So-net無料ブログ作成

【詩】「はげ鷹」 [詩]

「はげ鷹」

 

吉田健一はたったひとつの地名でも

詩になると言った

私にとって遠州というのが詩である

それはその名のとおり遠く

州であるその谷の砂地には

いつでもはげ鷹の死骸があって

陽に照りつけられて匂う

それは私にとって父性であり

父性とは最初に子に知を与えるものである

ゆえに父は私に人生最初の歌を教えた

まさに朝日に向かって歌いながら

「朝はどこから来るかしら?

 光の国から来るかしら?

 それは明るい家庭から

 朝は来る来る朝は来る」

ひとり川底を歩くとき

やがては父になるその少年と

その少年を送る私が重なる時

時間は金色に輝き

はげ鷹の死を祝福する




nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。