So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【詩】「鎮魂」 [詩]

「鎮魂」

 

T.S.エリオットは

フランスの詩人たちを

ゆるさなかった

ダンテを

ゆるしていた

それはだれもが

「わかる」詩を書いたから

つまり

キリスト教徒なら

誰でも

地獄があり

三途の川があり

死者たちがおのれの

懺悔を語る

私は、

犬だろうと

ひとの母だろうと

歴史にのこる人物だろうと

およそすべての

肉体をなくした

魂のために

詩を書く


IMG_3924.JPG




 




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「はーこ」 [詩]

「はーこ」

 

はーこ、と

となりの大家のおじさんはいった

私の名前は
はるよ、なのに

はーこ、と

遠州のおじいちゃんの妹の

ぜいむしょのおばさんはいった

私の名前は
はるよ、なのに

遠州の人たちも
はーこ、と、いったのだった

「また、きないよ」

というのは、「また、おいで」という

遠州弁だった

はーこ、と
となりのおじさんはいって

釣ってきた「ぎま」を
庭でさばいてみせてくれた

私を「はーこ」と

呼ぶものはみんな

影のようになって

私を見守っているのだった


IMG_1809.JPG



 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「あの墓地」 [詩]

「あの墓地」

 

いちのみやの

おばあちゃんの家の

庭から
いつもみることのできた

黒い森

のなかの墓地へ

さいしょ

おじいちゃんが入り

つぎに

おばあちゃんが入り

ついに

あのときは
おじいちゃんのひつぎを

打ちつけていた

あさきにいちゃんまで

入ってしまった

そして

わたしはもはや
訪れることはない

けれど

美しい記憶には
ちがいない



IMG_3846.JPG



 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「だめなんだ」 [詩]

「だめなんだ」

 

だめなんだ

詩を書いたあといつも思う

それでもう忘れることにして

次の詩を書く

果たしてこれは詩なのか?

とも思う

けれど何かを書きとめたくて

書いてしまうと

心が満たされて

寝ようと思う

「あの薄い本をベルクソンは八年かけて

書いたんです」

小林秀雄のCDの声が聞こえてくる

だめだという迷路こそ

おそらく生き延びる

唯一の道

 

IMG_1810.JPG




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「青空」 [詩]

「青空」

 

空は

青いもの

と思った

青という言葉も

知らなかった

母の背中で

母は

庭の洗濯台で

洗濯をしていた

 

あおい

粒子がわが幼年期を

満たし

母の背中で

母と一体となっていた

母のうなじが

宇宙だった

 

母が洗濯板に

石鹸を擦りつけると

真珠のような

泡が広がり

清潔な匂いが

宇宙を形成した

 

私は時間という

宝物を

得た



IMG_1887.JPG



 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「ネルヴァル」 [詩]

「ネルヴァル」

 

フランス人でも、ネルヴァルを読む者は、変わり者とされる。

パリより少し離れた田舎を舞台とし、初恋の少女をいつまでも思った。そして、パリの込み入った街路のどこか、廃屋のような場所で、縊死し、長らく発見されなかった。ゆえに、遺体は、黒ずんで、腐ったバナナよりももっとひどいものになっていた。生前すでに、気がちがっていて、奇妙な言葉を口走っていたという──。されど、その奇態に星の刺繍をほどこし、三途の川を、プレスリーのようなスパンコールの衣装で歌い踊りながらいったのがネルヴァルだ。彼こそ詩人。誰も認めぬが、今宵、その「現場」で、私は、FBI特別捜査官はニッキー・アンダーソンと、ワルツを踊ることになっている。古い、その、形式の、曲を。

彼の死を寿ぐために。



ner190216.jpg






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

けふの春めいたランチ [料理]

けふの、春めいたランチ。

lun190215_1.jpg



lun190215_3.jpg

lun190215_2.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

きのうの春めいたランチ [料理]

きのうの、春めいたランチ。

lunch190214_1.jpg

lun190214_2.jpg

lun190214_3.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【詩】「モランディ」 [詩]

「モランディ」

 

マストロヤンニは作家志望だったが、結局、パパラッチから抜け出せず、豪邸にてどんちゃん騒ぎのパーティーに参加。ふと、壁の絵を見てつぶやく、

「モランディは完璧だ」

それから幾とせ、ボローニャを目指した。もう美術館はなくなっていて、ニューヨークのMOMAを真似た現代美術館に移されていた。そうだ、MAMBOとか言った。「モランディ美術館はどこですか?」と、まだ営業してない店から出てきた少年のような青年のような若い男に聞くと、「マンボ! マンボ!」と答えた。

MAMBOの開館は3日後。その間にフィレンツェに行かねばならない。行って戻ってくると、ちょうどその日がオープンの日で、無料。モランディのすべてを見て、現代美術を見て、それから、満たされた気分で、マクドナルドに入った。「コーヒー」というと、アフリカ系のおばさんは、あんたバカか、というような顔をして、「コーヒーなら、となりのスタンドで買っとくれ」と言った。少なくとも、ボローニャのマクドナルドにコーヒーはない。

 

肌色、うす黄色、うす紫。モランディで大切なのは、構図ではなく、色。川のように、いつも流れている。

 


IMG_3866.JPG



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

90歳の運び屋 [文学]

【詩】「夜よ物語を終えよ」

野球帽の

ひさしの角度で……←実はこの詩は、クリント・イーストウッドの90歳の運び屋のチラシを見ながら書いた。かっこえー、と思ったんで(爆)。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -