So-net無料ブログ作成

『現代詩手帖 2018年 04 月号 』──鮎川信夫が泣いている。 [Book]

『現代詩手帖 2018年 04 月号 (思潮社、3月28日刊)

 

鮎川信夫と言えば、エラリー・クイーンの『Yの悲劇』の訳者であり、こなれた文人である。その人の名前を(勝手に?)冠した賞が発表になっていて、そのあまりのヤラせかげんに、きっと鮎川信夫氏も天国で泣いていらっさると思われる。

授賞者がどのレベルかは知らないが、思潮社の、この賞の「作り方」としては、有名人などを候補者に配して、賞の権威をわざと高めているらしいのがミエミエの「候補者」である。

 

1,和田忠彦氏(有名なイタリア文学者)『遠まわりして聴く』。これは、対談集であって、賞の対象を唱っている、「詩論集」でも「詩集」でもない。ただ、「対談相手」に詩人の清水哲男氏がいる。(ご著者ご本人より、コメントいただき、読まずに書いてしまったことを大変恥ずかしく思っています。Facebookの知識だけで、対談集と勘違いしておりました。興味はあったのですが、購入までいたらず、まことに申し訳ございませんでした。一種の詩論集ということでした。それなら十分、鮎川賞の対象にはなるものですね。受賞作には目を通しておりますので、なんというか、一般読者としては、こういう高名な方々を、「わざと」並べているようにも見えたものですから。それと、四方田氏の感想等は、たしか、林達夫と比べているものだったと思いますが、私もかつては林達夫のファンだったのですが、たとえば、「思想の運命」などを今読み返してみると、大して重要な思想家でもないように思いました。当ブログ、どこともリンクさせてなく、ここのみで、Amazonに書いたものを貼っております。Amazonレビューはのちほど訂正しておきます。ついでながら、Amazonにございましたら、買わせていただきます。なんとなく、関心はあったのですが……(笑)。アカデミックな世界の方は、なんか敷居が高くなってしまって……(苦笑)。取り急ぎ、本文訂正にてお許しくださいませ

 

2,佐々木幹郎氏『中原中也』。これは、評論かもしれないが、すでに定評ある、岩波新書の一冊である。

 

3〜4? ほかは忘れてしまったが、思潮社で出した、詩集などが二冊以上含まれている。

 

結果は、評論としてはどうかと思われる評論集(思潮社以外から出版)と、思潮社刊の詩集が受賞となった。毎回、あまりにミエミエな候補(有名人は「飾り」なので、落選させる(笑))である。

 

賞金は、いまどき、地方の賞でも100万円出しているのに、たった50万円で、授賞者が二人の場合は、分割(爆)。

受賞式は、7000円の会費をとって、学生会館で行われる。「現場」には行ったことはないが、ただ、行った人がネットに載せていた写真を見るかぎり、ろくに食い物もないようなショボさであった(笑)。

 

いつまでこんなことが続けられるのか? 発行部数は1000部以下と推定されるが。選考委員は、北川透と吉増剛造に固定されているが、なぜその本が受賞になったかは、「ごにょごにょごにょ……」(爆)で、毎回不明である。もしかして、あらかじめ、思潮社が今回はこれと、印でもつけてあるのか? 北川透氏など、真正面から写真はまったくなくて、いつもうつむいている。よほどなにかやましいことでもあるのか(爆)?

 



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

WADA TADAHIKO

山下晴代さま、賞についてのコメント拝見しました。
せっかく取り上げてくださっているので、基本的な謬りだけ訂正させてください。タイトルは『遠まわりして聴く』です。そしてこの本は対談集ではありません。そして著者としは、詩論集のようなものでもあると考えています。本をお読みくださいとまでは申し上げませんが、四方田犬彦さんや岡本勝人さんによる書評などご覧いただければ幸いです。
和田忠彦

by WADA TADAHIKO (2018-04-06 19:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。