So-net無料ブログ作成

【詩】「惑星の名前できみを呼ぼう」 [詩]


「惑星の名前できみを呼ぼう」


 


今では


雨が降っても


簑を着るひとはいない。


湿った藁の感触を


思い出すひとはいない。


宇宙最速の


光さえも出られない



かすかに


きみの寝息が聞こえる


きみの出自


きみの記憶


きみの知識


きみの教養


のなかに、


湿った藁はあって


ロシアより愛をこめて


きみは私あてに


手紙ではなく


ひとを介して伝言する


その男に、きみはこういうはずだ


伝えてくれ彼女に


「ロシアより愛をこめて」と。


その男は苦笑いもせず


小さくうなずく


帰ったら


そう妻に伝えるよ


湿った藁を共有する私たち


愛なんて湿った……


湿った?


私は人混みを歩きながら


きみの寝息を思い出している


光さえも出られない?


けれどぼくたちの


愛は出られる


激しく泣く代わりに


 


惑星の名前できみを呼ぼう







s190816.jpg





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。