So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

セクハラ予防、私の場合 [社会]

私、大学在学中から地方紙記者として働いてました。華道の安達瞳子さんを取材しました。その後、瞳子さんに気に入られて、また取材してくださいと言われたと、会社の営業のオッサンが言ってきて、日曜日だというのに、車に乗せてってやる~って、住まいの近くまで迎えに来たんですが、そのオッサン、先輩記者が、「強姦したというウワサがある」と言ってたので、「日曜は仕事しません!」と断りました。それで、安達さんとのご縁を失いましたが、まー、セキュリティも万全だったと……@何十年も前の経験談(爆)



 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「セクハラされる女性も悪いという意見に怒る」意見に対して [社会]

「『セクハラされる女性も悪いという意見に怒る』意見に対して」


 


「女性の方も悪い」という高齢女性がいっぱいいて……というブログでのご意見のコメントして↓


 


いや〜、私なんかも、その高齢女性のひとりになってしまうかもしれません(爆)。というのは、今の日本は、東南アジアなどの貧しい国で、売春を余儀なくされる、あるいは、少女たちが十分守られていない、あるいは、太平洋戦争時の「慰安婦」のような弱い立場にあるわけではなく、今問題化しているぶんだけでいうと、ジャーナリストです(レイプも含めて)。十分身を守れるほどでないとジャーナリストは務まらないと思います。そして、もし、財務事務次官がイヤらしいことを言い出したら、「それセクハラですよ!」というべきだったのでは?と思います。それで会社をクビになったら、そのときこそ、「戦う時」ではないでしょうか? その時に、『週刊新潮』などに行けばいいのでは?





 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本でのセクハラ対策 [社会]

日本でのセクハラ対策。
スケベ丸出しのオッサンとのふたりきりの仕事は、会社に「護衛」を要求すべし(爆)!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セクハラ [社会]

 欧米では、容姿をほめただけでセクハラになるという時代に、セクハラに対する認識度が低すぎる。女性も、「きれい」とか言われたがっているようでは……。
 スケベ顔のオッサンと食事などという仕事がありますかね?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東日本大震災から6年目 [社会]

東日本大震災から6年目の現在、被災3県(岩手、宮城、福島)のうち全都道府県に避難されている方々が12万3000人、仮設住宅にいらっしゃる方々が3万4000人いらっしゃいます。これらの方々が、1日も早く、ご自分の家で暮らせるようになることをお祈りします。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野生の動物を狩る悪趣味 [社会]

ジンバブエの象徴であった、マスコット・ライオン「セシル」が殺され、アメリカのハンターの歯科医が捕まった。セシルは、頭を取られ、皮を剥がされた状態で放り出されていたとか。立証されれば、懲役15年くらいになるらしいが、その歯科医のサイトは炎上。何十万の動物を愛する人々の抗議を受けている。その歯科医、狩猟がシュミで、ほかのライオンや豹、サイなどの死体の前で笑っている写真が公開されているが、ほんまにむかつくわあ〜。「丸腰」の野生動物を撃って、満足感を得るなど、吐き気がする!


 


http://liberationdephilo.blogs.liberation.fr/2015/07/28/lete-meurtier/?utm_campaign=Echobox&utm_medium=Social&utm_source=Facebook

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「新国立白紙」→すでに立ち退きさせられた人々はどうなる? [社会]

「新国立」白紙は、安倍首相の、安保法案強行採決で堕ちたダメージの回復を狙ったのでは? という声が各所からあがっているが、「新国立」の用地は、すでに移転させられた人々、壊された建物も厖大で、すでにかなりの金が使われている。その費用をさっ引いてから予算をたてないとね。問題は、デザインではなく、「金の流れと責任関係の明確化」でしょう。白紙にすればそれもうやむや……。


 


http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150718-OYT1T50105.html?from=ytop_main2

 


レイシズム(差別主義者) [社会]

「ジューヌ・アフリック(若いアフリカ)」というメディアより(原文フランス語)

 

 

イスラエルの、ネタニヤフのリクード党の属し、内務大臣である人物の妻で、大手メディアの家族出身でメディアにもしばしば登場して、単刀直入の発言をしている女性が、ツィッターで(七万フォロワー)、オバマに関する人種差別主義の「冗談」を発信したのち、すぐに批難の嵐となった。すぐに削除されたが時すでに遅し──。

 

「オバマコーヒーってどんなのだと思う? ブラックで薄い(バカ)なコーヒーってことよ」(ツイートは英語)

 

彼女の夫はすぐに、オバマ大統領にあてて、謝罪した。

その数日後に、チャールストンでの、人種差別主義者の若者による襲撃があった。

 

コメントの中には、「黒人に対するものは『冗談』と言われるが、これがユダヤ人に対するものなら『ユダヤ人差別』というに違いない」というものもあった。

 

http://www.jeuneafrique.com/238441/societe/la-blague-raciste-sur-obama-de-lepouse-de-ministre-israelien-de-linterieur-fait-un-tolle/

 

*****

 

「私見」

 

この記事を取り上げたのが、アフリカ系のメディアであることに注目。アメリカでの黒人は、大統領が黒人(とはいえ、母親は白人のハーフ)になっても、まだ存在しつづけている。とくに、白人警官が黒人の若者を射殺しても、無罪にされるケースなど。「レイシズム(人種差別主義)」は、深く育っていて、その「発露」が、チャールストンでの襲撃となった。

 

逮捕された若者の表情をみると、これ以上はないというほど「憎しみと不機嫌」(反省などという慎ましやかなものは、どこにも存在し得てない)を表している。このような表情はいかに作られたのか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「なにを今頃?」の記事 [社会]

「朝日」が4月16日付けで、以下のような記事を「得意げ」(?)に載せているが、まったく「何を今頃」?である。こうした「事実」は、すでに、2月の時点では、多くの識者が、「もっと詳細に」つかんでおり、『現代思想』(「シャルリー・エブド、イスラム国事件」特集)でも、そうした事実をもとに、安倍政権を糾弾している文章、対談が載っている。それを、私は指摘して当ブログに載せた。


 


このニュースの「新事実」部分は、「後藤さんの妻に取材を申し込んだが、受けてもらえない」という箇所か? それなら、あたりまえだろう。後藤さんの奥さんだって、「なにを今更」であろう(笑)。


 


さらに言えば、朝日の記者たちは、外務省などの警告を払いのけて、危険地域のシリアへ、「事件後」も勝手に入っている。同じような事件になった可能性もなきにしもあらず。まったく、やることが、朝日は朝日でも、朝日芸能並みになってきた(笑)。


 


さらに言えば、佐藤優が『超したたか勉強術』で指摘しているが、イスラム国が日本政府に要求した身代金、二億ドルは、古い百ドル紙幣で用意すると、「百貨店の紙幣約四百個分、重さ二トン」になるそうである。「金塊なら五トン」。この要求じたいが、初めから、身代金目的とは思えないことを示している。


 


http://www.asahi.com/articles/ASH4H5GBPH4HUTFK00B.html?iref=comtop_pickup_01



リアルタイム福島レポート [社会]

友だちが福島入りしていた(2014年6月1日。「手しお屋」というNPOの「ツアー」に参加したらしい)。以下、括弧内は、彼女のメール。

 

「昨日は仮設住宅を訪問し、今日は原発近くの被災地を視察。復興はまだまだだね」

「2時間しか滞在してはいけないところに、線量計を持っていった」

「飯坂温泉の宿では、0.15マイクロシーベルトだったが、富岡駅付近では、最大1.31(マイクロシーベルト)だった」

 

 

*****

 

ご参考までに。

 

1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv

 

数値は、たぶん、1時間いたら、被爆する線量だと思うので、この数値は、問題ないように思える。だから、「観光客」がいる。健康への影響は、何百ミリの単位になってはじめて、考慮する値になる。

 

****

 

今日来た続編。

 

「仮設住宅の人や宿に来て話をしてくれた被災者の人に、美味しんぼの鼻血の件について聞いたら、「怒りを感じる」って言ってた」

 

写真は、彼女が撮影した、富岡駅。

 

tomioka.jpg

 

 

 

 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域