So-net無料ブログ作成

【詩】「しかして、アエネーアースはローマへ向かう」 [詩]

「しかして、アエネーアースはローマへ向かう」

 

トロイ戦争のおわり

アマゾネスに助けられ、まるで

運命のように

アエネーアースと名づけられた若者は、

イタリアへと向かう

さまよう時間は七年

長くもあり短くもある、と、そこで、

作者ウェルギリウスは「あえかの蘆笛で」を

削除する、この海は、

鉛色

かつて奴隷たちが帆船を漕いだ渦まきの感触が

足裏に蘇る

アリストテレスの原稿は実はメモしか残ってない、

らしい

いずれ朽ちたパピルスさえも

アレキサンドリアの図書館から消えるとき

作家志望でもパパラッチの

マストロヤンニは、

浜に打ち上げられた腐った

巨大な魚のそばを

あるく

とうに

希望は

消えている


IMG_3843.JPG





 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。