So-net無料ブログ作成

【ニュース】『NHK特ダネ? 昭和天皇「拝謁記」』考 [ニュース]

『NHK特ダネ? 昭和天皇「拝謁記」』考

 

 盆休み、実家でふだんは見ないテレビを見ていると、NHK「新資料発見!昭和天皇の秘められた事実!」などと銘打ち、何度も自慢げに「宣伝」している。小分けに放送しているようだが、なんでも初代宮内庁長官、田島道治氏の家族が秘していた記録、田島氏と昭和天皇との「対話」を、田島氏が記録したものが発見され、それは、『宮内庁実録』には記されていないものが九割だという。

 その中で、昭和天皇は、太平洋戦争の発端となる、張作霖事件への「反省」、軍部の暴走を止められなかった「反省」、国土と人民の命を縮小してしまったことの「反省」などを述べ、昭和26年の時点で、この「反省」を全国民に伝えたいと思っていたことが明らかになったという。

 ここには、軍部が政府を呑んでいく事実(これを「下克上」と表現しているところが、それだけで、昭和天皇の内面もわかろうものだが(笑))が、現実の事実と重なってはいるものの、それほど大騒ぎするものかとも思われる。第一、東京書籍発行の『宮内庁実録』(高橋源一郎は「ヒロヒト」という小説(『新潮』に連載されたが、「その後」、どうなったか、わからない(笑))の資料に使ったものの、Amazonでは全然売れてない(笑))というものは、ものものしい響きながら、公の日録で、昭和天皇の「心」のなかにまでは踏み込んでいない。それに記されていない「事実」が九割として、「後悔」や「反省」を、昭和天皇の「人間像」として持ち出すのもどうであろうか。

 また昭和26年に、国民への言葉のなかで、この戦争への「反省」の部分を、当時の首相吉田茂に、「いまさら戦争のことを言ってもしょうがないから、削除した方がいい」と言われて、また、田島氏も削除に賛成したとして、結局削除したとか。この「資料」はこれから学者などによって分析させるのだろうが、そのなかには、『昭和天皇』著者の、吉田裕氏も含まれているのだが。さあ、どうですかね。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/special/emperor-showa/articles/about-diary-01.html




nice!(3)  コメント(0) 

【詩】「惑星の名前できみを呼ぼう」 [詩]


「惑星の名前できみを呼ぼう」


 


今では


雨が降っても


簑を着るひとはいない。


湿った藁の感触を


思い出すひとはいない。


宇宙最速の


光さえも出られない



かすかに


きみの寝息が聞こえる


きみの出自


きみの記憶


きみの知識


きみの教養


のなかに、


湿った藁はあって


ロシアより愛をこめて


きみは私あてに


手紙ではなく


ひとを介して伝言する


その男に、きみはこういうはずだ


伝えてくれ彼女に


「ロシアより愛をこめて」と。


その男は苦笑いもせず


小さくうなずく


帰ったら


そう妻に伝えるよ


湿った藁を共有する私たち


愛なんて湿った……


湿った?


私は人混みを歩きながら


きみの寝息を思い出している


光さえも出られない?


けれどぼくたちの


愛は出られる


激しく泣く代わりに


 


惑星の名前できみを呼ぼう







s190816.jpg





nice!(2)  コメント(0)