So-net無料ブログ作成
Amazonレビュー ブログトップ

【Amazonレビュー】『プログラミング入門講座——基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業 』(米田 昌悟 (著)、SBクリエイティブ刊)──プログラミングを「学ぶ方法」の「紹介だけ」(★) [Amazonレビュー]

『プログラミング入門講座——基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業』(米田 昌悟 (著)、 2016年9月28日 SBクリエイティブ刊)

 

「この本を読んだだけでは、プログラミングは学べません。実際にアプリケーションなりを動かすことによって学ぶことができます」みたいな「忠告」が、表紙近くにあるが、学び方(アプリやスクール?)の紹介しかなく、そこまでさえも、たどり着くのに、何十ページも、「プログラミングを学ぶ意義」を延々と述べている。まったく知らない人には、この一冊でなんとかなると誤解させる。そもそもプログラミングとは、いかに機械語をマスターし、実際にコンピュータ内で機能させるかを学ぶことで、いわば、「各論」しかないことを知っておかねばならない。

本で勉強するなら、「JAVA入門」みたいな、ブルーバックスをオススメします。


 


nice!(3)  コメント(0) 

【Amazonレビュー再掲】『アベノミクス批判——四本の矢を折る』 ──極右政治家(海外メディアはそう書いている)安倍晋三分析(★★★★★) [Amazonレビュー]

『批判——四本の矢を折る』(伊東 光晴 著、2014年12月14日、岩波書店刊)

 

 伊東光晴は、『ケインズ』(岩波新書)の翻訳もあり、長きにわたる雑誌『世界』の論客であるが、それより、「岩波文化を代表する」などと形容されることもあるようだ。「岩波文化の凋落」などと、本書を批判しているレビュアーもあるが、だいたい、「岩波文化」などということ自体、歳がわかる(笑)。かつてそのようなものがあったとしても、そのようなものは、とっくに凋落していて、なにも本書には関わりがない。

 まっとうな(資料を駆使して、科学的に分析するスタイルの)経済学者ではあるが、本書は、経済学ばかりの本ではない。「アベノミクス」という、知識のない庶民、あるいは、あってもテキトーな政治家向けの、便利な言葉のうさんくささを、とくに、「アベノミクスの三本の矢」(金融政策、国土強靱化政策、成長政策)という経済政策がいかに「不可能か」を実証的に分析しかつ、「隠された四本目の矢」をあぶり出すものである。四本目の矢というのは、ズバリ、憲法改正である。

 氏に言わせると、自民党内の右派、中曽根、小泉、安倍。リベラルは、田中角栄、池田勇人、大平正芳である。そして、小泉は、戦術上「靖国参拝を利用した」。しかし、安倍は、「心から靖国に祀られているA級戦犯を尊敬している」。そういう右翼の年寄りは、どんどん死んでいくが、だが、大丈夫、ネット界、出版界には、新しい右翼が育っている(合掌)。

 いま、2014年12月14日の、衆議院選挙の投票が、終わったところであるが、いったい、どーなるんでしょーかね〜? これからの日本は。なお、日本の株式市場は、特異なもので、海外投資家の戦場であるようだ。それによって株価が上がったり下がったりする。べつに政権の政策とは、ずっと以前から、関係ないそうである。





nice!(3)  コメント(0) 

『現代詩手帖 2019年6月号』──読むところがない(笑)(★) [Amazonレビュー]

  毎年年末は、アンケートと「住所禄」の号であったが、それを、年度の半ばでやってしまっているとは、よほどネタがないのだろう。ネタなど、ふだん問題意識を持っていれば、いくらでも浮かぶものだが、この編集部は、いかにして、推定300人程度の「読者」(含む執筆者)を管理するか、金を引き出すか、権威を形成するかに腐心しているから、まったく「詩」については、アンケート以外のコンテンツが思い浮かばず、しかも、その「問い」が、「現代詩手帖とのはじめての出会いは?」とか、「現代詩手帖」に関するものばかりで、何十周年特別号だからあたりまえといえばあたりまえだが、それにしても、もう少し芸がありそうなものだが。このアンケートは、いつもより、「たくさん」書けるようになっていて、答える人々は、うっとりと、自伝のようなものを書き連ねている。これらの人々の名前を見ていて思いつくのは、萩原朔太郎賞、鮎川信夫授賞者たちで、これらは、後者は、この雑誌の版元である思潮社主催の賞で、前者も、おそらく、下読みに関係しているのだろう。しかも、巻頭に、朔太郎のお孫さんの、朔美氏が、「ごあいさつのことば」などを述べている。氏が管理する(?)文学館と提携して、ますます、日本の詩壇を牛耳っていこうという魂胆なのだろうか? しかし、萩原朔美氏、なにか作品あったかしら? ご母堂さまの、萩原葉子さんの「刺草の家」はおもしろく読ませていただいたけれど。たしか、東京キッドブラザースか、天井桟敷か、前衛劇に関係されてたと記憶していますが、文学作品は、どうなんでしょう? だいたい、彼らが祭り上げようとしている、萩原朔太郎自体が、それほど評価されるべき詩人かどうか。しかし、まあ、この雑誌の編集者とこの雑誌の版元の経営者は、そうしたいのだろう。しかし、日本の人口1億2000万人?で、たった300人程度の「詩人」相手は、いかにも、厳しい(笑)。断末魔の姿と見た(合掌)。誰が、こんなザッシに、1400円も払うかね?(爆)




nice!(2)  コメント(0) 

田村隆一自撰詩集『腐敗性物質 (講談社文芸文庫) 』──エリオットから何も学んでいない不良ジーサン(笑)(★) [Amazonレビュー]

『田村隆一自撰詩集『腐敗性物質 (講談社文芸文庫) 』文庫 ( 田村 隆一 (著), 平出 隆 (著)腐敗性物質 (講談社文芸文庫)、1997/年4月10日刊)

 

 日本の詩の歴史のようなものの、一項目に、「荒地派」などという一派があって、萩原朔太郎などでは満足できない「詩人たち」の一派で、T・S・エリオットを「原書」で、その言葉の並び方に、眼からウロコの人々であるらしいが、田村隆一もその一人と目されているが、だいたいが、当時の日本人があまり原書になじみのない状況にあったので、パクり放題の感があり、ほかの詩人の「われアルカディアにもあり」なども、W.H.Audenの、「Et in Arcadia Ego」のパクりと思われ、田村の「新年の手紙」も、Audenの「A New Year Greeting」のパクりで、しかも、行の多くが、Audenに負っているというか、肝腎のいいところは、Audenの詩句なのである。本書は「自撰詩集」ということで、さすがに、ヤバい詩篇は入っていない(笑)。当時、Audenの原書など、ほとんどの人が見たことなどなかったに違いない。というのも、今でもあまり出回っていない。

 本書に並ぶ詩も、どれも、「一見なにかありげ」で、当時の若者はシビれたかもしれないが、今、じっくり吟味するなら、「絵空事」の世界を「描写=説明」しているにすぎない。たとえば、表題作の「腐敗性物質」

 

 魂は形式

 魂が形式ならば

 蒼ざめてふるえているものはなにか

 地にかがみ耳をおおい

 眼をとじてふるえているものはなにか

 われら「時」のなかにいて

 時間から遁れられない物質

 われら変質者のごとく

 都市のあらゆる窓から侵入して

 しかも窓の外にたたずむもの

 われら独裁者のごとく

 

なにを言おうとしているのかわからないが(笑)、なにか「ものものしい世界を言葉で節米」しているようだ。

しかし、比喩として、「変質者」だの「独裁者」だの使っていても、その実質についてのリアルな考察を欠いている。「死ぬ」とか「殺す」とか、ものものしい言葉、「われら」などと共有意識を誘うような物言いも特徴的であるが、要するに、エリオットの仕事の全貌などほとんど勉強しないまま、雰囲気だけで、島崎藤村を、無意識に(笑)継承してしまっている日本人の、ちょっとかっこつけていた、当時都会のインテリにざらにいた、そういうオジサンの「詩」である。





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

伊藤浩子詩集『たましずめ/夕波』──平成最後の華麗なるテクスト群(★★★★★) [Amazonレビュー]

『たましずめ/夕波』(伊藤浩子著、 2019年3月27日、思潮社刊)

 そういや、自分は「詩集研究家」でもあった(笑)。本書も、生協経由e-hon(5%オフ)で購入しました。著者は、常に、文学的に、同年、同類の、居並ぶ詩人を一歩リード、しかも、ラカンだのフロイトだのを「振り回して」、何でも読み取っていこうとする、ほとんど絶望的な試みを果敢にされていて、他の追随を許さないので、5%offでも、3000円以上するこの本を買いました。(定価は、3200円+税)詩集は、身銭を切ってこそ価値のあるものと信じます。

 本書は、縦長変形の、みるからに、「たかそー」な本である。柳田国男『遠野物語』をテクストに、精神分析と著者自身の感性を縦横に往還させる新たなるテクスト。欄外の上下、行間にはみ出す註。これに拮抗できるのは、おフランスのデリダのみ。平成最後の傑作と見た。まー、買って読んでみてください(笑)。

 しかし、令和になったら、このようなテクストは、ブラックホールに吸い込まれてしまうかも(笑)。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

『現代詩手帖 2019年 04 月号』──日本に詩は存在しない (★) [Amazonレビュー]

『現代詩手帖 2019年 04 月号 』( 2019年3月28日、思潮社刊) 

 

 いま、とくに文学シュミのない一般人のあいだでも、テレビの「プレバト」で、俳句を「ならってみる」のはブームである。俳句は文字数もすくなく、「場の文学」であったので、独立して作品を見た場合、どの程度の文学レベルなのかはよくわからない。誰でも、「ひねれる」。それが、ついに、詩にも及んでしまった。本誌は、その証左である。どこの誰ともしらない、本誌の編集者が権威と信じる御仁が、えらそうに、詩を指南している(笑)。こんなものを、1000円以上も出して買う、一般読者がいるとも思えない。

 もともと、日本における現代詩とは、フランス近代詩の輸入から始まった。それも、誤った解釈の輸入であった。T.S.エリオットによれば、フランス近代詩がどんなものかよくわかる。それは「象徴派」という言葉で一括りできる集団であって、決して個人個人の詩人の芸術ではない。近代詩の正統は、イギリスの詩にある。それをまったく学んでいない日本の近代詩人、現代詩人の「作品」は、恣意的な短文のつらなりにすぎない。その短文の作者を権威づけて、自由にあやつり、この雑誌は成り立っている。すでに地方の大型書店にさえ見あたらず、発行部数は、500部程度とみた。


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Amazonレビュー ブログトップ