新沼謙治のうまいこと。都はるみのカバーする「思い出酒」ですら、ご本家よりうまいんです。ご本家よりうまく歌える自信がなければ、カバーなどするべきではないんです。プロはね。

「イルカにのった少年」、城みちる。これだけはご本人です。誰がカバーしますか? 「いるかにのった少年」なんか。でも、なんで、少年が、いるかに乗ってやって来るのかは、まったくわからない歌詞なんですが。きみに! きみに! きみに! 会うため〜やあ〜ってく〜る〜♪ だそうです。

 

収拾つかない人間の生の、泥まみれの闇。雨が雪に変わると、なぜ、いいことあると思えたのか? ただの気象の変化に。そう、きみは、きっと来ない。永久に、ひとりぼっちの、クリスマスイブ。弘法大師の母は、頭に盥を載せ、高下駄をはいて屋根にのぼり、天に向かって、子どもを授けてください!と祈り、大師を生んだそうです。あーめん。

 

raku181129_1.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「ラストダンスはぼくと」 [詩]

「ラストダンスはぼくと」

 

コーチャン、越路吹雪が歌っていた『ラストダンスは私と』。あなたのすきな人と踊ってらしていいわ、であるが、あれは欧米では男の歌で、ブルース・ウィリスやマイケル・ブーブレが歌うのは、『Save the Last Dance for me』で、ベイビー、きみを賛美する男どもと踊ってきていいよ、そのほほえみも、やつらにめぐんでやりナ、だけど、きみを送っていくのはぼくだってこと忘れないで。恋はスパークリングワインみたいに心を躍らせる……とかなんとか。当然歌詞は男言葉である。それが、日本だと、とくに演歌などは、中条きよしとか平気で女言葉で歌を歌う。欧米から見たら、オカマに見えやしないか?……などと考えていると、初折裏八句め、

 

 霧にふね引人はちんばか   野水

 

ち、ちんばって……あわわわ……俳言です。

 

名残表五句め、

 

 笠ぬぎて無理にもぬるゝ北時雨

 

そのココロは、「時雨の詩人、宗祇にちなんで、チョイ濡れてみようかな」。恋は、北時雨みたいに、心を踊らせる、だから、ぼくが

ここに待っていることは忘れないで、おー、ベイビー、ぼくがどんなにきみに夢中か、きみにわかるだろうか?

ぬあんてね。いったい、はせをは、

なにを考えていたのかな?

 

おー、ベイビー、ぼくがどんなにきみに夢中か、きみにわかるだろうか?

 

raku180613_3.jpg

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おひとりさま「ボージョレ・ナイト」ディナー [料理]

おひとりさま「ボージョレ・ナイト」ディナー。

豚バラと白菜の煮物、いくらご飯(となりに、大根のビネグレットサラダ(若山曜子センセイレシピ))、プロシュート、梨、北海道産ブルーチーズ。

beau1811.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』──007のあとはシニアにおまかせ(★★★★) [映画レビュー]

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』( デヴィッド・カー監督、2018年、原題『JOHNNY ENGLISH STRIKES AGAIN』)

 

 サイバー攻撃によって英国情報部の機密が漏れ、現役のスパイの「面」が割れてしまった。集められた引退スパイはジッサマばかり。そのなかで、まあ、若い方の、ローワン・アトキンソン扮する、ジョニー・イングリッシュ。ハイテクには弱い。小学校の教師をしながら、将来有望なスパイになりそうな子を、育てている──。そんな彼に英国政府から指令があって、サイバー攻撃の犯人捜しに乗り出す。「資材」などスパイの必需品を提供してくれる、調達部の若者といい、上司といい、「状況」は、ジェームズ・ボンドそっくり。しかし、ロシア・スパイの美女は出ても、ラブシーンはなし。IT長者に、世界の首脳がしてやられる筋書きは、けっこう本気。ブレイク・エドワーズの、「ピンクパンサー」を思わせるが、あれほど失敗続きではない。「間抜けヅラ」は、アトキンソンの方が勝ってるが、見かけによらず長身で、ダンスもアクションもさまになる。事件解決のあとは、また小学校に戻って、スパイ教育。なかなか健全なオッサンと見た。みんなバカにしたり、大笑いしていたが、案外、マジで「007」の跡目を行くのではないか? なんかそんな時代になりつつあるような……。ロシアの女スパイに、オレガ・キュレンコ、英国首相に、エマ・ワトソン。けっこー、本気度が窺われる。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -